股間百景

2011年12月13日 (火)

股間百景~晴れの日のトラック。ご機嫌さ

1839
1840今回の股間百景は趣向を変えて、先日のフリマで大活躍のトヨタ・スタウトから…。「全然、百景ちゃうやん!」なんて、言う無し(←これ使ってみたかった)。何と無くワーカーの躍動感が無精髭から出てなくも無い?

1841実際はフリマを終え、湖西ビーチへ寄り道途中のショットだったりするのですが、オープンカーでシーサイドを流すのもご機嫌ですが、大きくラウンドしたスタウトのフロントガラス越しのビューも悪くない。又、オートバイを積んでトラックを走らせているときが至福の時だったりします。

今回、このフリマに行くまでセルが重く(バッテリーはピンピンだぜぇ~♪)絶不調。多分「よい燃料」っていう点がダメっぽい。結局、ブースターを繋ぎ、強行出動してみた。

そんな感じで、よく頑張ったスタウトにはご褒美として工場IN。今日、持って行ってきました。思わぬアルファ・スパイダーの好調によって、稼動機会の減ったスタウトですが、今回の様なイベントには無くては生らない存在!やはり、マシンへの愛情を均等に注がなくては、コレクター(?)失格なのかもしれません。

という訳で、毎回 コレが普通のハイラックスだったらなぁ~とか、ハイエースだったらゆっくり寝れるのに…とか、シャバい事を思ってしまうのですが、最後にドアをロックする際にスタウトでよかった~って、思う事も多い。いつかお別れする時がくるだろう。その時どんな顔したらいい?「働くクルマの最期ってこうじゃんね」って三河弁(トヨタ車なので…)で笑い飛ばしてくれるのかい?

| | コメント (0)

2011年12月 8日 (木)

股間百景~季節感を無視して

1821
1822最近は、めっきり冬ですが晴れた時の青空は、一年を通じて冬場が一番いい!そんな感じで今回の「股間百景」は季節感を無視した南国風…。

これは先日、立ち寄ったセレブ臭がプンプンする逗子マリーナでのショット。上手く百景シリーズは撮れませんでしたが、ココをオープンカーで流すのはご機嫌すぎる。からの~住みたすぎる。

1823ちなみにこの「股間百景」シリーズは、ありきたりなセルフショット(左画像参照)に飽き、始めてみた訳ですが、基本的に“走りながら”が勝手なルールなので難しい…。

最近は、デジカメ普及によって、撮影失敗→再撮影が気軽に出来ますが、やっぱり味気ないモンです。旅が終り、写真の現像が上がってくる時のワクワク感が忘れられません。

という訳で、シャッターチャンスなんて何度もいりません。スーパーマリオって、3機だから面白いのだと思います。それにしても逗子マリーナは、いつでも夏夏夏夏ココナッツですわ!

| | コメント (0)

2011年12月 4日 (日)

東京シリーズ一日目

R0011147
R0011148今日は横浜でホッドロッドショーが開催されました。そして、パシフィコ横浜への道中、「アイツらショー行くな~」って感じのアメ車を多数見てきた訳ですが、駐車場はどこも満車…。結局、近所まできたけどキャンセル!!

R0011073_2いつもなら、苔の蒸すまで、並んだりしますが、今日は、静岡~横浜区間にずっと富士山が見えていた程のオープンカー日和。駐車場の列を早い段階で抜け出し、日中はずっと走り回っていた感じ・・・。

「せっかく、遠くから横浜まで来たのに…はぁ~?」っていうのが、正論であり普通の回答。このイベントが野外なら考える理由無くショーを見に行きましたが、こんなに晴れてるのにマシンを走らせない理由が見つからない。又、有名アーティストのコンサートもいいが、自分でライブをやった方が楽しいに決まってる!?

という訳で、東京シリーズでは定例化しているブラックマン宅にステイ。夜の高円寺をうろついてきました。やっぱりエネルギッシュな街です。他人の事は言えませんが、何してるか判らん人多すぎ(笑)。

| | コメント (0)

2011年11月27日 (日)

股間百景~季節を感じて

1789
17901791今日は早朝よりラグーナ蒲郡へ部品交換会に行ってきました。冬場のラグーナ…例によって寒い!そして、出展数も少ない。しかしながら、来場する事に意義がある。とりあえず、サーベルを失ったピースフルなプレイモービルの幽霊船々長(一応キャプテン?)をGet!

早朝に海を見ながらブラックコーヒー。なんとも贅沢なひと時…。そして、山の方を見渡すと紅葉?忘れてた~♪国道473号を上手く使えば、蒲郡~額田方面へは比較的スムーズにアクセス可能。

当地の紅葉の名所と言えば、何と言っても「香嵐渓」ですが、わざわざメジャースポットに行かなくても、山はどこも紅葉しまくりッ!紅葉の中をオープンカーで転がすなんて、ご機嫌そのものだ。AT車なら、渋滞にハマリながらダラダラ紅葉を見たりしても良さげですが、マニュアル車ならカッツリ疾走りたい。

とは言え、ギヤも入り難いし、ボディもプアー。それ故、一生懸命にならないと、上手く山は走れません。やがて、如何でもよくなる景色。山に響くアルファサウンド!景色はオマケです。綺麗な方がエエに決まってるけど、基本的にはどうでもいい。

1792そんな感じで、まわり道(土砂崩れ?)を抜け、辿りついたのはベタに「つくで手作り村」。オートバイで一杯かぁ・・・と思いきや、いつもと違う感じ。テントやステージが設営され、人も多い!祭り?でもなぜかシーンとしてる。そして、みんなの手には白い器…。どうやら、猪鍋が無料で振舞われている模様。

という訳で、ボクもよばれてきました(画像クローズアップ参照。目線と無精髭で路上生活者風!)。何かめっちゃ得した気分。紅葉の山を疾走り、猪鍋!柄にも無く、季節を満喫した感じ。ちなみに上画像は偶然、見つけた紅葉スポットでの一枚。題して「股間百景」。オープンカーならではのショットだと思います。

| | コメント (0)