中華ジープ

2013年3月 9日 (土)

中華エンジン?

3293_2
32943295画像は米・Harrington Groupが手掛けるキッズゴーカートと言うよりは、ハーフスケールカーとも言える本格派レプリカ!この種のヤリ過ぎた子供用カートは以前にも紹介(昨年分参照)しましたが、動画を見る限り、なかなかの運動性能…!

メカ二ズム的には、フロントにエンジンを配し、チェーンを介してリアを駆動させる「中華ジープ」と同じ仕組み!しかも、エンジンがカブ系ユニット…。勘のいい人は気付いたと思いますが久々に「中華ジープ」のカテゴリータグが付いてます。

3296とは言え、チェーンを3本介してリアまで動力を伝える仕組みになっており、悪名高い中華ジープの“たるたるロングチェーン”とは比べ物にならないメカニカルな造り!又、足廻りも四輪独立懸架で素晴らしい。

という訳で、いずれのモデルも人さえ乗らなければリアル,人が乗るとコミカル!ふざけている部分とそうでない部分が絶妙なバランスでカッコいい。

| | コメント (0)

2012年8月22日 (水)

中華ジープ・トリビュート

2597
25992598上手く使いきれずお役ご免となった中華ジープですが、本国中国で思う存分使い切っている個体を発見!

右画像がそれですが、勝手にキャビン部分を増設し、ウインドウ,ドア,幌,ワイパー等を取付て、普通のクルマっぽさを演出したカスタム中華ジープ。普通のクルマが買えなくてこうなったのか、ネタでこうなっているのか判りませんが、こうしたくなる気持ちは判らないでもない。

この雰囲気だと内装にも大幅なモディファイが加えられていそうですが、おそらくシリーズ最大排気量の150㏄ユニットが搭載されているに違いない…。

クルマとしての使い勝手を煮詰めていくと、このスタイルに辿りつきそうですが、“必死さ”や“貧乏臭さ”が全面に押し出されているのが残念。しかしながら、“クルマ”として結構 普通に使えていそうな気もします。

2600という訳で、中華ジープの最新版が左画像のマシン。ロールゲージにWシートを装備し、速攻で減るという悪名高きタイヤが廃止され、バギー用の低圧タイヤが装着されている様です。これによって舗装路では、タイヤノイズが増幅し、パワーロスが予想されますが、乗り心地は大幅に改善されていそう。又、未舗装路や砂場での走破性も格段に向上しているはず!

| | コメント (0)

2012年3月22日 (木)

忘れてないけど・・・

2141
2142最近は“オートバイ乗ってまっせ”な記事がありませんが、無いは乗ってるの証!基本的に手ぶらで出掛けるのが好きです。とは言え、全然乗っていないマシンもある…。

2143カテゴリーが存在し、当ブログ・アクセス数の稼ぎ頭『中華ジープ』がその代表格。入手当初は少し無理目な未舗装道路を“マイウェイ・パトロール”と称し、よく走ったもんですが、気分転換用(アルファスパイダーに移行)→ゴミ廃棄,什器搬送用…といった具合に用途が変わっていき、現在はガレージの什器といった感じ。

それでも、ババを引いたのか、アタリを引いたのかは判りませんが、快調に走りすぎて、振動でメーターステーが折れる始末…。当初から、懸念された中華クオリティに悩ませれた部分もいっぱいありましたが、機関は至って良好。

キャブは少しだけイジりましたが、カスタムではなく対策,改善といったレベル。前述の中華クオリティを考えれば、ボアアップ,エンジンスワップは不要。60km/hで田舎道を一杯×2で走るならストック(50㏄←それ以上は脱税?)で充分愉しい!

という訳で、中華ジープ投入以降、スペース的な問題もアリ、マシン増車はストップ。一般人的には、いい傾向ではありますが物足りないと感じるのが全ウォッチャー様の意見!?ボクはボクで好きな様にやるさ~♪マイウェイ・パトロールですから…。

| | コメント (0)

2011年3月14日 (月)

川を見ながら…

1001今週末にギタリスト・シェリーふじお(右特設バナーorYou Tube参照)のウェディングイベントが開催されるのですが、キャプテン的には、“お祝いソング”を歌うのが定番!

一応、結婚式ソングとしては『青春の真ん中』っていう親御さんの涙を誘いつつも、来場者みんなが歌えるキラーソングがあるのですが、折角 メンバーが一生に一度(にして下さい…)の節目を迎えようとしているのだから、新曲をおろすのが筋っちゅうモンです。

しかしながら、気分は東日本大震災もあり、めっちゃローテンション!曲は既に出来上がっていますが、エエ詞が書けません…。

1002という訳で、今日は気分を替えて、ガレージで使用しているテーブル(折りたたむとジャストフィット)やギターを中華ジープに積んで、川原でのんびり曲作り!そして、ここ最近 中華ジープを30~40km/hでダラダラ走らせる楽しみを覚えた。当初はモア・パワーを目指し、改造(E/Gスワップ:公然とブログ等で“125cc積みました”な輩も多いと思いますが、シャバい事を言うと脱税です!ブーッ)も考えましたが、アルファスパイダー投入に伴い、コレでスピードを求める必要が無くなった。道端に咲く花をもぎ取れる速度が心地いい。

そんな感じで、エエ詞が書けたかどうかは、当日のお楽しみ!どちらかと言うと復興応援ソング的かも知れませんが、立ち上がり前に進んで行くという点では、ふじお夫妻も東日本も同じ?ちなみにクローズアップは、散歩中のおばあちゃんのリクエストに応え『川の流れのように』熱唱中…。

| | コメント (0)

2011年1月21日 (金)

以二人能乘坐

0847先日、雪道(氷上?)ランでの高い走破性に再評価の中華製ミニジープですが、昨年 発表された新型が画像のマシン!

フラッグシップユニットとして、新たに150ccがラインナップされ、初期型での問題点を改良!見た目の大きな違いは、ちょっと大きめのベンチシートやサイドバー,シートベルト(?)の追加。なぜか小型化したジェリ缶!

操作系統では、初期型で悪評のハンドル位置が延長ジョイントによって改善され、ハンドリングを犠牲にしながらも、乗り易さを優先。又、視認性に問題のあったメーターがハンドルマウントとなり、操作性に難あり(遠い)だったスイッチ関係は、バギー等のATV用スイッチが流用され、左手で操作できる様になっています。

0848さらに燃料ホース下にマウントされ、対策が必要であったバッテリー位置も、助手席の足元に変更。これは対策云々と言うより、150cc化の影響かも知れません…。こんな感じで、全体的によりクルマらしいマシンへと熟成化が図られた新型・中華ジープですが、何かファニーさに欠ける印象…。個人的には、背中を丸め、サーカスのチンパンジーみたいな従来型のポジションがお気に入りだったりします!

という訳で、新型・中華ジープには若干 興冷め!?そして、(個人的に)今、一番アツい偽・カブ系ユニット搭載の中華マシンは、画像左の『中華ミニトラクター』。牽引能力200kgの本格派トラクターらしく、公表される最高速度が“4.5km/h”。詳細は判りませんが、きっとスーパーローギア仕様?煙突タイプのマフラーやシフターが最高にアホ臭さくて、イカしてます。

| | コメント (0)

2011年1月16日 (日)

雪道ラン~中華ジープ編

0830
08310832スタウトでの雪道ランに味を占めて、中華ジープに乗ってみたくなり、雪道仕様のコスチュームに着替え、原チャリ(!)で再びガレージへ…。

もはや路面は雪道というより、バッキバキの凍結状態。ただの原チャリがドラッグレーサーやダートラレーサーへとトランスフォーム!テールスライド,逆ハンにMAXターン…吹雪の中、ニンマリでした。

そして、いよいよ中華ジープ発進。全然ダメかと思っていましたが、悪名高いオリジナルの胡散臭いタイヤが路面との相性超バツ!0833普段気になるタイヤノイズ(“タイヤの伊豆”って相変わらず一発変換。渋い!)も無く、通常よりも走りやすい。

又、無理やりハンドルを切ったり、シフトダウン&アクセル全開にしない限り、路面追従性は良好…。路面状態とタイヤの適当具合,50ccローパワーが絶妙なバランスを保っているようだ。浅い芝生やフラットダートと同様、今日の様な積雪5~10cm&凍結路ならマシンのコントロールがマリオカートみたいに自由自在!程よく雪が積もった駐車場をドリドリ走り回ること1時間。気付けば深夜…。

という訳で、最近はATC110やアルファスパイダー投入に伴い、中華ジープで純粋に遊ぶ機会が減り(ゴミ輸送&コンビニ買出し専用)、手放そうかとも思っていましたが、やっぱりオモロイ!また雪降らないかなぁ~。

| | コメント (0)

2010年12月21日 (火)

忘れてないぜ中華ジープ!

0750
0751画像は、中華ジープをスタウトに積んでどっかに行って来た…という物ではなく、年賀状用の写真ピック中に見つけた未公開画像で、「買ってきたぜぇイ!」な画像で個人的には懐かしい…。中華ジープ投入が1月だったので、ほぼ1年前!こんなアホな事ばっかりしてたら1年あっちゅう間です。

0752もはや、近所の移動用,(たまにガレージに訪れる)お子様遊覧用,ガレージの椅子,ガラクタ輸送用となってしまった中華ジープですが、当初はコレで川原に誰かが作ったオフ用コースなどを走ったモノです。しかしながらヘビーデューティなのは見た目だけで、四輪リジット+デフ無しでは一般道路の走行(法定速度チョイ越え)すら危なっかしい…。

又、「面白そうですね」って言う輩は多いものの、実際に購入→乗り回している変態は極稀…。カブ系エンジン故にパワーアップは容易ですが、一般的なATVとかと違い、ワンボックスに積んで如何こうってサイズ(2トン・スタウトにビルトイン?)でもないし、ツーリングを楽しむには足廻り,信頼性が乏し過ぎる…。

という訳で、ある程度の改善は施しましたが、現状はノーマル。ゴルフカートやリリーフカーを乗り回している様なゆるい感じがお気に入りです。畑の水を見に行くには打ってつけだべぇ~。

| | コメント (2)

2010年9月 5日 (日)

中華ジープ便利です。

04300431今日は、NEWマシン・アルファスパイダー用に借りた新ガレージの清掃!と言うのも、前の借主が建材の倉庫に使っていた為、汚くて臭い…。従来のコンクリート臭と合わせて、動物園の様な異臭を放っていました。

こんな汚く倉庫を使っていたのだから事業が上手くいくはずがない。商売の基本は『掃除』なのだ!って、やり場のない怒りをアルファ熱でいさめながら、灼熱のガレージ内で無心にデッキブラシをゴシゴシ…。動物園の飼育係り見習いって感じ。又、Alfred's Brain(オートバイを置いてる方のガレージの呼称)から掃除アイテムを中華ジープに満載してきたので、アドベンチャーパーク度アップ!

午前中で清掃作業を完了し、午後からはAlfred's Brainでオーバーフロー気味のアイテムを輸送。当然、スタウトを使えば楽々なのですが、中華ジープで行ったり来たりした方が面白い!画像の通り、ビクターの大型看板も中華ジープで運ぶだけでファニーな気持ちになる…。

という訳で、ただの車庫って言うのもつまらないのでアレンジ中。でも、電気が無いので日没サスペンテッド…。はかどりません!

| | コメント (0)

2010年8月23日 (月)

オープンカー欲しい!

0400今日は、久々に中華ジープを日中乗っていました。やはり、この時期に乗るのは酷…。

特に市街地では、伝わる地熱,モロに食らう排気ガス等で、めっちゃ暑い。それでも、田舎道では、暑さなんて忘れる開放感!

オープンカーと言うよりは、常に気が抜けない操作性(50km/h巡航時)からノーヘルで転がすオートバイに似たフィーリングで、走行中に飲み物を飲んだり、ハンバーガーを食べたりはちょっと無理目…。又、ヘビーデューティなルックスからラフに扱いがちですが、忘れていけないのは中華クオリティである事…。結構 繊細なマシンだったりします。

そんな感じで実用的には、めっちゃストレスを感じますが、多くの人がつぶやく「おもしろそう」の意見通り、チョロっと乗るだけなら確実にオモローッ!やはり、風を感じながら遠くへ行くのは、他のマシンの仕事…。

0401という訳で、最近はオープンカー熱・再燃!!中華ジープ購入前にオープンカーを買おうとしていたのを忘れていました。そして、午後から近場のクルマ屋さんでアルファスパイダー(キャブのsir3。左画像はsir4?)を試乗。身内の間では、アルファ乗りに対して“アナルナメオ”というヤバめの称号が与えられてしまうので抵抗はありますが、かつての高級車が中古のCB400SFくらいの値段で売られているので、気になっちゃいます。

| | コメント (0)

2010年8月11日 (水)

国連軍

0371ココ最近、取り上げていない中華ジープですが、日々の“マイウェイ”パトロールを欠かしていません…。

この時期、チープな樹脂ボディゆえに日中のパトロールは厳しいのですが、夕暮れ時や深夜の徘徊には最適です。当初はこれでオートキャンプとかも考えていましたが、ロングツーリングはかなり酷!度胸と根気、まだまだ修行が足りません。

0372そんな中華ジープも気付けば、Newカラーが登場していました。ボンネットの「UN」が誇らしい国連カラー!砂漠が似合いそうな、夏に打ってつけのカラーなのですが、ちょっぴりマニアック…。救援物資や土嚢を運んだり、平和維持に活躍してくれそうな一台です。

という訳で、個人的には中華ジープが“当たり前化”してしまっていますが、目撃者には新鮮な様で未だに熱い視線を感じます。もうそろそろ慣れて下さい。

| | コメント (2)