野球

2017年8月 4日 (金)

第99回 全国高校野球選手権大会

01
027日に開幕する「第99回 全国高校野球選手権大会」の組合せ抽選会が行われました。この段階で出場校を知る人も多いと思いますが、もうすぐ“夏の甲子園”が始まります!

そんな感じで、個人的には近畿勢(昔は地元・兵庫県代表を応援したものですが、年齢と共にエリア拡大)を応援したいと思いますが、春夏連覇を目指す大阪桐蔭に期待!2度目の春夏連覇となれば、意外にも史上初らしい。

という訳で、8月のお昼のTV,ラジオといえば、“甲子園”の中継にロック。蝉の声と実況の絶叫(“スクイズ~ぅ!”とか)が混ざりあったとき、夏を感じます。

| | コメント (0)

2017年7月13日 (木)

フレッシュオールスターゲーム

01
02「フレッシュオールスターゲーム2017」が開催されました。2軍のオールスターについては、出場選手の選考が全選手とも各球団の監督推薦だったり、オールスターの定義がやや曖昧なのですが、各球団の(政策的な)オススメ選手が見れるのが面白い。

そんな感じで、今年は静岡・草薙球場での開催。個人的には、歴史ある“地方のボロ球場”といったイメージがあったのですが、’13年にリニューアルされていた様で近代的スタジアムといった感じ!

という訳で、試合結果は、0-0の9回ドローと、ファン的には一番面白くない結果に終わってしまいましたが、こうやって地方球場で夢の球宴が開催される意義は大きい。静岡のサッカー少年獲得に成功したかはナゾですが…。


| | コメント (0)

2017年6月24日 (土)

Reggie Says...

0102_2スパークプラグ、なに使ってる?…NGK?イリジウムならDENSO?“アメリカ被れ”なのでチャンピオン?個人的にはNGK相当でしか熱価値具合が判りません。

そんな感じで、画像は’79年ACCELの広告。MLBのレジェンド、レジー・ジャクソン(2球団で永久欠番!ヤンキースの「44」とアスレチックスの「9」)が手にしているのは『Yellow Jacket Spark Plugs』!

黄色い絶縁体部分が特徴的な訳ですが、恥ずかしながらコレが付いてるマシンに出会った事はありません。何故にレジー・ジャクソンなのかナゾですが、若き日のアスレチックス時代(’67~’75年)の黄色っぽいイメージが強かったのかも知れません。とは言え、“Mr. October”の愛称と共に全盛期を迎えていた同選手を起用(ギャラ高そう…)するあたり、気合が入っています!

03という訳で、プラグキャップで隠れてしまい“Yellow Jacket ”である必要性が見当たらなかったのが敗因かと思われますが、さりげなくこんなプラグが付いてたらお洒落すぎる!?

| | コメント (0)

2017年6月17日 (土)

“Big D”のベアーキャットと馬

0102オートバイを趣味とするプロ野球選手については、過去にカワサキ党のミッキー・ロリッチ選手を紹介(過去分参照)しましたが、画像でCycle誌の表紙を飾っているのは、ドジャース永久欠番・53の“Big D”ことドン・ドライスデール!

オートバイが趣味というよりは、馬がメインで牧場の移動用にスズキ・Bearcat B105P(125㏄)の様な気もしますが、表紙に謳われている通り“two friends”として、実馬・鉄馬ともに愛されていた模様。

この表紙(シーズン前)を飾った’66年の同選手は、開幕から調子が上がらず13勝16敗と負け越しており、ファンからすれば“オフに何してんだよッ”なのですが、前年にワールドシリーズ制覇に貢献(23勝12敗・防御率2.77)しただけに、判りやすいアメリカンドリームだったりもします。

という訳で、オートバイのルーツが馬の進化形/発展形だと考えると、オートバイ旧車趣味の究極として「馬」に辿り着くのでは…と思ったりもします。贅沢の極みだなぁ~!?
03_3

| | コメント (0)

2017年6月 8日 (木)

巨人13連敗

0102セパ交流戦、絶不調の巨人軍13連敗…。球団ワースト記録を更新中!?虎党的には“ざまあ”なのですが、流石に少し心配…。

そんな感じで、前回のワースト時、’75年の巨人軍。若き日の長嶋終身名誉監督やミスタージャイアンツのワッペンが貼られたジャンパーに古臭さを感じる訳ですが、前年に引退した長嶋,黒江,森の影響は大きく、獲得した現役大リーガー デーブ・ジョンソンの不調もあり、同年 巨人は球団初の最下位。

とは言え、前回の11連敗は最下位がほぼ確定していた9月の出来事…。それ故、この時期の13連敗はかなり深刻。

という訳で、今後の巻き返しが…無いに越した事は有りませんが、交流戦でパに勝ち星をさらわれ続けるのは、何ともいただけません!?

| | コメント (0)

2017年5月31日 (水)

リリーフ・ピジョン

0102リリーフカーと言えば、小型の電動カーやオープンカーが定番ですが、画像は甲子園で使用されていたリリーフカーならぬリリーフスクーター!

モノクロ画像の為、どんなカラーリングだったのかはナゾですが、“腸にビオフェルミン”のキャッチが誇らしいビオフェルミン・カラーのジルバ―ピジョンC-140。

年代的に、C-140の発売(昭和38年),若生智男投手の阪神移籍(昭和39年),ユニフォーム(左袖に“OSAKA”無し,昭和36年~40年)からふまえ、三菱がスクーターの生産から撤退する昭和39年と思われ、何とも寂しい感じ…。

03という訳で、白煙をあげながら、ラッキーゾーン(昭和22年~平成4年)から颯爽と現れていたのだろうか?とても気になります。3塁側は正露丸カラーのラビットだったりして…。

| | コメント (0)

2017年5月28日 (日)

プロ野球ウエスタンリーグ蒲郡大会

01
0204当地の野球少年にとって、欠かせない恒例のイベント「プロ野球ウエスタンリーグ蒲郡大会」が蒲郡球場で開催されました。今年は中日×ソフトバンク!

バックネット以外は低いフェンスしかなく、通路とグランドが同じ高さ。ファールゾーンも狭く、選手との距離が異常に近い。これが同大会の良いところ!「今日投げるの?」と、育成選手・野澤投手(#129)に気軽に話しかける少年…(「判らん」と気さくに回答しながらも、この後 シレ~っと投げてました!)。

また、同大会一番の楽しみは、海辺の高台という立地条件が繰り出すレフト方向へ乱発するホームラン!今日も浜風に乗って、6本がスタンドイン。それ故、レフト側外野席にはグラブを構えた野球少年だらけ…。さらにイニング開始直前に、ボール回し後の練習球を選手がスタンドに投げ込んでくれるため、骨肉の争いが全イニング繰り広げられていました。

03という訳で、モナコGPを実際に観た事はありませんが、狭い地方球場で観るプロ野球って、近所をF1が走っている様な感覚です。堪らん…ッ!?



| | コメント (0)

2017年5月 5日 (金)

1979年オールスター仕様

0102近年、プロ野球・各球団から様々な年代の復刻キャップが登場しすぎて、若干 興醒めしたりする訳ですが、画像はちょっぴりマニアックな’79年(昭和54年)オールスターゲーム仕様!

セ・パ開設30周年を記念し、’79年のオールスターゲーム時のみに使用された特別仕様となっており、ピルボックススタイルのキャップにラインを入れる大リーグのオールスターでよく見られる手法が採用されています(SFジャイアンツ風ユニフォームと合わせて、鉄仮面・加藤初がメジャーリーガーっぽく見えなくもない)。

熱心な野球ファンなら高校野球の市岡高校(HP参照,なぜ3本ラインかについては語られていない…)を連想すると思いますが、3本線って、何ともおめでたい感じ!

カタチ的には、一歩間違えると町工場の作業員なのですが、プロの選ばれし者のみが被るキャップ…ってなると、トラディショナルでカッコよく見えてきます。

03という訳で、同仕様の復刻キャップは、’06年に大洋Ver.が限定500個発売されたのみなので、他球団Ver.の登場にも期待したい。ちなみに左画像は近鉄Ver.ですが、サイドの赤部分が無くなり、USA的!?


| | コメント (0)

2017年5月 2日 (火)

憎きユニフォーム復刻!

00103日本ハムが6月23~25日の楽天戦(札幌)と7月3,4日の西武戦(東京)に「レジェンドシリーズ2017」と題して、復刻ユニフォームを着用!今年復刻されるのは、球団の前身である東映フライヤーズが初めて日本一に輝いた’62年のユニフォーム。

’62年の日本一…。その日本シリーズで戦った相手こそ、我らの阪神タイガース!?結果は東映が4勝2敗1分でシリーズを制した訳ですが、全7戦中4試合が延長戦。第3戦については、延長14回時間切れ引き分けとなるなど、好勝負が繰り広げられた伝説のシリーズ!

勝ったフライヤーズファンにとっては、さぞ気持ちの良いユニフォームだと思いますが、虎党の諸兄にとっては憎きユニフォームの一つだと思います。村山・小山の最強エースコンビに立ちはだかる名将・水原率いるF軍…悔しい~ッ。

04という訳で、セパ交流戦の阪神戦にも、このユニフォームを着て、’62年日本シリーズ(左画像参照)を再現して欲しかったものです。

| | コメント (0)

2017年4月25日 (火)

オリエンタルリース!

01以前、紹介したオリックスバファローズ主催の「KANSAI CLASSIC 2017」が間近(4/28~30,5/5~7)に迫り、限定商品が続々とリリース(公式HP参照)されている訳ですが、ポスターがオリックスとソフトバンクの2球団なのに三つ巴風になっているのが、商魂逞しい!

その辺りは、レンタカー会社ゆえに電鉄会社と密接な関係にあるオリックスならではなのですが、同世代の復刻ユニフォーム同士の対決はオールドファンには嬉しい限り。

しかしながら、同シリーズに地味に混ざっている日ハムについては、’80sユニフォームの復刻は無い様で、大人な事情はあるにせよガッカリ感強め…。個人的に初めて観た“パ”の試合が西宮球場での阪急・日ハム戦(山田と間柴の投手戦だったと思う…)だっただけに残念です。

03という訳で、前述の復刻グッズの中で気になるのが左画像の「近鉄OBネーム&ナンバーTシャツ」。どういう人選かは謎ですが、鈴木・栗橋・小川・太田・有田・吹石をラインナップ。オススメは栗橋さんのSサイズをピタピタで着用し、なんちゃってヘラクレスを気取るのが良いと思います!?

| | コメント (0)

より以前の記事一覧