クルマ

2018年5月15日 (火)

男らしい…ようでそうでもないマシン

01
0203旧いジムニーやランクルをひとまとめに“ジープ”と呼んでしまっているクルマに興味のない輩も多いと思いますが、画像はいすゞのジープっぽいマシン『ユニキャブ』。

カタログには工事現場に向かう作業員のショットが起用されていたり、本家ジープ以上に無機質で質実剛健なフロントマスクが、如何にも働くクルマ…といった感じですが、4輪駆動という訳でもなく、普通のFR!当初のコンセプトは、シトロエン・メアリに代表される休日を愉しむ「ビーチカー」的なノリだったらしい。

アウトドア志向の趣味人(やや意識高い系)に受けそうな気もしますが、発売されたのは50年以上前(’67年)。時代を先取りしすぎてます。

04という訳で、このテイストで2駆。お洒落っ気なし。いつの時代も受け入れるのは一部のマニアだけかも?山奥にずんずん入って行けそうで、手前でスタック。男らしい…ようでそうでもない感じが堪らんッ!?



| | コメント (0)

2018年5月 7日 (月)

コンパーノ・スパイダー

01
乗用車からバンやピックアップトラック、さらにはオープンカーまでラインナップされていたダイハツの名車「コンパーノ」ですが、やっぱりオープンカーが一番カッコいい!“SPIDER”って呼び方が、ヨーロッぺぇ~感じです。

| | コメント (0)

2018年5月 6日 (日)

ボントラ

0102“ボントラ”って聞いても、何の事か判りませんが、“ボンネット・トラック”の略らしい…。ボンネット・トラックって聞くと、ボンネット・バスのトラックVer.的な大型ダンプを連想してしまいますが、画像の通り 所謂ピックアップトラック!

そんな感じで画像はシボレー・LUVでお馴染み、『いすゞ・ファスター』の広告!、“ボントラ”の言葉が強すぎて、“主人おもいの「超」少食主義者”のキャッチがやや伝わりにくい様な気もしますが、同クラス唯一のディーゼルエンジン搭載車というのがウリ。

当時、ディーゼルエンジンを搭載した小型ピックアップトラックがファスターだけだったというのは意外ですが、その辺はトラック屋!1.6LのG型エンジンかディーゼルの2択。いすゞならディーゼルっしょ!

という訳で、「ヤナセ」と密接な関係(GM繋がり)にあった「いすゞ」でコレを買って貰ったボンボン(←父がヤナセのベンツユーザー)のトラック=“ボントラ”って、無さそうであったと思う!

| | コメント (0)

2018年5月 3日 (木)

サービスカー浪漫

01_2
02_2サービスカーって、変なクルマに乗っていた時代にお世話になった所為か、無性にカッコよく思えてしまう!そんな感じで、画像はSLを助けに来たW123(240TD)のMBオフィシャルサービスカー!ミニカーが発売されるほど、印象深い広告の一コマな訳ですが、実際にどの程度稼働していたのかナゾ…(右画像は夏Ver.?)。車高が高い!気合入ってます!?

| | コメント (0)

2018年4月30日 (月)

アルゼンチン工場

01
メルセデス・ベンツW115系のピックアップトラックがアルゼンチンで生産されていた件について、以前紹介(過去分参照)しましたが、画像はその様子…。実際にアルゼンチン製ベンツに触れた事が無いので、クオリティは判りませんが、何とも美しい!!
よく見ると、なぜかフェンダーミラー!?親近感が湧いてきます。

| | コメント (0)

2018年4月15日 (日)

PLAYSAM

0102北欧スェーデンの高級木製玩具メーカー、PLAYSAMが先日発売を開始した新作が画像のマセラッティ!画像は「アルフィエーリ」ですが、他に「レヴァンテ」や往年のF1(?)など数種類をラインナップ。

高級木製玩具×高級車ゆえにお値段$369.78…と、笑顔が消える価格。しかしながら、 “小さなお子様にこそ、本物の優れたデザインを触れさせてあげてください”とメーカーが(勝手に)言っている通り、流れるようなイタリアンデザイン…堪らんッ。優れたデザインに触れるのって大事かも!?

さらに100均で買ってきたどうでもいい駄玩具なら、子供が投げ放題、舐め放題でも、あまり気になりませんが、コレなら本気で“物を大事に扱う事”を伝えるべく、子供と向き合えそう。

03という訳で、コレで遊べるような子の家のクルマ自体、“本物”だと思われ、実際はコレの影響よりも“本物”の影響が大きい様な気もします。

| | コメント (0)

2018年4月13日 (金)

愉しい週末を

01
02週末は雨予報ですが、いつだって気分だけは画像の様な感じでいたいものです。ベンチシートにシートベルト無しで3人横並び…(上画像参照,マスターライン・バン)。荷台の補助席にゆられ、ピクニック(右画像参照,くろがねベビー)!旧車好きの独身変態が憧れた家族像ってコレです!?

ちなみに上画像の奥には、Wピックでデート中と思しきアベックの姿。中途半端な狭さがエロい!荷物があまり積めないなんて、軟派だぜッて思いながらも、ピックアップ好きの独身変態が憧れたデートってコレです!?

という訳で、“愉しい週末”を演出する為のマシン選びって重要です。普通の道中が苦痛に思える時のありますが、時間の流れがノンビリ感じられる旧いマシンって、やっぱり惹かれます。


| | コメント (0)

2018年4月 6日 (金)

フォルクスワーゲン太郎

01
0203トヨタの人気車種を世界一の自動車メーカーVWが販売したら…売れるに決まってそうですが、実際 そうでなかった例が画像のトヨタ・ハイラックスのバッジエンジニアリング車『VW・Taro』!

Taro=太郎と自信たっぷりに名付けられ、’89年に販売が開始されましたが、販売不振…。’94年に四駆Ver.など、ラインナップを増やしていきましたが、’97年に販売終了。

1トントラックを持っていなかったVWと小型トラックの欧州シェア拡大を望んでいたトヨタ、両社の思いが重なり誕生した商魂逞しき日独マシン。しかしながら、VWはVW。トヨタはトヨタ。ユーザーはその合体を求めていなかったのかも知れません。

という訳で、ハイラックスをわざわざTaro仕様にコンバートする輩は少ないと思いますが、“今さらタロ~♪”だよって、親父臭いくだりを吐いてみたいモンです。



| | コメント (0)

2018年3月26日 (月)

木製クリーパー

01
02最近は秘蔵のコレクションを部品交換会に持って行くようになりました。勿論、商売っ気の無い値段ですが、ボクよりもその物に対して情熱があるなら安く思えるはず。“欲しいけど高ッ”て、思った輩はまだまだ青い。
そんな感じで、画像はビンテージ木製クリーパー(自動車整備用の寝板)。寝心地サイコーです!深夜から準備に追われ、午前10時頃にコレ。寝ちゃいます…。軽量な樹脂製も良いのですが、やっぱり木に限る!適度なシナリと安心感のある硬さ。長時間に及ぶ下廻りの整備だけでなく、仮眠にも使いたくなるアイテムです。
という訳で、一昔前に比べ、ビンテージ木製クリーパーは手を出しにくい価格になってきましたが、見つけたら概ね“買い”です。さらに古ければ古いほどイイ!中には現在、切ってはいけない木を使っていたり、奥が深いのです。



| | コメント (0)

2018年3月25日 (日)

浜名湖2&4スワップミートVol.18

02
今日は『浜名湖2&4スワップミートVol.18』!早朝5時から毎度のことながら凄い人。そんな感じで画像は、一通りほとぼりが冷めた8時頃の様子。部品交換会等でのこの時間帯って、何となく昼下がり的な雰囲気を感じてしまいます…。
という訳で、画像では会場全体の雰囲気が伝わりませんが、“ちょっと1周してくるわ”っていった知人が1時間以上戻ってこない様なボリュームです!!

| | コメント (0)

より以前の記事一覧