オートバイ

2017年7月18日 (火)

サベージ!

0102ラインナップが続々と消えゆく国内2輪ですが、画像はUSスズキでしつこく販売が続けられているBOULEVARD・S40!

エンジンやリムがブラックアウトされ、メタリックオレンジのタンクを採用するなど、ちょい前のグラストラッカーみたいな雰囲気で今っぽくなっていますが、基本的には古の“サベージ650”!

シングルエンジン最大の魅力である鼓動をバランサーで抑えるなど、謎な機構も多いマシンですが、’86年の発売から実に31年…ひっそりアメリカで生き残った日本兵みたいで渋いッ。

という訳で、さざれ石に苔が蒸すまで…長生きすることが“勝ち組”とは言い切れませんが、ここまでいくと多分、勝ち組!?このまま、ラインナップから落とされることを忘れられ、続けて欲しいものです。

| | コメント (0)

2017年7月14日 (金)

ザリ4耐

0102何か暑くなってきたなぁ~と思ったら、鈴鹿8耐の時期!今年は40回記念大会という事で、冠がコカ・コーラに戻り、ちょっぴりノスタルジー。

そんな感じで、画像は’81年の鈴鹿8耐…ではなくて4耐のマシン。女性ライダーの草分け的存在・堀ひろ子(左画像参照)と腰山峰子による女性ペアという事で話題を集めた訳ですが、マシンが渋すぎる!?

TT-F3クラス(2st125~250cc,4st250~400ccの市販車をベースとした改造車)からエントリーされたマシンのベースはスズキGSX400E。今ではヤンチャなカスタム車しか見掛けない“ザリ”のレーサー!“美女が乗るザリのレーサー”。もはや活字だけでしびれます。

さらに、前年に開催された4耐では、同様のザリ・レーサー(左画像参照)でTT-F3クラスのポールポジションを獲得しているというから素晴らしい。

03という訳で、どんなエキゾーストノートを奏でて、走っていたのか興味津々。きっと、その辺の族車よりも極悪なサウンドを奏でていたに違いない!

| | コメント (0)

2017年7月 4日 (火)

石破バイク!

0103アイドル・軍事プラモ・鉄道・カレー作り…など、多趣味で知られる自民党の石破茂氏ですが、TVで映し出された衆議院議員会館からのLIVE画像の背後にオートバイの模型!

軍事関連の難しそうな専門書がズラリと並ぶ本棚にオートバイの模型。何とも親近感が湧きます。

そんな感じでこのオートバイ、何?なのですが、おそらくBMW・S1000RR。サイズ的にシュコーの1/10ではないか…というのが、ボクの見解。左右非対称の前衛的なカウルが特徴の同モデルですが、比較的トラディショナルな左サイドを向けているのは石破氏のセンスかも?

02という訳で、「ポスト安倍」が噂される石破氏ですが、オートバイの模型を飾ってくれる首相なら応援したくなります!?


| | コメント (0)

2017年7月 1日 (土)

MV Agusta Brutale 800 America

0102MVアグスタのネイキッドモデル「Brutale 800」に往年の名車「750sアメリカ」のカラーリングをモチーフとした限定車『Brutale 800 America』が登場!

“America”だけにラグナ・セカで開催されるSBK第8戦で公開されるそうですが、“America”だけにアメリカ50州にちなんで限定50台というから、かなり希少!?

旧型ブルターレにも同種の限定車・アメリカが発売されていましたが、星条旗をイメージしたタンクや赤いシートが再現され、フレームについてもパイプのサブフレーム部分のみですが、赤フレームが採用されて、一目でそれと判る仕上がりとなっています。

という訳で、日本で入手するのはかなり困難を極めそうですが、“750sアメリカ”乗りの普段使い用ならコレしかないと思います。逆に新旧の2台を並べてこそ…みたいな気もします。

| | コメント (0)

2017年6月23日 (金)

ハーレー“ドゥカティ”ソン

0304フォルクスワーゲン・グループから売却準備が進められている伊・ドゥカティですが、買収先としてハーレーダビッドソンが名乗りを挙げたらしい!

日本メーカーが買収したら面白いなぁ~って、思っていましたが、国内各社とも入札参加の気配はなく、オートバイメーカーではインドのバジャジが参加予定。

その他、世界中の投資ファンドが、ドゥカティのブランド力に興味を示している訳ですが、ハーレーの参加はインパクト大!

という訳で、古くはアエルマッキ傘下の時代があったり、近年ではMVアグスタ買収など、ハーレーってイタリア企業と絡みがち。偶然かなぁ~?





| | コメント (0)

2017年6月19日 (月)

(Vespa 946)RED

0103ピアジオ製プレミアムスクーター・Vespa946の限定車『(Vespa 946)RED』が日本上陸。

シートもホイールも真っ赤で、赤好きには堪らん情熱的なモデルなのですが、エイズ対策のチャリティ活動に取り組む(RED)とのコラボモデルとなっており、同モデルが1台販売される度に150ドルが(RED)とのAIDS資金としてグローバルファンドに寄付されるという志の高いモデル!

この150ドルは、サブサハラ・アフリカ地域で生命を救うHIV/AIDS医薬品500日分以上に相当し、この医薬品によってHIVに感染した母親から胎児へのウィルスの感染を予防することができるらしい。

という訳で、155㏄のスクーターに1,298,000円も支払える財力に恵まれた人にオススメの一台。自分の為に目一杯贅沢をしながらも、少し他人の役に立てるのが素晴らしい!

| | コメント (0)

2017年6月18日 (日)

世界のMVPホンダに乗る

0102’60年代にオートバイがプロ野球MVPの副賞として使われた事は、何となく知られていますが、画像はNBA’65年のオールスターゲーム!

MVPを獲得したシンシナティ・ロイヤルズ(サクラメント・キングスの前身)のセンタープレイヤー、ジェリー・ルーカスに副賞として、ホンダ・CS90が贈られていた様です。

ホンダ初の横型OHCを搭載し、前年に発売されたばかりのホットモデルな訳ですが、2mクラスの大男(ジェリー・ルーカス:203cm)が揃うNBAオールスターの副賞としては、かなり小ぶり。その辺の面白さを狙ったのかも知れませんが、バスケットのコートにバイクって印象的!?

という訳で、ただの副賞ではありますが、’60年代に小さな日本人がNBAオールスターで注目を集めているみたいで、恥ずかしくもちょっぴり誇らしい感じです。

| | コメント (0)

2017年6月17日 (土)

“Big D”のベアーキャットと馬

0102オートバイを趣味とするプロ野球選手については、過去にカワサキ党のミッキー・ロリッチ選手を紹介(過去分参照)しましたが、画像でCycle誌の表紙を飾っているのは、ドジャース永久欠番・53の“Big D”ことドン・ドライスデール!

オートバイが趣味というよりは、馬がメインで牧場の移動用にスズキ・Bearcat B105P(125㏄)の様な気もしますが、表紙に謳われている通り“two friends”として、実馬・鉄馬ともに愛されていた模様。

この表紙(シーズン前)を飾った’66年の同選手は、開幕から調子が上がらず13勝16敗と負け越しており、ファンからすれば“オフに何してんだよッ”なのですが、前年にワールドシリーズ制覇に貢献(23勝12敗・防御率2.77)しただけに、判りやすいアメリカンドリームだったりもします。

という訳で、オートバイのルーツが馬の進化形/発展形だと考えると、オートバイ旧車趣味の究極として「馬」に辿り着くのでは…と思ったりもします。贅沢の極みだなぁ~!?
03_3

| | コメント (0)

2017年6月16日 (金)

C100よりU系メイト

01_202_2ホンダ・スーパーカブの旧型モデル・C100系カブは、ボクがバイク人となった時点(25年くらい前)で既に人気旧車だった訳ですが、いつの時代も何となく感じる“ミーハー感”から敬遠しがち!?

そんな感じで画像は、ヤマハの対抗馬・メイトの旧型U系モデル。U50はポートカブ、U70はC100系に似たルックスですが、市場にあまり出回らないマニアックな存在!初期型メイトは例のCM(乗ってる乗ってる~♪)によって、それなりに売れたと聞いているのですが、土に還ってしまったのか殆ど見ません。

さらに輸出仕様については、個人的にもコレクター宅で一度見ただけ…。外国人モデルを起用し、C100カブと同じく、赤い輸出専用カラーが奢られているのに、全然 垢抜けた感じがしないのは不思議。郵政車両に見えてきます…。

03という訳で、車両の現存率がそのまま現代での人気に反比例してしまっている悪い例ですが、希少車…だからといって、ハイプレミアムじゃない旧車って、何となく惹かれます。誰からも羨ましがられない感じが堪らん!?

| | コメント (0)

2017年6月11日 (日)

8個限定!

0102今年で40回の記念大会を迎える「鈴鹿8耐」の記念ヘルメットが発売されるらしい。画像がそれなのですが、なんと限定数8個…。

アライのフラッグシップモデル・RX-7Xをベースに8耐のイメージカラー赤・黒・白がデザインされ、8耐ロゴや鈴鹿サーキットのシンボル(?)観覧車のグラフィックが施されたスペシャルモデルとなっています。

ベースモデルが54,000円(税別)と高額な為、仕方が無いのですが、この『RX-7X 鈴鹿8耐40th記念デザインヘルメット』の価格80,000円(税別)…。もはや価格まで“8”耐にちなむと商魂しか感じられませんが、何と言っても8個限定。欲しい人からしてみれば価格なんてどうでもいいに違いない。

という訳で、大会開催中の7/28(金)に鈴鹿サーキット内「RACING ZONE」で限定販売(今時ネットとかで買えないのがいいねぇ~)が開始されるとの事なので、ビビっときた人は、開門と共にモートピア側へ猛ダッシュするしかない!

| | コメント (0)

より以前の記事一覧