コレクション

2017年7月16日 (日)

ハムソア韓病院!?

0103韓国ブロックトイ・OXFORD社の新作コラボが矢継ぎ早に登場していました。画像がそれなのですが、今回はコラボ先のロゴフォント,イメージカラーの所為で、かなりLEGOっぽい!

そんな感じで、今回のコラボはなんと病院。しかも、カテゴリーとしての“Hospital”的なモノではなく『ハムソア韓病院』というところが凄い!

このHamsoaは、小児科クリニック的な感じの韓方医療の病院だそうで、子供を集めた医療指導などを熱心に行っているっぽい。また、ベビー用フードや医療関連品などの販売を手掛けるなど、結構 手広い…。

ちなみに韓方医療とは、針刺療法・灸療法・漢方薬療法・食事療法などで、自然治癒力を高めて云々…といった感じの西洋医学が主流の日本人からすると、やや胡散臭く思えてしまう東洋医学の一つだそうです。

02という訳で、医師たちがキャラクター入りの黄色いジャケットを着ている時点でかなりヤバいのですが、ブロックトイを発売してしまう病院って、かなりイカしてます!

| | コメント (0)

2017年7月15日 (土)

ビックリマン復刻セレクション

0103「ビックリマンチョコ」40周年を記念した『ビックリマン復刻セレクション』が7月18日より東京圏・関東信越・静岡で先行発売!

公式HPの「ビックリマン総選挙」で選ばれた上位キャラクターと著名人12人が推薦したキャラクターが復刻されるそうですが、注目は画像のファッションブランド「アーバンリサーチ」との特別コラボシール(全5種)!

初出店から20周年となる「アーバンリサーチ」がやや強引に絡んでいる気もしますが、お馴染みのキャラが同社のアイテムを着用。悪魔格(普通シール)ながら、“アタリ”っぽい。

02という訳で、“40周年”を謳っておきながら、「悪魔VS天使シール」シリーズ(’85年~)が中心なのが気になります。黎明期のシリーズ(「まじゃりんこシール」シリーズ集めてました…)って、結構 忘れられがちです!?

| | コメント (0)

2017年7月 9日 (日)

マイコン!!

0102ファミコンにKORG・MS-20…小型化された大人向け復刻商品が人気な訳ですが、気になる復刻モノが画像の『PasocomMini』!

“マイコン”の名で親しまれた名機「PC-8001」、「FM-7」、「MZ-80C」ら3機種が1/4サイズで復活!勿論、内部にはRaspberry Piが搭載されており、各機種のエミュレータが動くという優れもの。

画像の第一弾「MZ-80C」を見た瞬間、液晶画面が内蔵されているのか…って、期待を抱いてしまいましたが、USBでモニター,キーボードに接続して使用するらしい。ちょっぴり残念ですが、(大人の)お小遣いで買える低価格19,800円を実現するためにはこの辺が限界かも!?

03という訳で、これら“マイコン”はボクらの世代からすると“お兄ちゃんアイテム”なのですが、無機質な画面に何となく“スゲ~なぁ~!”って、思ってしまうのはいつの時代も変わりません。

| | コメント (0)

2017年7月 8日 (土)

レゴ ニンジャゴー ザ・ムービー!

0102映画「レゴ ニンジャゴー ザ・ムービー」の9月30日公開に先立ち、8月に同作を題材とした新作・Minifiguresシリーズが登場するらしい!

同手法で「レゴバットマン ザ・ムービー」版も以前、リリースされていましたが、今回も映画公開前ゆえに理解に苦しむ??なラインナップ。

キャラ自体は見覚えのあるモノが多いのですが、パジャマ姿のガーマドン卿や’80sレゴを彷彿させるクラシカルなパッケージのコーンフレークを持ったウー先生など、実に渋い。他にも寿司職人や自撮り棒を持った通行人など、何となく惹かれます!

という訳で、ニンジャゴー・シリーズは何となく低年齢向け…な感じで、手を出していなかった大人のレゴファンにオススメではないでしょうか?

| | コメント (0)

2017年7月 3日 (月)

스무디킹

0103お洒落なコラボ商品を続々とラインナップしていく韓国製ブロックトイ・OXFORDですが、最新作が画像の「스무디킹」!例によって、なんて書いてあるか判りませんが、機能性健康飲料チェーン「スムージーキング」との限定コラボ商品!

元々、アメリカで誕生した「スムージーキング」ですが、韓国国内では’03年の初上陸から急成長を遂げ、’12年にスムージーズコリアが、米国のスムージーキング本社を買収してしまうほど…。

そんな感じで、大人気の「スムージーキング」をOXFORDが小キットながら見事に再現!?同社のコラボ物は安定感が違います。小物の充実ぶりも素晴らしいのですが、’80sレゴランド街シリーズ規格な建物のスケーリング,ディフォルメ具合が秀逸だと思います。

04という訳で、OXFORDのコラボ商品は比較的短いスパンでバシバシと登場し、ファンを飽きさせない感じが好印象。手が出しやすい小キットで地味に攻めてくるあたりが何ともやらしい!?


| | コメント (0)

2017年6月26日 (月)

BE@RBRICK 亀の子束子

0102一人暮らしを始めた時に少し高くても、“やっぱタワシと言えばコレだろッ”って、定番の『亀の子束子』をジャケ買いしてしまった輩はボクだけではないはず…。

そんな感じで、画像はたわしの日(7月2日)に合わせた記念イベントで発売される「ベアブリック×亀の子束子」!名前だけ聞くと、例のワサワサした質感のベアブリックを連想してしまいますが、定番のジャケの方がモチーフとなっており、胸と背中に入ったロゴが渋い逸品となっています。

ちなみに「たわしの日」とは、㈱亀の子束子西尾商店の初代・西尾正左衛門が『亀の子束子』の特許を取得した1915(大正4)年7月2日に因んでいるらしい。それから110年以上、ほぼ同じ製法・形状の製品が作り続けられているというから素晴らしい!

という訳で、亀の子束子 滝野川本店 たわしの日イベント会場だけでなく、 メディコム・トイ直営各店舗やメディコム・トイ運営オンラインストア各店舗で発売されるとの事なので、台所で『亀の子束子』のジャケを開けれず、飾っている様な輩は要チェック!?

| | コメント (0)

2017年6月21日 (水)

Strand-Girl mit Roller

0102如何にも欧州っぽい乗り物系キットをラインナップするプレイモービルですが、画像の9084「Strand-Girl mit Roller」が女子系最新マシン。

旧作スクーター・3946(左画像参照)から、さほど進化は有りませんが、乗り手が随分 垢抜けた気がします。この一昔前のスクーターと言った感じが欧州っぽい!?

とは言え、1986年発売の名車・3302モペッドと見比べると、フィグのStd.顔が古臭さを助長している様な気もしますが、ちゃんと時代の流れを感じます。

という訳で、旧作と新作を並べたり、混ぜて遊ぶと統制が取れていない様で、A型的にイラッとしたりするもんですが、各年代の流行などを教えたりする知育玩具となるはず!

| | コメント (0)

2017年6月20日 (火)

카누 라떼

0103韓国製ブロック・OXFORD(HP参照)とMaximのコラボ商品第2弾が登場!第1弾(過去分参照)と変わり、こじんまりした小セットなのですが中々 渋い!

新製品「KANU LATTE」を題材としている訳ですが、俳優コン・ユを起用したCMがそのまま再現されている様で、製品箱をモチーフとしたポップアップストアをブロック化。

建物内部の詳細情報は判りませんが、例によって小物の作り込みは期待できそう。またファンが納得するかどうかはナゾですが、店員に扮したコン・ユやギターを片手に粋なお客さんなど、フィグもエエ感じです。

という訳で、コン・ユのファンは勿論 レゴタウンを充実させたい輩にもオススメ。ポップアップ屋根に刻まれたハングル“카누”がちょっぴりスリリングな街並みを演出してくれます。

| | コメント (0)

2017年6月14日 (水)

男はケバブ屋、女はケーキ屋

0102子供のごっこ遊びは日々、業種やシュツエーションが変化していく訳ですが、“○○屋さんごっこ”と言えば、プレイモービルのお家芸。様々な業種が無駄にラインナップされているのが素晴らしい。

そんな感じで画像は、“special PLUS”シリーズの最新作「9088・Kebap-Grill」と「9097・Konditorin mit Kuchentheke」そして左画像は「9095・Sängerin am Keyboard」。9097のパティシエについては、TVアニメ「キラキラ☆プリキュア・アラモード」の影響もあり、女子のなりたい職種ランキング上位だと思いますが、ケバブ屋になりたい少年…日本にいるのかなぁ?そして、キーボードシンガー。憧れやすい職種ですが、’80s臭全開の雰囲気が何とも言えません。金のマイクがスターの証!?

という訳で、ケバブ屋の表情がプレイモービルの標準顔なのが物足りなさすぎますが、このテイストなら子供でも取っつきやすいかも?ケバブ屋なんて、子供の頃 いなかったなぁ~。

| | コメント (2)

2017年6月10日 (土)

ANTON'S BAIT SHOP

0102レゴのアイデアプロジェクト「LEGO IDEAS」から新たに製品化が発表されたのが画像の『21310・Old Fishing Store』(邦題・金城ふ頭に釣具屋オープン!)。

塩害で補修を繰り返したような味のある板屋根など、ビーチサイドにあるであろう旧き良き“Fishing Store”が再現されています。日本語で言うとどうしても“釣り道具屋”となってしまいニュアンスが異なってしまいますが、欧米の“Fishing Store”のイメージって、個人的にはこのキットの様なジェネラルストア的な雰囲気が刷り込まれています。

それにしても、全体的なヤレ具合とゴチャゴチャした雰囲気が何とも愉しそう!ボロい板屋根や傾いた看板の類の割りにデッキや展望台が小綺麗な気もしますが、潮の香りが伝わってくる素晴らしい内容だと思います。

03という訳で、海の見える出窓に飾ったり、ビンテージルアーやタックルボックスと共に並べたいアイテムではないでしょうか?ちなみにボクは釣りをやりませんが、ビーチカルチャーにはいつも興味津々です。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧