コレクション

2017年12月 7日 (木)

オックスフォード新作

0102サブウェイやピザハットなど、日本でもお馴染みのファーストフードチェーンから韓国のローカルチェーンまで、様々なコラボ商品をリリースする韓国ブロックトイの雄・オックスフォード社ですが、画像は最新作。

上が格安のマカロンやスイーツで人気急上昇中のMARIWHALEのカフェ『마리웨일237』。下が韓国式トースト専門店『이삭토스트(イサックトースト)』。またしても韓国ローカルのカフェ物!屋号のハングル…渋い!?

内部の作り込みや小物,デカールの細かさについては、もはや熱く語るまでもありませんが、建物の大型化が気になるレゴに比べ、コンパクトに抑えられているのが素晴らしい。

03という訳で、いずれも限定商品の様なので、韓国からサンタクロースがアニョハセヨな輩はこんな小セットを一杯オーダーしてみよう!


| | コメント (0)

2017年11月24日 (金)

スバル・ブラット

0103レジン製ハンドメイドによる1/43スケールモデルを少量限定生産するHi-Storyから「SUBARU BRAT GL (1984)」が登場!!

最近ではホットウィールでもモデル化されていましたが、真面目な1/43は初かも?しかも、AB型レオーネをベースとした2代目ブラットの北米最終モデル・1984年式GLというのが渋い。

輸入車関税対策として装着されたブラットのアイデンティティであるリアシート(乗用車扱いとし、輸入ライトトラックの高関税25%を回避)がしっかり表現されており、最終型GLゆえにTバールーフを標準装備。カッコいい!

という訳で、Hi-Storyのモデルはハンドメイドの為、高価ですが量産モデルに比べ、かなり出来がイイので、ブラット好きは要チェック。

| | コメント (0)

2017年11月 7日 (火)

캔보이

0180年代の駄菓子屋的なプラモ屋(個人的には船戸町にあったミッキーさん!)って、懐かしい。軒先にガチャガチャがあって、教育上 良い…とは思えない玩具達が店内にズラリ。子供の“好き”が詰まっていた様な気がします。

そんな感じで画像は、ジュース缶に扮したプルバックカーキット。前述の様なプラモ屋さんで80年代に良く見掛けた低学年向けネタ系キットな訳ですが、なぜかこういうアイテムに惹かれたモンです。

それは、お隣・韓国でも同じだった様で、画像の韓国・신동과학社「CAN BOY CAR」シリーズ(ライセンス商品かどうかはナゾですが、ポカリスエットやサンキストのパッケージがそのまま使用されている…)02や스마트社の「WALKMATE」シリーズ(左画像参照)など、日本でも見覚えのある“駄”プラモが多数発売されていた様です。

という訳で、この種の“駄”プラモが復刻されるとは思えませんが、ボクと同世代のオッサンなら触手が伸びちゃう連中もいるはず!韓国でも同じかなぁ~。


| | コメント (0)

2017年10月26日 (木)

1972 Ford F-350 Ramp Truck with 1973 Ford Falcon XB

0102フォードがオーストラリアでの「ファルコン」の生産を終えて久しいのですが、ファルコンと言えば『マッドマックス』!そんな感じで画像はGreenLightの新製品。

劇中車・インターセプターのミニカーはこれまでにも沢山ありましたが、コレはGreenLightのお家芸(?)積車モノ!こんなトランスポーター出て来たっけ?なのですが、時代考証的にエエ感じの1972年型F-350 Ramp Truckのセット。

世紀末的な装飾がおごられた劇中車風ではなく、ノーマルライクなトランポという点が、映画撮影時の裏方みたいでシブい…。しかしながら、コレクターの人が好き過ぎて作ったトランポの様な感じがしないでもない。

という訳で、改造車やレーサーは積車に積んで移動!これはこれで的確な知育玩具だと思います。

| | コメント (0)

2017年9月28日 (木)

9282・Skischule

0102 スキー物がお国柄なのか充実しているプレイモービルですが、画像は最新作「9282・Skischule」(勝手な邦題:クマちゃん先生のスキー教室)!

タイトルの通り、スキースクールを題材としている様ですが、インストラクターが着ぐるみ?欧州での幼児向けスキースクールがこんな感じなのか、知る由もありませんが、何とも愉しそう!?

そして左画像がインストラクターの正体ですが、普通の青年が入っていて一安心。出来れば、悪党ズラのおっさんの方が面白かったのですが、その辺は知育玩具。

という訳で、今シーズンのプレイモービルにはスキー物が沢山ラインナップ(下画像は「9284・Skifahrer mit Snowblades」(勝手な邦題:ヤバそうなベテラン・スキーヤー)されているので、季節を先取りしてイメージトレーニング等に活用したいものです。03

| | コメント (0)

2017年9月22日 (金)

10837 Santa's Winter Holiday

01
02もう9月も終盤。子供的にはX'masプレゼントに何をお願いするか真剣に考え始める時期。そんな感じで画像はレゴ・デュプロの新製品『10837・デュプロのまち”サンタさんと雪あそび” 』!

タダでさえ、遊ぶ期間が短いデュプロ(対象2歳~5歳)なのに、季節が限られるX'masモノ…。結構 挑戦的な商品だと思います。そう言えば、デュプロにサンタクロースなんてあったっけ?

とは言え、サンタに子供2体、トナカイにリス(?)、クマのぬいぐるみとフィグ多め!プリントブロックも雪だるまやプレゼント類など多数。ツリーもあって、とても楽しそう。

という訳で、X'masプレゼントというよりはX'mas前に遊ぶアイテムだったりするのですが、対象年齢を過ぎてもX'masのディスプレイに長年使えそうな感じなので、前述の様なデュプロ系タブー(実動期間が短い)は無視して投入したいモノです。



| | コメント (0)

2017年9月18日 (月)

피자헛!

0103様々な企業コラボ物をリリースし続ける韓国のブロックトイ・OXFORD社ですが、画像は先月からキャンペーンが開始されたピザハットとのコラボ物!

ピザハットにて「ブロックセット」として購入出来る様ですが、公式サイトに掲載がないので、ショップ限定的なアイテムなのかも?

大きく掲げたピザの看板が大袈裟ですが、相変わらず付属する小物が秀逸。ピザ屋はレゴでもありましたが、企業ロゴが入ると俄然 魅力的!実物に則したリアルなポスターやデカールの類が堪りません…。

という訳で、日本でも馴染み深いブランドだけに気になってしまった輩はボクだけではないはず。ちなみに数日前、02新作として「クリスピー・クリーム・ドーナツ」とのコラボ物(左画像参照)が発売されたらしい…韓国・OXFORD社ってスゲー!?

| | コメント (0)

2017年9月15日 (金)

Polaroid OneStep 2

0103デジカメが普及し、自撮り棒?インスタ?写真を撮ることが、日常化してきた。一昔前は、フィルムや写ルンですを買ってきて、撮り終ったら写真屋さんへ現像に持っていく…結構お金が掛ったモンです。さらにポラロイドやチェキなどのインスタントカメラとなると、現像代は掛らないにしても専用フィルムが高い!

そんな野暮な事を忘れた頃にポラロイドが復活!画像のアイテムがそれなのですが、往年の名機・One Step(左画像参照)を彷彿させるボディで登場。

専用フィルムを充填、撮影、写真がジワリと浮き出てくる…という往年のメカニズムはそのままの様ですが、旧型でフィルムカートリッジ内の電池から供給されていた電源が、本体側に移動し、USB充電が可能なバッテリー式となった模様。それ故、昔のポラロイドに新型のフィルムは使えない…のですが、この新型を手掛けるIMPOSSIBLE社では旧型用フィルムもラインナップ!素晴らしい!!

02という訳で、デジカメで無駄に写真をパシャ×2と撮りまくっている現代っ子へ写真一枚の重みを教えるに最適なアイテムではないでしょうか?

| | コメント (0)

2017年9月 6日 (水)

9280・Skihütte

01_2
02_2049月になり、どこからともなく“残暑が厳しいざんショ”と往年のダジャレが聞こえてきますが、夏休みが終わったばかりなのに、もう気持ちはクリスマスや冬休みに照準を合わせ始めている少年少女も多いはず!?

そんな感じで、画像はプレイモービルの新作「9280・Skihütte(勝手な邦題:アルプス山荘)」。ドイツと言うお国柄もあって、雪山,スキー物については、これまでに数多くリリースされてきましたが、毎回名作が多い!

フィグのウェアー類が凝っている所為か、やや現代的にも見えますが、スキーヤーが集う旧き良き「○○山荘」?「○○ヒュッテ」?の様な雰囲気が渋い!きっと標高も高めで、スノボ滑走禁止の硬派なスキー場に違いない。

03という訳で、暖炉を囲んでホットミルク?自慢のクロワッサン?ネコはどこから来た?愉しい冬休みを妄想するに打ってつけのアイテムだと思います。



| | コメント (0)

2017年7月31日 (月)

納涼!クリスマスグッズ

01
02もう7月も終わり、何とも暑苦しい8月になります。そんな感じで季節を先取りした納涼アイテムが画像のプレイモービル『NHL Advent Calendar-Rivalry on the Pond』。昨年発売されたクリスマスのアドベントカレンダーなのですが、今年も継続生産。

北米向けに発売されているNHLモノのX'mas版な訳ですが、白黒シャッツを内側に着込んだサンタクロースのレフェリーが渋い。サンタが連れてきたのかトナカイもスタンバイしてます。

日頃、田舎でNHLを観れない少年少女の為にサンタがNHLを連れてきた…なんてロマンチックなストーリーも連想できます。

という訳で、凍った池の上でホッケー…なのかどうか、判りませんが、今時期に見るととても涼し気!?まだクリスマスアイテムなんて早いような気もしますが、あっという間です。




| | コメント (0)

より以前の記事一覧