コレクション

2019年7月16日 (火)

세븐일레븐×옥스포드

01_20190717001401 02_20190717002201 様々な企業とのコラボ商品を展開する韓国ブロックトイの雄・オックスフォード社ですが、その企画力には毎回 感心しきりです。そんな感じで画像は先日発売された新作『セブンイレブン』!

冷蔵庫や棚にはドメスティックな実名商品(堪らん!)がズラリ...。同ブロックのお家芸とも言える小物の多さ、デカールの細かさは素晴らしい!またレジ横のコーヒー販売機や電子レンジを再現するなど、このサイズでコンビニの店内をそれっぽく仕上げているのは流石。

これまでにファミリーマートやCU(韓国の国内チェーン)などのコンビニ物がリリースされてきましたが、やっぱり世界のセブンイレブン!?レゴタウンに組み込んでも自然な感じだと思います。

03_20190717001301 という訳で、韓国セブンイレブンではFacebookでブロックの組み立てを認証すると、LEDとアクリルボックスキットがもらえるキャンペーンが行われるなど、盛り上がっているっぽい!

| | コメント (0)

2019年6月27日 (木)

トウキョウ・タチカワ・GIブルース

01_20190628004401

「トランザム」が“Trans-Am”と書き、“アメリカ横断”を意味すると知ったのは、恥ずかしながら結構 大人になってからだ...。

そんな感じで画像はクルマじゃ無くて家電の「トランザム」!これは’70年代後半にラジカセブームから飛躍し、巻き起こった小型TVブーム時にナショナルが発売した5型白黒TV「トランザム509」の広告。ショベルヘッドのエレクトラグライドで、オートクルーズを利かせ、悠々自適に大陸横断を楽しむヒッピーの姿が堪らん訳ですが、何気に下段のキャッチコピーが意味深!

玉ねぎを積んだ長距離トレーラーの運転手が手をふって。トウキョウ・タチカワ・GIブルース。

故・内田裕也氏の様なノリなのだろうか?言葉の意味はよく判りませんが「トウキョウ・タチカワ・GIブルース」。ツライ時、無駄につぶやきたくなります!

| | コメント (0)

2019年6月 8日 (土)

KENT

01_57

02_35 03_18 グヤトーンと言えば、テスコ等と並び称される国産ビザールギターの銘品な訳ですが、個人的にグヤトーン愛用家(4本所有)ゆえか見慣れた感が強く、国産ビザールに興味を持った若き日の初期衝動が薄まっているのが残念過ぎる…。

そんな感じで画像は、グヤトーンの北米向けブランド『KENT』の広告。“Gロゴ”が“Kロゴ”(左画像参照)になっていたり、ペットネーム(LG-140T→ビデオキャスター,LG-65T→ラスベガス)がおごられていたりする程度ですが、なぜか惹かれる!クルマやバイクでも北米仕様になるとロゴや車名が変わったりしていて、“萌え~ッ”ってなりがちですが、絶妙な違和感...堪らん!

また安価でシアーズなどの量販店で売られていた背景を踏まえると、サーフミュージックを始めようとするもお金が無く、とりあえずKENT...みたいな青臭いエピソードも想像でき、日本のグヤトーンが“青春テケテケ”な雰囲気がKENTの広告からも伝わってこないでもない。

04_2 という訳で、日本よりもはるかに乾燥した北米の気候(現地で開梱したらボディが割れてた...なんて話も聞く)や安モンゆえの扱われ方から、その現存率が気になるところです!そもそもどれくらい輸出されたのだろうか?

| | コメント (0)

2019年6月 6日 (木)

8トラからS・A・T・U・R~♪

01_56

音楽を外で聞く時、現代人って何を使ってる?そんな感じで、画像は愛機・東芝の8トラ!「いまどき8トラ」なのですが、’70年代臭がプンプン漂うデザインが堪らん。残念ながら、日本で手に入りやすいカセットは演歌などのカラオケばかりですが、海外からのお取り寄せならお気に入りのアーティストが見つかるはず...。基本的には、昔のアーティスト限定ですが、21世紀になってもMelvinsやCheap Trickが限定版をリリースしていたり、90年代までは空の録音用テープも販売されていたので、勝手な90年代作品が転がっているかも?

| | コメント (0)

2019年5月20日 (月)

THE MOVIE Del's Food truck

01_44

02_29 プレイモービルの映画「Playmobil:The Movie」(英)が9月に公開されるとの事ですが、公開に先立ち映画関連のセットが発表されています。そんな感じで画像は『THE MOVIE Del's Food truck』(品番:70075)。

03_15 キャラの詳細はよく判りませんが、メインキャラの一人であろうデルのフードトラック!この種のフード系マシン(左画像は5632:フードトラック)はプレイモービルの十八番ですが、通常ラインのプレーンで健全な雰囲気とは異なり、人間臭い!

ハンバーガー自体は美味そうですが、魚の骨があったり、衛生状況は悪そう...。また厨房に工具箱が転がっているあたり、何となく共感してしまいます。とは言え、バン内部のプレイモービルらしいディテールは流石!

という訳で、プレイモービル専門店「プレモランド」のショッピングサイトが6月に閉鎖するなど、日本のプレモ市場は縮小傾向ですが、本場ヨーロッパでは映画が公開されるなど、盛り上がっている模様。プレモの映画 気になります!

 

| | コメント (0)

2019年3月27日 (水)

ディズニー第2弾!

01_4
02_103_2 レゴの公式SNSで「ミニフィギュアシリーズ」の最新作が発表されていました。そんな感じで画像がそれ!2016年に発売されたディズニーシリーズに続く第2弾。『STEAMBOAT WILLIE』(1928年公開,邦題「蒸気船ウィリー」)のファーストミッキーがセンターをかざる等、第1弾に比べ、ややマニアック!?
如何にも第2弾っぽいラインナップですが、アナ雪の2人にチップ&デール。スクルージおじさんにヒューイ・デューイ・ルーイ。セットじゃないと駄目っぽいラインナップにしてくるあたり、商魂たくましい!とは言え、セットでいないと意味が無い。コレクター泣かせだなぁ~。
という訳で、発売日については未定ですが、3年前の第1弾が人気だっただけにディズニーファンは玩具情報系サイトを要チェック!個人的にはグーフィーやピートが今回もラインナップから外れているのが残念です!

| | コメント (0)

2019年3月22日 (金)

Engine Company No.9

03

02ココログのシステムがやっと復活した様ですが、皆が言うように使いにく…。
そんな感じで、上画像はレゴ’80年の北米向け総合カタログから。EXXONのガソスタが分かり易くアメリカンレゴなのですが、左奥で星条旗を掲げているのが’78年発売の消防署『Engine Company No.9(品番:590)』。

04構成パーツや基本内容は全世界版の「374」と同じですが、建物や建具のカラーリングが異なり専用デカールを採用!制服の学ラン(ヘルメットを髪の毛パーツに変更すると高校生!)や時計の10時10分に変更はありませんが、LEGO旗が星条旗に変更され、「Engine Company No.9」の屋号が誇らしい!

また通常の箱や組立説明書では「374」と同様、星条旗は敷地の一角に掲げられているのですが、総合カタログでは建物のてっぺんに掲揚!Oh~say can you see~♪なのだ。

という訳で、EXXONモノほどアメリカ臭さを感じませんが、進入禁止の道路標識を“DO NOT ENTER”有り仕様に修正すれば、アメリカ臭さが増すかも!?

| | コメント (0)

2019年2月27日 (水)

マルイ レーシング

01
020370~80年代な昭和のプラモの箱絵って堪らん訳ですが、マルイのレーシング系キットの箱絵がカッコ良すぎる!あんまり再版されなかったこともあり、いずれもハイプレミアとなっていますが、納得の存在感。

そんな感じで上画像は、ワールドチャンピオン&スーパーカーシリーズの「トムス16バルブスターレットレーシング」。これは90年代に復刻されたキットで、実在するレーシングカーですが、個人的には旧レーシングカーシリーズ時代やハイレーシングシリーズ(左画像はロゴ。渋いッ!)にラインナップされていた実在しないプライベイターなレース仕様車が堪らん!街道レーサーではなく、純レーサーである事に意義が有る。

という訳で、実車が買えないからプラモ。さらに絶版プラモが買えないから現行キットを加工…虚しさの境地だ。やっぱり実車がエエわぁ~!?



| | コメント (0)

2018年11月10日 (土)

ドリームチームⅡ

01
バルセロナ五輪のバスケットでNBAのスター選手を揃え、圧倒的な強さを世間に知らしめた「ドリームチーム」ですが、画像はその2年後に結成された「ドリームチームⅡ」のマクド・メニュー看板。「Ⅰ」の時にも同様の企画が行われた訳ですが、「Ⅰ」で選出漏れした選手中心のチームだけにややマニアック!ユニフォームが「Ⅰ」と同じだけに“そうじゃない感”強めです。個人的にはドミニクのカップが欲しい!

| | コメント (0)

2018年10月25日 (木)

미스터션샤인

01

02オリジナリティ溢れる韓流ブロックトイをリリースする韓国のオックスフォード社ですが、新作が渋い!画像がそれなのですが、イ・ビョンホン主演の韓国TVドラマ「ミスターサンシャイン」とのコラボ!?

3種類リリースされていますが、画像は劇中で登場するパン屋さん。実際のパン自体も韓国大手パン屋チェーン「パリバゲット」でコラボ商品が発売される等、盛り上がっているそうですが、西洋スタイルのお客にアジアンな建物!何か面白そう!

舞台が1871年という事で見た目はクラシカルな茶屋なのですが、ハイカラなパン屋と云う違和感が堪らん!?朝鮮でも文明開化の音がします。

03という訳で、他にも劇中に登場するホテルや路面電車など、懐古主義者には堪らん感じの製品がラインナップされているので、要チェック!ドラマの方は…これから見ますッ!?

| | コメント (0)

より以前の記事一覧