コレクション

2017年4月 6日 (木)

カーズ3!

0102今年の7月に公開予定の「カーズ3」ですが、予告編などが公開され、そのストーリーが気になるところですが、先行してレゴジュニアのセットが7種類公開されました。

画像は、初登場のヒスパニック系女性レーシングカー・クルス ラミレスな訳ですが、セットには予告編では公開されていない風洞装置やモニター(写っているのは宿敵ジャクソン・ストーム?)などが含まれていたり、何となくワクワクします。

他にもストーリーに関連しているであろう「Willy's Butte Speed ​​Training」や「Smokey's Garage」など予告編未公開のセットや予告編にチョロっと登場する「Thunder Hollow Crazy 8 Race」など、興味津々…。

03という訳で、その公開が待ち遠しい「カーズ3」ですが、次世代のハイブリッドレーシングカーに挑む、旧世代のストックカー…。アンチハイテク派の気持ちをスカっとさせる内容を期待しています。

| | コメント (0)

2017年4月 5日 (水)

Highwayman?

0102テーマに捉われない変ちくりんなラインナップが人気のレゴ・Minifiguresシリーズですが、画像は巷で出回っている新作画像!

人気は何といっても、定番の被り物系だと思いますが、今回はトウモロコシに扮した「Corn Cob Guy」と小型ロケット坊や「Rocket Boy」の2種。トウモロコシのオッサンの表情がエエ感じです。

個人的には「Hot Dog Man」(左画像参照)が気になる(一杯欲しい!)のですが、注目はシルエットのみが写っている「?」。Mr.ゴールドの様な“超レア”という訳ではなさそうですが、ラインナップを調べていくと「Mystery figure(Highwayman)」との事…。ハイウェイマン?追いはぎ?変な頭はハットなのか?興味が深まります。

03という訳で、レゴランドの高い入場料を払い夢を買うのか、Minifiguresシリーズを大人買いするのか悩ましいところです。

| | コメント (0)

2017年4月 4日 (火)

60153 楽しい金城ふ頭

0103先日、レゴランドジャパンが名古屋にオープンし、盛り上がっているようですが、当地・三河地方まではその熱が伝わってこないのが現状。

何気にオープン初日、伊勢湾岸道から同園のシンボルと思しき、展望タワーを拝み、若干 テンション上がりましたが、高い入場料や食事など、内容の割りに…みたいな声しか聞こえてこないのは、寂しい限り。

そんな感じで、入場料を払うくらいなら、実際のレゴを買って、空想上でレゴランドジャパンを描いた方がマシ…って思ってしまうボクの様なクソ野郎にオススメなのが、’17年後半のレゴ新製品『60153 Fun at the Beach』(邦題:楽しい金城ふ頭)。

残念ながら、金城ふ頭にはビーチもなく、スナメリはいてもイルカはおらず、沖合に’16モデルの「60130 Prison Island」が浮かんでいそうな雰囲気(個人的には好きなロケーション)なのですが、空想上で描くレゴランドのあるビーチはこんな感じだと思っていたい。

02という訳で、行きもせずレゴランドの事を、如何こう言う資格は一寸もないのですが、家族3人での入場料・19,100円…!?考えれば考える程、レゴが買いたくなる。レゴランドに行けない代わりに19,100円分のレゴを買っていいよって、頭の中のブロックが囁くのです!

| | コメント (0)

2017年4月 3日 (月)

防爆形自動式電話

01まだダイヤル式の電話が多く稼働していた頃、家を建てたら、コレをメインの電話機にしよう…そう思って、フリマで買ったのが画像の電話!

ちょっとアメリカの公衆電話みたいな雰囲気の黒電話な訳ですが、スチール製ボディがヘビーデューティな“防爆形”!02“防爆形”という言葉自体、聞き慣れない感じですが、爆発性ガスの存在する工場や炭鉱などで使用可能な仕組みとなっており、受信時の微弱スパーク(ジリリ~リン♪の前に鳴るチンってヤツ)が外へ放出されないという優れもの(左画像は現行モデル)。

イメージ的には、爆破に耐えうるG-SHOCK的なネーミングですが、あくまで爆破を防ぐためのモノで、丈夫かどうかはナゾ。とは言え、無駄に重たすぎるボディ。爆破にも耐えそうだ…。

という訳で、未だに固定電話回線を所有したことが無いので、使用機会を見合わせていますが、ガレージで使うならこういう感じの電話がいいに決まってる。

| | コメント (0)

2017年3月27日 (月)

켈로그 씨리얼카페

0102日本でもお馴染みの大手シリアルメーカー「ケロッグ」が、自社のシリアルを様々なスタイルで提供するシリアルカフェをニューヨーク・タイムズスクエアに出店し、話題となっていましたが、韓国でも昨年11月に『Kellogg's  Cereal Cafe』がオープンしていたらしい!?

そんな感じで、画像は韓国のブロックトイメーカー・OXFORD社(公式HP参照)の新作。企業コラボと言えば、もはや同社のお家芸な訳ですが、最新のカフェとコラボしてしまうなんて、とてもトレンディ!

セット内容についても、旧き良き’80sレゴを彷彿させるハリボテ建築に、同社が得意とする細かいプリント小物がぎっしり詰め込まれ、それらしくまとめてあるのは流石。テーブルやエプロンにおごられた小さな“Kellogg's”ロゴが何とも誇らしい。

03という訳で、『Kellogg's  Cereal Cafe』を手掛けるケロッグの現地合弁企業・農心ケロッグでは、4月1日から5月15日にかけて、OXFORD社が特別制作した限定版セットを5,500名にプレゼントするキャンペーンを開催するそうなので、気になる人は…自力で何とかしてください(現地のニュースサイト参照)。

※ちなみにキャンペーンのタイトルは「잃어버린 첵스초코 색을 찾아줘」。グーグル変訳によると「失われたチェクスチョコ色を見つけてくれ」キャンペーンらしい。何のこっちゃ?

| | コメント (0)

2017年3月20日 (月)

釣りバカ日誌

0102短いスパンで企業コラボ物を次々と投入してくる韓国ブロックトイ・OXFORD社(HP参照)の新作が画像の「배스보트 트레일러」!

一見、ただの釣りバカ日誌セットですが、韓国の大手釣具メーカー・JS COMPANY(HP参照)とのコラボ商品となっており、同社が取り扱うウェアやアイテムを装備しています。

トレーラーにパワーボートを載せてフィッシング…。贅沢な趣味である事は、お隣韓国でも同じだと思いますが、釣り具メーカーのブロックトイなんて日本ではまず考えにくい!

内容自体は、レゴでもよく見られるありきたりなトレーラーですが、トレーラー側のリアにもナンバープレートが付いているなど、OXFORD社特有の細かさは健在!?

03という訳で、パッケージに掲載されていない為、付属の有無は不明ですが、宣材写真には船上で主人に仕える犬が写っています。釣り人に犬は欠かせません!?

| | コメント (0)

2017年3月14日 (火)

本物の偽硬貨!?

0103「平成2年?昭和でゆうたら65年やなッ」って、言った事のある人は間違いなく昭和のおっさん!

そんな感じで、実在しない“昭和65年”の偽硬貨を使用したとして31歳の男が逮捕されたニュースが話題となっています。

普通の硬貨ではなく記念硬貨風というのが何ともお粗末…。ただでさえ記念硬貨なんて使ったら怪しまれるのに「これでイケる!」と思えた勇気・実行力を別のことにぶつけて欲しかったもんです。

とは言え、画像の様にコインコレクターの一枚として保管されていたとしたら、こういうモノがあっても疑わないかも?案外、記念硬貨って変な図柄のヤツが知らない間に出てます…。

ちなみにこの“昭和65年”1マソ円硬貨は、5年前にも同様の詐欺事件が発生していた為、珍品コインコレクターに売りつけた方が確実にお金になったのかも知れません(子供銀行のビンテージ鉄貨って、結構高い!)。

02という訳で、“昭和65年”と刻まれたあからさまに偽物と判る子供銀行ライクなオモチャ硬貨だったはずですが、2度もこうした事件が起きちゃうと“本物の偽硬貨”になってしまいます。

※左画像は子供銀行発行の東京オリンピック記念1000円鉄貨。渋いッ!


| | コメント (0)

2017年3月 6日 (月)

9225・Porsche 911 GT3 Cup

0102 昨年のパリモーターショーで公開されたポルシェカレラカップ用レーシングカー「ポルシェ911 GT3 Cup」の2017年モデルがプレイモービルより早々登場(公式HP参照)!

既に発売済みの「Porsche 911 Carrera S」 (品番:3911)を流用している為、オーバーフェンダーやエアロパーツ等の細かいパーツが再現されていないのが残念ですが、GTウイングやロールゲージがセットされ、ショーカーと同様のデカールが奢られる等、それらしく仕上げられているのは流石!

という訳で、2,000万円のクルマなんて到底 買えませんがプレイモービルなら…って、玩具のクセに高額商品(€44.99)。いずれにしてもお金持ちのアイテムだったりします(無念)。

| | コメント (0)

2017年3月 5日 (日)

Brick Generals

0102近年 本家レゴからもMinifiguresシリーズを筆頭に変な小物や珍キャラが登場していますが、“メジャー”故の制約がある程度ある様な気がします。その点、“インディーズ”的なノリのパチ物メーカーのラインナップは自由奔放!

そんな感じで、画像はレゴの互換パーツやフィグを多数ラインナップしているシンガポールの『Brick Generals』(公式HP参照)。HPでも堂々と“We base our minifigures on LEGO parts”と謳っていたり、他のパチ物メーカーよりもレゴへのリスペクト度高め!?

旧正月にちなんだイヤーモデルやご当地プリント物(左画像は「出前一丁」)など、オリジナリティがあって素晴らしい。さらに“Custom Minifigure Projects”と題して、本家レゴがやってくれないオーダーメイドでのオリジナルフィグ作成(オーダー出来るのかな~)も承っている様で興味津々!

03という訳で、金正恩をはじめ、SMカップル,SEXカップルなど、かなりブっ飛んだ製品をラインナップしているBrick Generalsですが、今後もレゴ社が出来ない“インディーズ”らしい奇抜な商品を期待しています。

| | コメント (0)

2017年3月 1日 (水)

Women of NASA

0102 「宇宙飛行士になりたい!」って、何となく男の子がいいそうな事だったりしますが、それはこれまで男性飛行士がメディアに取り上げられる機会が多かったから…?

そんな感じで、NASA(アメリカ航空宇宙局)のステム分野で活躍しながらも、あまりクローズアップされる事の無かった各分野の女性パイオニア5名のセットがレゴ・アイデア(提案したアイデアに投票10,000票が集まると商品化が検討されるプロジェクト)より登場!

「Women of NASA」(左画像参照,クリックして拡大)と名付けられ、ネームプレートを掲げ、額装できるようになっており、各々が研究や活動しているシーンを再現できる小物,小セットが付属している様です。

人類初の月面着陸でお馴染みのアポロ11号のフライトソフトウェア設計リーダーだったマーガレット・ハミルトン。NASAの黎明期よりコンピュータを駆使し天測航法の電算化と高精度化に努めた科学者キャサリン・ジョンソン。アメリカ人初の女性宇宙飛行士、サリー・ライド。NASA初の女性幹部であり、“Mother of Hubble(ハッブル宇宙望遠鏡の母)”で知られる天文学者ナンシー・ローマン。アフリカ系アメリカ人女性として、初めて宇宙飛行を行ったメイ・ジャミソン。各々について語りだしたらキリがなさそう…。

03 という訳で、NASAにおける女性の歴史,貢献度を未来に伝える素晴らしい知育玩具!娘をレゴランドで遊ばせた後はコレだなッ!?

| | コメント (0)

より以前の記事一覧