« サブマリンドッグ | トップページ | SG-1000ミニ! »

2020年10月 7日 (水)

ACETEC Joycom

01_20201008000401

03_2020100800080102_20201008000901

「ファミコン」と言えば、世界中で大ヒットした名機な訳ですが、基本的にオフィシャルで輸出されたのはファミコン規格ではなくNES規格。しかしながら、正規進出が遅れたアジア諸国では、NES規格の正規品よりもファミコン規格の本体,カセットのコピー品が広く流通しており、現在もファミコン規格の互換機が安定供給されまくっている。

そんな感じで、画像は正規輸入版「ヒュンダイ・Comboy」(左画像参照)と同年に発売されたファミコン規格の互換機「ACETEC・Joycom 100」。ファミコンカラーのNES風ボディにファミコン規格のスロット...といった如何にもパチ臭い感じですが、広告には堂々と“Nintendo”の文字?翌年に後継機種「Joycom 200」(連射機能付き)がリリースされるなど、ブランド力(ACETEC社はラジコンなど数多く手掛けた玩具メーカー)を活かして、強引に販売展開していた模様...。

という訳で、悪名高い“角ボタン”を採用するなど、謎多きハード「Joycom」ですが、使用ソフトがファミコン規格...って、やっぱりパチモノに違いない。

|

« サブマリンドッグ | トップページ | SG-1000ミニ! »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サブマリンドッグ | トップページ | SG-1000ミニ! »