« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »

2020年10月

2020年10月29日 (木)

ハッピーハロウィン!

01_20201030022901

02_20201030023001ハロウィン時期だが、今年はアレの所為でアレである。とは言え、コスプレしたくて堪らん!って、輩はバイクでやるしかない。
そんな感じで、画像は巷で見掛ける機会の増えた中華外装カスタム。一昔前は、精度が劣悪な粗悪品が多く、いいイメージがありませんでしたが、最近ではクオリティの高い製品も増えてきた気がします。また、元ネタがマニアック(セカンドチームやBSBなど)な純正風レプリカも存在しており、それなりの存在意義が生まれているのが素晴らしい。
という訳で、今年は「バイクでハロウィン」を推奨したい。ヘルメットは脱がない。集わない。そして、事故らない(←これが一番大事~♪)。これでコロナ対策もバッチリだ!?

| | コメント (0)

2020年10月28日 (水)

バーガーキング

01_20201029012801

新店舗出店戦略を公表するも、コロナ禍もあり苦戦を強いられているバーガーキングですが、いよいよオイラの街(基本的によそ者ですが...)にやって来る!12月から美合の日清紡跡にオープンするイオンタウン岡崎美合に出店するらしい。新しいモノ好きの市民性ゆえ、容易に混雑する様が想像できますが、近所にバーガーキングが出来るのは嬉しい限り!オープン記念のノベルティ配布とか、楽しみだなぁ~!!

| | コメント (0)

2020年10月26日 (月)

Surfite

01_20201027020201

02_20201027020301恥ずかしながらサーフィンをしたことが無い。でも、サーフカルチャーやサーフミュージックが大好きだぁ~って、輩はボクだけではないはず。そんな感じで、上画像はそんな“好き”を凝縮したRevell社のキット。エド・ロス?TIKI?だった青年時代(1993年頃?)に、このキットをGONESH No.8の匂いがプンプンする様な古着屋の隅で見つけ、サーフィンかっこエエなぁ~となり、憧れ続けて今に至る。
という訳で、丘サーファー歴27年!未だに波待ちである。最近は、丘サーフトリップ(波の無い穏やかな砂浜を探す旅)もしていませんが、サーフカルチャーへの興味は増すばかりです!

※ちなみにこのエド・ロス製作の「Surfite」には、ミニクーパーなどに搭載されていたオースティン製1,269㏄エンジンが積まれていたそうです!




| | コメント (0)

2020年10月24日 (土)

ウインカー

01_20201025005301

画像は“Cycle”誌・’69年4月号から。ウインカーが備わらない輸出モデルな訳ですが、耳が描かれていない顔の様に、ぎこちなく思えてしまうのは、“ウインカー有り”のオートバイを見慣れている所為かも?サイドカメラ装着でバックミラーのなくなった車にも同様の違和感を感じましたが、シリンダーヘッドやマフラーの無い電動バイクにいつまでも違和感を感じる老害で有り続けたいと思っています!
という訳で、’70年代頃にウインカーの付いたオートバイに違和感を感じていた人からすれば、“ウインカー無いの?”なボクは猛烈に青い!
※サイドカバーのエンブレム類が無い点も違和感Max!!

| | コメント (0)

2020年10月21日 (水)

ダンロップ!

01_20201022013401

画像の詳細は不明ですが、何をやっているかは一目瞭然!カメラマンがビデオを回している様なので、おそらくPVの撮影だと思いますが、こういうアナログな感じ...堪らん!?どれくらいの勢いで飛び出しているのかは分かりませんが、チャレンジしてみた...いや、カメラマンなら喜んでッ!!

 

| | コメント (0)

2020年10月19日 (月)

BIG EGG

01_20201020015701

02_20201020015801無駄に野球盤を買い漁っていた頃が懐かしい。月日が流れ、情熱がやや薄れたりする訳ですが、当時 あまり興味が湧かなかったチョイ古なアイテムも+10年の経過で見方が変わる...。そんな感じで最近気になっているのが、画像の『ビッグエッグ野球盤』。もはや“BIG EGG”という呼び方自体、懐かしい。箱に描かれた大リーガー(?)の雰囲気!?当時、唯一の情報源「大リーグアワー」で観たそれである!
“(選手名)の野球盤”みたいな派手さはありませんが、スポンサーシールが付属していたり、地味にマニアックなところが堪らん...様な気がしてきた。

| | コメント (0)

2020年10月16日 (金)

再生!Silvertone

04_20201017003601

01_2020101700360102_20201017004801つい最近入手(前回分参照)した...と思っていたら、既に7年が経過していたテスコ・TRG-1の輸出モデル“Silvertone”Ver.がついに復活!パーツを探したり、このギターの存在を忘れていたり、娘が小学校に行き始めたり、またこのギターの存在を思い出しパーツを探し始めたり...。

そんな感じで、ブツは揃った。ようやくO/H&修理開始!電子工作は面白い。でも得意ではない。配線図?電子コンデンサ?...まずそこからスタートって、オッサンには厳しい。やっぱり若き日に勉強はしておいた方がイイ!

配線図を自分なりに解釈し、手書きで書き直し、試行錯誤…。電子部品をとっかえひっかえ(汗)。まさに青春である。結局 ネット情報通り、悪名高きRIKEN製のパーツを全交換(って、言うとRIKEN製のものが悪いみたいですが、正確にはテスコの部品チョイスミス!?)する事になりましたが、この達成感!ライブと同じくらい好きです!!

という訳で、無事 直ってめでたし×2なのですが、いざ直ってしまうと、普通のギター(普通じゃないけど)。ちょっぴり興味が薄れてしまう...これは悪い癖である。
03_20201017004801※左画像は電池へのアクセス部分。本来は金属製のスライド蓋が装着されていますが、欠品につき、カードで代用。

| | コメント (0)

2020年10月13日 (火)

チャンバも走る~♪

01_20201014030801

歳を重ねるにつれ、より一層ノーマル志向が強まった気もしますが、単純にカスタムするのが面倒になってきたと言うのも本音。それ故、その逆(ノーマル戻し)も面倒臭い。また今さらノーマルマフラーに戻すのも、一度コンタクトにしたヤツが再びメガネにするみたいで野暮ったい!?そんな感じでチャンバーはそのまま。

| | コメント (0)

2020年10月11日 (日)

SG-1000ミニ!

01_20201012003701

レトロゲーム機のミニチュア復刻機って、ミニファミコン以降は一般人をそれ程巻き込まず静かなるブームとして続いている感じが、微笑ましい。そんな感じで、画像はミニチュア復刻が検討されているという「セガ ・SG-1000」!先日、ゲームギアのマイクロVer.をリリースし「小さすぎる」とマニアを絶叫させたばかりのセガですが、欧州で人気となったマスターシステムでもなく、ゴールドカートリッジでやや盛り返したマークⅢでもなく、同社初の家庭用ゲーム機「SG-1000」というのがアツい!!という訳で、正式発表はまだですが、勝手に収録タイトルを想像してワクワクしています。

| | コメント (0)

2020年10月 7日 (水)

ACETEC Joycom

01_20201008000401

03_2020100800080102_20201008000901

「ファミコン」と言えば、世界中で大ヒットした名機な訳ですが、基本的にオフィシャルで輸出されたのはファミコン規格ではなくNES規格。しかしながら、正規進出が遅れたアジア諸国では、NES規格の正規品よりもファミコン規格の本体,カセットのコピー品が広く流通しており、現在もファミコン規格の互換機が安定供給されまくっている。

そんな感じで、画像は正規輸入版「ヒュンダイ・Comboy」(左画像参照)と同年に発売されたファミコン規格の互換機「ACETEC・Joycom 100」。ファミコンカラーのNES風ボディにファミコン規格のスロット...といった如何にもパチ臭い感じですが、広告には堂々と“Nintendo”の文字?翌年に後継機種「Joycom 200」(連射機能付き)がリリースされるなど、ブランド力(ACETEC社はラジコンなど数多く手掛けた玩具メーカー)を活かして、強引に販売展開していた模様...。

という訳で、悪名高い“角ボタン”を採用するなど、謎多きハード「Joycom」ですが、使用ソフトがファミコン規格...って、やっぱりパチモノに違いない。

| | コメント (0)

2020年10月 6日 (火)

サブマリンドッグ

02_20201007024401

画像は今から15年前の写真!ステッカーチューンが何とも恥ずかしいサニトラショートは当時の愛車。そして、何よりも懐かしいのがこのロケーション!逗子の国道134沿い断崖絶壁にあった「サブマリンドッグ」。2006年に惜しまれつつ閉店した伝説のホットドッグ店な訳ですが、ロンドンバスの中で海を見ながら食べたホットドッグの味...毎回、テンションが上がり過ぎて、味の記憶が薄れているというのが本音。とは言え、ロケーション,雰囲気重視の雑な味ではなく、“本格的な美味しいヤツや~”って、毎回 感心してたのは鮮明な記憶である。
という訳で、お気に入りのお店がしばらく行かない内になくなってた...って、よくある話。まさにいつまでもあると思うな親と店。ホットドッグの味どんなんやったやろ?めっちゃ食べたいです。

| | コメント (0)

2020年10月 5日 (月)

ぼかし有り

01_20201006012501

Z900RSカフェの21年モデルとして、新色エボニーが登場!「カワサキのエボニー」と言えば、何となく男らしい武骨な単色カラーをイメージしてしまいますが、その辺は“カフェ”!ビキニカウル,タンク,テールカウルにぼかしが粋に入っています。グラデーションと言うより、塗装途中...っぽい感じがしなくもないのですが、その辺は“カフェ”!これがお洒落...だと言い切りたい。
という訳で、普通に単色で出せばいいのに...って、思ったりもしますが、〇〇ウォッシュ仕上げのジーンズみたいなノリで、ビンテージウェアなどと相性が良いかも!?

| | コメント (0)

2020年10月 4日 (日)

10年一昔

01_20201005020501

10年一昔…とよく言いますが、画像はちょうど10年前の同曜日。レッカーされるアルファロメオ!まさに厄日である。正確には、こうなるかも...という想定の中、こうなった感じだったので、「ざまあ」ってヤツだ。10年前なので、それなりにおっさんになりかけでしたが、オープンカーに浮かれていたのは言うまでもない。それにしても、10年って早い!
ちなみにこの時、壊れたのはクラッチペダルのリンク。懐かしいなぁ~!?


| | コメント (0)

« 2020年9月 | トップページ | 2020年11月 »