« Laverda125LZ | トップページ | X-6 HUSTLER »

2019年8月 5日 (月)

Kenzo Tada

01_20190806014501

日本人で初めてマン島TTレースを走った人物と言えば...多田健蔵!即答できる人はエンスー度高め。多田氏の功績については、他所の優秀ブロガーに任せて、画像はCycle World誌(’67年11月号)より。写真もたくさん残っている多田氏だが、あえてのコレ!
アジア人なんて欧米人にしてみれば同じ顔なのかも知れませんが、ちょっと偉人を紹介する肖像にしては酷すぎる(怒)。またキャプションに“in 1927”とあるが、多田氏がマン島TTレースに初参戦(ベロセット350ccを駆り決勝15位完走!)したのは1930年(昭和5年)のはず?日本人の扱いグダグダだなぁ~。
という訳で、朝鮮からハルビンに渡り、鉄道で欧州に入り、パリから船でドーバー海峡を越えて約40日かけてマン島に到着。その後、現地で1か月練習し本番。舗装路でのレースやオーバル以外のコースについて初レースながら、見事完走。しかも41歳でのチャレンジ!偉大すぎる!夏の自由研究は「多田健蔵」に決まりです。

|

« Laverda125LZ | トップページ | X-6 HUSTLER »

オートバイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Laverda125LZ | トップページ | X-6 HUSTLER »