« ダストビンカウル全盛期 | トップページ | SINCE 1949 SHIMONOSEKI »

2019年3月 8日 (金)

ネタの仕込み?

01
02今みたいにYou Tubeなどが無かった時代、お気に入りのアーティストのVHSを繰り返し×2、観ていたモンですが、そんな中でも大好きだったのが、THE WHOのピート・タウンゼントによるアンプやギターの破壊シーン。怪しげな露店で見つけた画質の悪いブートのライブVTRでしたが、当時のボク(17歳くらい)にとってはギター破壊のバイブルでした。

そんな感じで画像は、破壊パフォーマンスとは裏腹にギターをメンテナンスしているピート・タウンゼント…。ぶっ壊したギターからパーツを移植(ギター壊す人ある×2)しているのか、壊す用ギターの製作中(ジャンク品を強引に再生。これもギター壊す人ある×2)なのかはナゾですが、破壊パフォーマンスに関連しているに違いない。

という訳で勝手な想像でしかありませんが、こういうネタの仕込みって大事です!
※“壊したギターからネックを移植している”説が有力

|

« ダストビンカウル全盛期 | トップページ | SINCE 1949 SHIMONOSEKI »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ダストビンカウル全盛期 | トップページ | SINCE 1949 SHIMONOSEKI »