« アタリ五輪 | トップページ | 播州弁と神戸弁が混ざった音! »

2019年3月 5日 (火)

第一弾はシリンダーヘッド!

012
0203カワサキがZ1/Z2用のシリンダーヘッドを再生産…という旧車ファンにとって、明るいニュースがありましたが、シリンダーヘッド以外の部品やその他の絶版モデルの部品については、未定との事。

この種の絶版モデルの部品供給再開については、先行してホンダやUKスズキなどが、力を注ぎ始めている様な、いない様な感じですが、旧いモノを見直す風潮は、何とも嬉しい限り!

とは言え、当時の図面を元に、現代の製造技術・製造法によって再現…とか言われると、その最新技術を駆使して、車体ごと完全復刻すればいいのに!って、思うのが正直な感想。

という訳で、排ガス問題?ブレーキ性能?今の技術を持ってすれば、当時の形のまま作れるはず!すでに色褪せた美しいデザインは、いつまでたっても色褪せない!?

|

« アタリ五輪 | トップページ | 播州弁と神戸弁が混ざった音! »

オートバイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アタリ五輪 | トップページ | 播州弁と神戸弁が混ざった音! »