« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月

2018年12月28日 (金)

Hakaida Squad

03
01思い込みや低探求心などから、覚え間違いしている事って多い…って、昨日も書きましたが、ハカイダー4人衆ってハカイダーの750SS(白いカラス)率いる350SS軍団(赤・青・銀)かと思っていました。

しかしながら、よく見ると銀のハカイダーのマシンが750SS…(昨日分参照)。そう思っちゃうのも前述の思い込み!キカイダー01の第一話を確認すると、意外にも身近なマシン500SS・H1B!

サイドカバーの“250”を確認できていないので明言できませんが、この流れで行くと、ハカイダー4人衆って、実はカワサキ’72年式トリプル4人衆なのでは…って妄想。

という訳で、試作車・GT500マッハⅢサイドカーを貸出すなど、単なる車両提供の枠を超えていたカワサキ×キカイダーだけに、ハカイダー4人衆はマッハシリーズのプロモーションだったと勘違いする事にします。


| | コメント (0)

2018年12月27日 (木)

ハカイダー4人衆

01
思い込みや低探求心などから、覚え間違いしている事って多い…。
そんな感じで画像は、尊敬して止まない孤高のマッハ乗り・ハカイダー率いる「ハカイダー4人衆」。クローン版ハカイダー達のマシンって、全員ブラックレインボーの350SS…だと思い込んでいましたが、よく見るとシルバーのハカイダー“S”のマシンが…!?

| | コメント (0)

2018年12月25日 (火)

GS450GA Suzukimatic

01
0203オートバイの事なら、大抵“知ったか”出来ると思っていましたが、恥ずかしながら、最近その存在を知ったのが画像の『スズキ・GS450GA』!

ネーミング的に欧州仕様のGS450をベースとしたシャフトドライブのオッサン仕様かぁ~って、軽視していましたが、“A”やサブネームの“Suzukimatic”の通り、オートマ仕様の派生モデルらしい…。

82年から83年の2年間製造された様で、当然ライバルはホンダの“Hondamatic”!ホンダマチックと言えば、CB750AエアラやCB400Tホンダマチックが有名ですが、国内での不人気に懲りず、CM400A Hondamatic/CM450Aといったオートマ車を欧州向けにラインナップしていた模様(それは知ってた!)。

という訳で、この種のオートマ仕様のオートバイがヒットしないのは、いつの時代も、何処の国でも同じですが、どういう乗り物なのかは気になります!?



| | コメント (0)

2018年12月24日 (月)

ドライブスルー

01_2
様々な企業がクリスマスに因んだユニークな広告を発信していますが、画像はマクドナルドジャパン!サンタがそりでドライブスルー。ほのぼのとしていて良いのですが、自動車以外の乗り物でドライブスルーに侵入すると、直ぐに嫌な顔をするマクドナルドジャパンだけに、この広告は挑戦的…まぁ、そんな事はクリスマスだから善しとして、サンタは何を注文したのだろうか?きっとアップルパイだな!

| | コメント (0)

2018年12月23日 (日)

マリオクリスマス

01
“老若男女みんな大好き”感漂うメジャー臭から、いつの日からか“アンチ任天堂製”となっていましたが、マリオは巨人軍・長嶋茂雄!やっぱり別格です。ちなみに画像は89年に発行された任天堂公認のクリスマスカード。12枚が1セットとなっていて、他のデザインも秀逸です!

| | コメント (0)

2018年12月22日 (土)

枕元にマスターシステム

01サンタクロースにファミコンをオーダーし、朝起きて枕元にあったのがセガ・マークⅢやマスターシステム…幸いその様な思い出は有りませんが、あんまり高価なモノをオーダーすると「本」になるので要注意!?
そんな感じで画像は、オーストラリア/ニュージーランド最大の老舗スーパーマーケットチェーン・WOOLWORTHSのクリスマス広告。めっちゃセガ推しです。日本国内ではファミコンに圧倒的シェアを握られていたセガですが、任天堂不毛の地にアーケードタイトルを引き下げ上陸する戦略で、欧州や南米では善戦。オセアニアではどうだったのだろうか?

| | コメント (0)

2018年12月21日 (金)

オーダー表

01_2
クリスマスまであと数日。サンタクロースへのオーダー表の書き換え,新規オーダーは受理されない可能性が高い!そんな感じで画像はアタリ1983年のクリスマス広告。欲しい物を5つ選ぶ…こういうワクワク感。忘れてはいけない!?

| | コメント (0)

2018年12月20日 (木)

回顧・2008年普通の日

01
2008年ガレージにて…さすがに10年前!画像が200万画素のデジカメで撮った所為か古く感じますね~!おそらくガレージを片付け、ディスプレイ完了…だと思いますが、よそ行きな感じで、わざとらしい。遊んでる感が感じられません!?やっぱり散らかってる方がそれっぽい。

| | コメント (0)

2018年12月19日 (水)

回顧・2009年普通の日

01
2009年ってもう9年前だけど、そんなに前の様に感じない…って、老化の証。ちなみに画像は2009年の一般的な寝る前の様子!ガレージライフ(19時~22時)、ブログ更新(22時~23時)、ネットサーフィン(23時~25時)からの風呂上りで、TV鑑賞なショットだと思う。当時は、連日 規則正しく不摂生に過ごしていたモノです。

| | コメント (0)

2018年12月18日 (火)

回顧・2010年普通の日

01
画像は最近…と思いがちですが、もう8年前。早いモンです!おそらく部屋の壁を埋め尽くし、満足していた頃だと思います。何かよく判らんけど、ゴチャしていて愉しそうだなぁ~!?
※当時は放送用マイクの蒐集・レストアブームでした。

| | コメント (0)

2018年12月16日 (日)

EA489

0102ワーゲンのトラック…って聞くと、タイプ2などのお洒落なトラックを連想しますが、1975年に発表されたユーティリティ・ビークル「EA489」!

空冷フラット4をシンプルにFFレイアウトし、無駄な装備を一切省いた質実剛健なつくり、無機質なネーミング、初期のポリゴン画像みたいなデザイン!構内作業車フェチには堪らん感じ!?

このモデルは、西ドイツ・ハノーファー工場で’75年から’79年にかけてコンプリート・ノックダウンキットが生産(メキシコでも自国向けに生産)された世界戦略車の一つで、東南アジアを始めとした発展途上国向けに輸出(現地組み立て?)されていたらしい。

03という訳で、生産台数については、西独製キットが2,600台、メキシコ生産が3,600台と世界戦略は失敗に終わった模様。めっちゃレアっぽい!?

| | コメント (0)

2018年12月15日 (土)

中華マニュアル

0102メーカー純正のサービスマニュアルが入手困難なモデルの整備書を多数ラインナップする英・ヘインズ社ですが、画像は、メーカー純正…というより、メーカー自体も怪しい中華ブランドの125㏄モデルを網羅したマニュアル(品番:4871)!

基本的には、似たような空冷シングルやツインばかりですが、カブ系中華ユニットで名を馳せた「リーファン」やネタとしてよく引用される「スキダ」や「ヤマザキ」、なぜかMotoGPに参戦していた「ロンシン」、伝統の英国車から名前だけを引き継いだ「AJS」など、日本でもお馴染みの中華ブランドからマニアックな部類まで多数収録!

また中華だけでなく、「デーリン」や「ヒョースン」などの韓国メーカー、「キムコ」や「SYM」などの台湾メーカーまでも収録しているのが凄い。

という訳で、ヘインズから整備書がでるくらい中華ブランドが欧州で幅を利かせている事にビックリ!日本で中華マシンを弄るような輩にこんな整備書なんて不要だと思いますが、ネットオークション等で中華マシンをつかまされ、困っているという人は要チェック!?




| | コメント (0)

2018年12月14日 (金)

ふゆばれ

01
02_4今日は冬晴れ!しかしながら、風は強い。でもバイクなら、風と同じ方向に進めば気持ち良い冬晴れ!?そんなオフショア気味の風に乗って、辿り着いたのが、画像の浜(手前に浮かんでいる島は沖島という無人島)。潮干狩りシーズンになると、無駄に賑わう同エリアですが、この時期は静かでエエ感じです!



| | コメント (0)

2018年12月13日 (木)

7ボーンスタイル!!

01
0203ビジネスモデルのPRにも、気合が入っていた時代!何となく羨ましい。景気が良さそうだ!そんな感じで画像は’66年に発売されたヤマハ90H3の広告。

「7ボーンスタイルと呼んでください」
“セブンボ~~ンっ!”って、叫びたいところですが、その温度感…現代ではなかなか理解しづらい!漢字の画数を確かめるかの如く、1ボーン・2ボーン・3ボー…とやりたくなりますが、パッと見では7ボーンらしさを感じさせないのがミソ。まさに「女の子もそのタフさとスマートさにマイッタ、マイッタ」である!?

「オートルーブで差をつける!」
これは混合給油マシン乗りなら、うなづけるキャッチ。そして、この広告レイアウトとモデルの表情。マイッタ、マイッタである!

という訳で、昭和の広告って面白い。インターネットもなかった時代だけに、言ったもん勝ちで、聞いたもん勝ち(?)。「7ボーン」に感動できない自分の感受性にガッカリします。

| | コメント (0)

2018年12月12日 (水)

赤い神社仏閣

01_2

最近は部品交換会で、神社仏閣なホンダ車を見る機会が減りました!土に還ってしまったのか、それともガメているコレクターがいるのか、2000年頃は部品交換会でも部品取り車をよく見掛けたのに…最近は全然 見ない。ちなみに画像は63年の北米向け広告から寄せ集めですが、赤い神社仏閣!めっちゃエキゾチック・ジャパ~ン♪サンタとCA95の組合せが渋すぎる。

| | コメント (0)

2018年12月 9日 (日)

浜名湖2&4スワップミートVol.19

01
今日は浜名湖競艇場駐車場で開催された「浜名湖2&4スワップミートVol.19」を早朝5時から芝生エリアで満喫!早朝は劇的に冷え込みましたが、太陽が出てきてホヤぁ~ん(風は強いが…)、冬開催時の太陽を感じるこの瞬間。大好きです!
ミュージックブースからライブの音が聞こえてきたり、OHVカブのパレードラン!嫁いでいく農機具!何となく牧歌的でゆるい感じが堪らん!

| | コメント (0)

2018年12月 7日 (金)

12/9は「浜名湖2&4スワップミートVol.19」

01
今週末の12/9(日)は「浜名湖2&4スワップミートVol.19」(詳細は公式HPへ)!予報ではかなり冷え込むそうですが、天気はエエらしい。晴れの浜名湖最高です!楽しみだなぁ~。

| | コメント (0)

2018年12月 5日 (水)

コミネ・エース

01
カウルの無いスッキリとしたオートバイらしいフォルムが好き…って、言いながらも有ると便利なことぐらい判ってる!そんな感じで、画像はコミネオートセンターが70年代に販売していたウインドシールド「ACE」。画像の通り、全体がクリアでノーマルのスタイルを崩す事無く、ポン付け(ハンドル要交換)できるロケットカウル…。存在感が無さそうで、めっちゃ強め!ヘッドライトの照らし具合も気になります!

| | コメント (0)

2018年12月 3日 (月)

Tacoma holiday

01
クリスマスムードを徐々に盛り上げていこうと思う訳ですが、画像は’79年のトヨタ・タコマの広告!段ボール一杯に買い込んだプレゼントをシングルピックの荷台に放り込む模様。ワイルドです!
そんな事より、荷台の上で老人と少年?タコマ一家はどういう家族構成なんだろう?

| | コメント (0)

2018年12月 2日 (日)

Z50RD '86 Special

01
昨日に引き続き、USホンダのクリスマス限定車!画像はモンキーベースのコンペモデル・Z50Rのシルバーメッキ仕様『Z50RD '86 Special』。日本のモンキーでも、「東京リミテッド」など、シルバーメッキ仕様は存在しましたが、赤シートに赤グリップがイカしてる!
クリスマスにシルバーメッキ…やや寒々しいのですが、メッキタンクに映り込んでいたであろうモミの木。想像するとワクワクがとまりません!

| | コメント (0)

2018年12月 1日 (土)

ATC70 Christmas Special

0201サンタクロースがATC90(上画像参照)に乗って、プレゼントを持って来ないかなぁ~って、ワクワクする師走!そんな感じで右画像はATC70のクリスマス限定車!?

“Blue Christmas Special”とか“X'mas Edition”など、様々な呼び方をされていますが、83年に発売された青の限定カラー。Std.が既にクリスマスな赤を採用している為、青なのかも知れませんが、 見慣れていない分 カッコ良く見えるのは限定車の役得。

個人的にATC70と言えば、手入れ不足で土に還してしまった苦い経験のあるモデルですが、砂浜とか雪道とか、車体が傷みそうな場所でこそ楽しいマシンでした。過去に所有したマシンに心残りはない方ですが、ATC70はめっちゃ面白かった。

03という訳で、3輪バギーって“ゆるい”雰囲気が有りますが、北米で発禁となるほど、乗り方によっては転倒の危険性が多いスリリングな乗り物…だが、それが3輪バギーの魅力なのだ!




| | コメント (0)

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »