« | トップページ | 岡崎泰平の祈り »

2018年11月23日 (金)

華の72年組

0103愛して止まない’70年代国産旧車ですが、近年の価格高騰ぶりには、吐き気がします。雑誌を見てても、人気モデルは200万...300万円は当たり前!凄い時代になりました。

そんな感じで、画像はヤマハ・TX750の73年ドイツ版広告。TX750と言えば、Z1,750SS,GT750といった絶版名車が揃ってリリースされた“華の72年組”な訳ですが、ダントツで人気薄…。

バランサー機構内蔵の並列2気筒SOHC、ドライサンプ潤滑、対向ピストン式キャリパー、アルミリムなど、先進技術を採用したヤマハ初のナナハン…やっぱり同期に比べ、“ウリ”が弱すぎる!

02_2という訳で、当時の人気がそのまま現代の価値に反映されている残念なパターンですが、画像の様に少し“モラれた”イラスト画を見ているとカッコいい様な気がしなくもない。ちなみのこのドイツ版イラスト広告は、いずれも秀作揃いです(左画像はRD125,クリックすると拡大)。

|

« | トップページ | 岡崎泰平の祈り »

オートバイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« | トップページ | 岡崎泰平の祈り »