« ライオン像… | トップページ | メガドラの湯 »

2018年9月19日 (水)

NORKAW

0103ノーカウ?ノーカー?何と読んでいいのか、知る由もありませんが、画像はノートンのフェザーベッドフレームにカワサキ・Z1のエンジンを搭載した『NORKAW』!

この種のノートン製フェザーベッドフレームを使ったカスタムと言えば、トライアンフを積んだ「トライトン」が有名ですが、この『NORKAW』を手掛けたミック・キング氏(カナダで2輪ディーラー,カスタムショップを経営していた英国人)は、NSUの自動車用4気筒を使い、世界で初めてノートンフレームに4気筒エンジンを搭載した人物(左画像参照)。

Z1のフレーム自体、フェザーベッドフレームでは…とツッコミどころ満載ですが、車両重量が約204㎏とZ1よりも20㎏以上もの軽量化を実現。またフロントブレーキにヤマハTD3のドラムブレーキを組むなど、性能とクラシカルなルックスを両立している点が素晴らしい!

という訳で、オリジナルのZ1と比べて、運動性能や乗り心地はどうだったのか気になるところ。当時の文献によると、「ノートン」に比べれば、信頼性や運動性能は優れている…との事(そりゃそーやろぉ!?)。

|

« ライオン像… | トップページ | メガドラの湯 »

オートバイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ライオン像… | トップページ | メガドラの湯 »