« A couple of winners. | トップページ | SIX BIKE 350 COMPARISON TEST »

2018年9月12日 (水)

トヨタロボ1957

0102最近の自動車は運転アシスト機能も当たり前!自動運転についても、もうそろそろかも?自動運転って想像するとワクワクします!とは言え、人工知能が捩れ、所有者に嫌気がさして逃走とか、勝手にクルマ同士が団結し、人間を攻撃し始めるとか、SF映画的な事も考えられなくもない。

そんな感じで、画像は’57年(昭和32年)に日比谷公園で開催された東京モーターショーの前身「全日本自動車ショウ」でのトヨタブース!注目は、小型タクシーの排気量上限拡大(860㏄→1000㏄)に合わせ、小型タクシー市場(ファミリーカーの時代はもう少し後)に送り込まれた新型車「コロナ」なのですが、ブースには画像のロボットも出展。

詳細について、多く語られていないところをみると、先進のテクノロジーを駆使した云々…ではなく、子供騙しな置物だったのかも?とは言え、胸の“TOYOTA”エンブレム。他車流用と思しき、計器類やヘッド部分のパーツ。工業製品然とした雰囲気が堪らん!

という訳で、自動運転しかりAIにロボット…。個人的には前述のSF映画的恐怖から「想像しても創造してはならない」と警鐘をならしたい(老害スマソ)!クルマ自体、人間の与えられた能力を上回る速度で移動できる“バベル”なアイテムなのだから、進化も程ほどでいい様な気がしています。

|

« A couple of winners. | トップページ | SIX BIKE 350 COMPARISON TEST »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« A couple of winners. | トップページ | SIX BIKE 350 COMPARISON TEST »