« 多分、日本未発売… | トップページ | 澳門格蘭披治大賽車 »

2018年1月 9日 (火)

起亜RAY

0102’16年に日本で売れた韓国車(乗用車)の台数がたった7台というのが、以前話題になっていましたが、街で韓国車を見掛ける機会って皆無に等しい。とは言え、世界的にはまだまだ元気(なはず…)。

そんな感じで画像は、韓国・OXFORD社から新発売された起亜の新型「RAY」のブロックトイ。RAY?レイ?なのですが、見た目の通り、1リッターのコンパクトカーらしい。’18年モデルではフェイスリフトが図られ、新型グリルや円形フォグ、LEDデイタイムランニングライトが採用され、精悍な顔立ちに…。

そんなNEWモデルをOXFORD社が製品化してしまったのですが、現代的(ヒュンダイ的と読んでしまった諸兄はやや疲れ気味!)な6ポッチカーというのは、何とも残念。

という訳で、往年のレゴ街シリーズを彷彿させるお店モノが秀逸なOXFORD製品だけに、昔ながらの4ポッチ規格でコンパクトカーを表現して欲しかった…。


|

« 多分、日本未発売… | トップページ | 澳門格蘭披治大賽車 »

コレクション」カテゴリの記事

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 多分、日本未発売… | トップページ | 澳門格蘭披治大賽車 »