« アウディ・バス?ベンツ・バス? | トップページ | “You won't part with yours either” »

2017年12月20日 (水)

Fender Tim Armstrong Hellcat FSR

0103ランシドのティム・アームストロングのギターと言えば、クタクタのグレッチなんかを想像しますが、4,5年前(?)に発売された彼のシグネイチャーモデルは60年代のフェンダーをベースに製作された入門用のエレアコ!?

安価な価格設定やチューナー内蔵のFishman製プリアンプなど、入門者に優しいパッケージングがとても魅力的な訳ですが、自身のレーベル・ヘルキャットレコードのロゴやスカルがインレイに刻まれ、とてもパンキッシュ!以前 チェッカー柄の限定品などもリリースされていましたが、先日発売されたのが画像のサファイヤブルーVer.。“主人公じゃない感”が堪らなく渋い!

という訳で、シグネイチャーモデルゆえにその対象者の“色”が気に入らなければ、元も子もないのですが、’90年代中頃にメロコアとかに夢中だった輩が久しぶりにギターを弾くならエレキじゃ無くて、こういうアコギがエエかも!?しっとり、当時のパンク(メロコアやスカコア)ナンバーを大人らしく大人しく弾くのも悪くないと思います。

|

« アウディ・バス?ベンツ・バス? | トップページ | “You won't part with yours either” »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アウディ・バス?ベンツ・バス? | トップページ | “You won't part with yours either” »