« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月

2017年9月30日 (土)

復活!コモドール64

0102“ミニファミコン持ってるねん”って、聞いても本当のレトロゲーム好きかどうかは怪しいモンですが、コモドール64(左画像参照)の“ミニ版”が発売される…って、聞いて“いつ?いくら?”って、hshsしてしまった輩はおそらく、レトロゲーム好き!個人的にはコモドール64の廉価版「マックスマシーン」ユーザーなので、めっちゃ気になる!

そんな感じで画像は、先日発表されたコモドール64の50%スケール・レプリカ『THE C64 MINI』。「Uridium」や「Paradroid」、「Mont Mole」…など、名作64タイトルが内蔵され、レトロな専用ジョイスティックが付属。さらにキーボードが使用できるのか、公式HPにはアナウンスがありませんが、キーボードやジョイスティックを追加できるUSBポートを2系統設置。何となく、拡張性が無いでもなさそう!

またHDMI出力によって、高解像度での出力が可能との事ですが、昔の様に小さいモニターへ接続すればより雰囲気がでそう!?

03という訳で、コモドール64は単なるゲーム機ではなく、れっきとした“ホームコンピュータ”だけに前述の様な拡張機能に期待したい。シンセサイザーとして使用したり、無駄にコレで家計簿とかを付けたいモノです。

| | コメント (0)

2017年9月29日 (金)

抜き打ち検査がやって来る…

01
02「日産、全工場でずさん検査」というのが大きく話題になっていますが、完成車の完成検査を行っていた人が一部“完成検査員”ではなく“補助検査員”だったらしい。

国土交通省の抜き打ち検査で発覚したそうですが、“完成検査員”と“補助検査員”の能力差なんて、微々たるものではないか?場合によっては若くて熱心な補助検査員の方がよく見れているかも…って、思ったりもしますが、その辺はルールに従うしかない。

という訳で、完成検査ではじかれるレベルの車両が市場に出回っていないことを願うばかり。そんな事より、“抜き打ち検査”って嫌っぽい響きです。

| | コメント (0)

2017年9月28日 (木)

9282・Skischule

0102 スキー物がお国柄なのか充実しているプレイモービルですが、画像は最新作「9282・Skischule」(勝手な邦題:クマちゃん先生のスキー教室)!

タイトルの通り、スキースクールを題材としている様ですが、インストラクターが着ぐるみ?欧州での幼児向けスキースクールがこんな感じなのか、知る由もありませんが、何とも愉しそう!?

そして左画像がインストラクターの正体ですが、普通の青年が入っていて一安心。出来れば、悪党ズラのおっさんの方が面白かったのですが、その辺は知育玩具。

という訳で、今シーズンのプレイモービルにはスキー物が沢山ラインナップ(下画像は「9284・Skifahrer mit Snowblades」(勝手な邦題:ヤバそうなベテラン・スキーヤー)されているので、季節を先取りしてイメージトレーニング等に活用したいものです。03

| | コメント (0)

2017年9月27日 (水)

TPOに合わせて磨く

01
02スタウトに乗っていたのって…最近かと思っていますが、データ上ではやや古い過去。そんな感じで画像は’08年デッドヒィト三河の前日。

トラックは汚れていて善し…という先入観から普段、洗車したり磨いたり殆どしませんでしたが、ピカピカのアメ車ズラリの中では失礼。そんな感じで、珍しく磨いた時の様子。

常にこういう状態をキープしておくべきだったのですが、やっぱり中途半端に汚いよりは綺麗な方がいい。とは言え、トラックはトラックらしくあるのが自然。元来、ショーカーにはなり得ないのだ。

という訳で、ピカピカのトラックで運搬作業は、綺麗なジーパンで作業しているみたいで気が引けたりするのですが、TPOに合わせて磨いたりした方が良い!



| | コメント (0)

2017年9月26日 (火)

20年ふた昔

010210年前の2007年は最近の様な錯覚を抱きますが、もう10年前の1997年なら流石に昔!何と言っても20世紀!?ボクの髪の毛がモジャモジャです…(左画像参照)。

そんな感じで、画像は’97年シーズンのセックスヒットラー。バンド自体はメンバー間のトラブル(♀関係)で空中分解寸前だったのですが、個人的にはこの時期のハードコアっぽい音が好きでした。

そんな時期を支えてくれたのが、画像一番左でベースが一際大きく見える男、テチュ腕アムロ。前述のトラブルの張本人な訳ですが、それまで適当だったベースラインを見直し、曲のアレンジをよく考えてくれたものです。後加入ながら、古巣メンバーを凌ぐ“セックスヒットラー愛”とても嬉しかった…。

という訳で、テチュ君にはあれから20年会っていませんが、どういうオッサンになっているのだろうか?ライブ前夜にアクセサリーを付けるor付けないの相談や“ベース位置(ストラップ長)はコレでいいかなぁ~?”など、くだらない質問をしてくるベース小僧でいて欲しいモンです。

| | コメント (0)

2017年9月25日 (月)

2007年ガレージブーム

01十年前、2007年…と言っても、そんなに前っぽい感じがしませんが、“平成19年”って言うと結構 前っぽく感じてしまいます。

そして’07年の個人的なブームと言えば、後の人生・価値感に大きな影響を与えたと思うガレージブームの到来!

近所に電源有のシャッターガレージが新築された事と実家の荷物を整理して欲しいとの要望が重なり、スタートしたガレージライフでしたが、この後の4年間はほぼ毎晩ココにいました。

02千客万来だけど、自分から人は招かない…。勝手に作ったルールに則り、一人の時間を思う存分 楽しんでいた様な気がします(左画像はコカ・コーラの大型看板を修復中の様子)。

という訳で、当時 自分を“アクティブな引きこもり”と呼んでいましたが、やりたい事を徹底的にやり込んでいただけ!?でも、少しだけ人のお役に立てれば…とブログを毎日綴ったモノです。懐かしいなぁ~。

| | コメント (0)

2017年9月24日 (日)

みんな何処いった?

01
02昔、乗っていたクルマについて語るのって、元カノの話をしている様で、女々しくて女々しくてつらいよぉぉ~♪なのですが、未練が残るマシンが画像のアルファスパイダーsr.3!

車両は安かったのですが、次から次へと壊れ、膨らむ修理代に部品代…。まともに乗れるようになったのは、半年くらいたってから!?

こんなことなら、最初から壊れない国産のオープンカーにしとけば…なんて思ったことは一度もなかった。ガレージを開けると飛び込んでくる美しいボディ。わざわざ、このマシンの為にシャッターガレージを借りた訳ですが、何となくイタリア美熟女を監禁しているかの様なヤバエロい錯覚すら覚えたものです。

という訳で、街中でアルファスパイダーに出会う機会が全く無くなりましたが、みんな何処へ行ってしまったのだろうか?



| | コメント (0)

2017年9月23日 (土)

サニトラ

01
0203街を元気に走るサニトラを見ると“エエ車やったなぁ~”って、色々な思い出が蘇ります。もうサニトラを下りて12年…。早いモノです。

画像のサニトラ(最終型ショートボデー)には、’00年から’05年の5年弱乗りました。伊豆(城ケ崎海岸観光中に発見!)でラジエータに穴が空いたり、伊丹空港地下道内でヘッドライトONと共に謎の充電器系不良などがありましたが、後に乗ったスタウトやアルファスパイダーそして今のV230に比べて、トラブルも少なく優等生でした。

個人的には“ザ・昭和日本”なフロントマスクが最後まで好きになれませんでしたが、リア廻りや車内は結構気に入っていました。特に3連メーター風に仕込まれたオプションの時計がお気に入り!スピードメーターと同じΦ径で時計…時は金なり。このクルマで素敵な時間と無駄な時間を一杯過ごしたもんです。

04という訳で、気付けばサニトラも絶版旧車としてエエ値段で取引されているからビックリ!?とりあえずOBから言いたいのは、オートバイのトランポに使うなら絶対にロングボデー!ショートだと250㏄くらいでパツパツです(上画像参照)。

| | コメント (0)

2017年9月22日 (金)

10837 Santa's Winter Holiday

01
02もう9月も終盤。子供的にはX'masプレゼントに何をお願いするか真剣に考え始める時期。そんな感じで画像はレゴ・デュプロの新製品『10837・デュプロのまち”サンタさんと雪あそび” 』!

タダでさえ、遊ぶ期間が短いデュプロ(対象2歳~5歳)なのに、季節が限られるX'masモノ…。結構 挑戦的な商品だと思います。そう言えば、デュプロにサンタクロースなんてあったっけ?

とは言え、サンタに子供2体、トナカイにリス(?)、クマのぬいぐるみとフィグ多め!プリントブロックも雪だるまやプレゼント類など多数。ツリーもあって、とても楽しそう。

という訳で、X'masプレゼントというよりはX'mas前に遊ぶアイテムだったりするのですが、対象年齢を過ぎてもX'masのディスプレイに長年使えそうな感じなので、前述の様なデュプロ系タブー(実動期間が短い)は無視して投入したいモノです。



| | コメント (0)

2017年9月21日 (木)

Aiwa CSD-GM1

0103“昔、叩き売られていたのに買い逃したぁ~”って、よくある事ですが、画像は個人的なそういうアイテム『Aiwa CSD-GM1』(’94年9月発売)。

画像の通り、CDラジカセにメガドライブさらにメガCDが合体!というキワモノ。ファミコンをテレビに内蔵した『シャープ・ファミコンテレビC1』(左画像参照)やそのスーファミ版『SF1』というのもありましたが、このCSD-GM1はCDラジカセにメガドラ内蔵…ではなく、CDラジカセに“台座”的なメガドラが付属(メガドラ部分を外し普通のラジカセとして使用可)しているという点がミソ(クソ)!?

映像が楽しめるCDグラフィックス(カラオケなど)対応のCDラジカセゆえに、テレビに繋ぐモノですが、全然システマティックな感じがしない…。

という訳で、カラオケをするお祖父ちゃんに孫がねだったのだろうか、どういう客層に向けた商品だったのか謎すぎる。価格についても、同年末に発売されたセガサターンと同じ45,000円って、強気すぎる!

| | コメント (0)

2017年9月20日 (水)

Z900RS

0102東京モーターショーでの正式公開がアナウンスされ、ディザー動画が話題のカワサキNEWモデル・Z900RSですが、旧車ファンにとっては「オぉ~?」と思いつつも、Z900ベースのハイテク現代車だろぉ…だったりします。

とは言え、動画では冒頭にZ1が登場し、チラチラ映る火の玉タンクやZ2ミラー,砲弾型2連メーターなど、Z1な意匠が確認でき、どんなマシンが登場してくるのか興味津々。

大きなラジエーターに“わて空冷に憧れてますねん”なエンジンフィンの時点で、やや萎えますが、オートバイに跨るライダーの姿勢は正統派ネイキッド…に違いない。

03という訳で、この種の“伝統の名を冠した”系のマシンって、先代が偉大過ぎて名前負けするイメージが有りますが、“RS”の名が復活することに意義があります!?ちなみに左画像は今から11年前に後輩が買ったZ2。元気に乗ってるのかなぁ~。

| | コメント (0)

2017年9月19日 (火)

10年ひと昔

01_210年ひと昔…ってよく言いますが、「’07年モデル」って聞いても、そんなに前と思いません。でも気付けば、今年で40歳!?

趣味に没頭するあまり、恋愛とか忘れてた30代前半。この1年で結婚相手が見つからなかったら、40歳で無人島へ移住しよう…と企んでいた34歳。なぜか結婚できた35歳!父親になった36歳!?大腸の半分を摘出する大手術を受けた38歳。娘との「アルプス一万尺」が何よりも愉しい現在…。振り返れば、10年ってやっぱり“一昔”。それなりに歴史あり!

02そんな感じで画像は、鈴鹿サーキットで開催されたクラシックイベントの様子(パレードランでH1Bコースイン!)ですが、10年前のボクを象徴するような画像。スタウトでの外出は、渋滞を避け、早朝もしくは深夜に必ず出発してました。そして、よく単車を積んで走り回っていたと思います。まだガレージライフをスタートしていなかったので、結構アクティブに動いていた様な気もします。

という訳で、大人になると歳をとるのが早くなった…とか爺臭いことを言ってしまいがちですが、そんなの全然 科学的じゃない。感受性を磨き続ければ、きっと子供の頃と変わらず、6・3・3の長~い12年間が味わえるはず!?

| | コメント (0)

2017年9月18日 (月)

피자헛!

0103様々な企業コラボ物をリリースし続ける韓国のブロックトイ・OXFORD社ですが、画像は先月からキャンペーンが開始されたピザハットとのコラボ物!

ピザハットにて「ブロックセット」として購入出来る様ですが、公式サイトに掲載がないので、ショップ限定的なアイテムなのかも?

大きく掲げたピザの看板が大袈裟ですが、相変わらず付属する小物が秀逸。ピザ屋はレゴでもありましたが、企業ロゴが入ると俄然 魅力的!実物に則したリアルなポスターやデカールの類が堪りません…。

という訳で、日本でも馴染み深いブランドだけに気になってしまった輩はボクだけではないはず。ちなみに数日前、02新作として「クリスピー・クリーム・ドーナツ」とのコラボ物(左画像参照)が発売されたらしい…韓国・OXFORD社ってスゲー!?

| | コメント (0)

2017年9月17日 (日)

レインボーカップ

01_2

02_2

マッハのワンメイクレース!そう聞くだけでワクワクしてしまいますが、画像は’72年にフランスで行われていた『KAWA CUP』!

耐久レースなどで有名なフランスのカワサキインポーター・SIDEMM社のオーナーXavier Maugendreが、国内で盛り上がっていたルノー・ゴルディー二の四輪ワンメイクレース「La Coupe R8 Gordini」に触発され、’71年からカワサキの新型車を使って開催された様です。

初年度は350A7アベンジャーが使用されていた様ですが、’72年は画像の通り350SS(S2)のワンメイク。セパハンに交換されているものの、どノーマル。全車レインボーでテールアップです!?

という訳で、白煙の1コーナー!想像しただけで愉しそう!?ちなみに同レースは、マシンを400SS,KH400と進化させながら’78年まで開催されていたらしい。

| | コメント (0)

2017年9月16日 (土)

カミューズメント・パーク

0102クルマに乗ったままジェットコースターに乗…らなくても、峠を攻めこんだら、ジェットコースター以上にスリルを味わえると思います。

それ故に画像の様な発想は一切浮かびませんでしたが、先日 ドイツのローラーコースター・レストラン社(左画像参照,回転寿司的な遊園地レストランを運営)がクルマに乗ったまま楽しめるテーマパークの特許を出願したとの事。

画像のジェットコースターをはじめ、観覧車にメリーゴーラウンドなど、定番アトラクションが想定されているらしく、原理的には以前紹介したVWバスの生産ライン(過去分参照)や立体駐車場のイカツイVer.な訳ですが、実現したら凄い!

車内はどうなる?安全性は?など野暮な疑問がフツフツと湧いてきますが、普段乗っているクルマで楽しむ非日常!何か面白そうです。

という訳で、街をクルマだらけにしてしまったT社は責任をもって、T田市にこういう遊園地を作って欲しいモノです!

| | コメント (0)

2017年9月15日 (金)

Polaroid OneStep 2

0103デジカメが普及し、自撮り棒?インスタ?写真を撮ることが、日常化してきた。一昔前は、フィルムや写ルンですを買ってきて、撮り終ったら写真屋さんへ現像に持っていく…結構お金が掛ったモンです。さらにポラロイドやチェキなどのインスタントカメラとなると、現像代は掛らないにしても専用フィルムが高い!

そんな野暮な事を忘れた頃にポラロイドが復活!画像のアイテムがそれなのですが、往年の名機・One Step(左画像参照)を彷彿させるボディで登場。

専用フィルムを充填、撮影、写真がジワリと浮き出てくる…という往年のメカニズムはそのままの様ですが、旧型でフィルムカートリッジ内の電池から供給されていた電源が、本体側に移動し、USB充電が可能なバッテリー式となった模様。それ故、昔のポラロイドに新型のフィルムは使えない…のですが、この新型を手掛けるIMPOSSIBLE社では旧型用フィルムもラインナップ!素晴らしい!!

02という訳で、デジカメで無駄に写真をパシャ×2と撮りまくっている現代っ子へ写真一枚の重みを教えるに最適なアイテムではないでしょうか?

| | コメント (0)

2017年9月14日 (木)

9・18 謎肉祭

0102昨年、カップヌードル45周年を記念し、発売されるも、即完売。ネット上でプレミア価格で売られる事態となった人気商品『謎肉祭』が復活!

前回と同様、「カップヌードル ビッグ」の10倍もの“謎肉”が入っている様ですが、今回は従来の“謎肉”に加え、鶏肉ベースの“白い謎肉”が入っている模様。

食べても食べても下から出て来る“謎肉”が強烈でしたが、味が単調だっただけに、ちょっぴり進化…。とは言え、いつもの“謎肉”が無駄に入りまくってる事に“祭”の意義がある様な気もします。

という訳で、昨年の感じでいけば、発売日(9月18日)ならコンビニで買えると思うので、昨年 食べそびれた輩は是非!!個人的には“謎エビ祭”希望です!?

| | コメント (0)

2017年9月13日 (水)

右サイド押し

01
画像は’79年・WGP250㏄クラス最終戦フランスGP。今では見掛けなくなった押し掛けスタートの様子…。やっぱり気になるのは右サイドから押すライダー!?実は父がオートバイを取り回す時(ハシゴで積車する時も!)必ず右サイドでした。最後は跨いで降りてサイドスタンド…。見ていて危なっかしいし、煩わしい。「わし、ぎっちょやから」と言う本人の弁もあるが、父が左手で箸や鉛筆を持っているのを見た事が無い。左利きだから右サイド押し?そういう事なのか?

| | コメント (0)

2017年9月12日 (火)

Angry Driver!?

0102コンパクト・エフェクター発売40周年を迎え、黎明期の名機を復刻するなど、話題性の高いBOSSですが、新作は米・JHS Pedalsとのコラボモデル!?

『Angry Driver』の名が示す通り、両社の共同開発によって代表機「BOSS BD-2 Blues Driver」と「JHS Pedals Angry Charlie」が合体!

両機を直列接続させた様な音作りが可能…というのは安易に想像できますが、単独回路接続(合体の意味無し…)や並列接続も可能というのが、無駄に凄い。

という訳で、足元に色とりどりのコンパクトペダルを一杯置きたいという輩(ボクはそれ)にとっては、残念なアイテムなのですが、 LEDインジケーターがBOSSモードの時は青、JHSモードの時は赤、同時使用だと紫に点灯するなど、気の利いたギミックには惹かれます。

| | コメント (0)

2017年9月11日 (月)

GT380のプラモ!?

0104憧れの絶版旧車。実車は無理でもプラモデルなら…って、思ったりしますが、なぜか4スト旧車が多い!

先日、タミヤからRZ250/350が再販されましたが、マッハ系に至っては古くはレベル社やナガノ(エレールのコピー)、最近だとグンゼから発売されていましたが、いずれも絶版…。さらにスズキGTシリーズについては…古のLS(1/20)やサニー(1/24,左画像参照)のチープな「GT750」くらいしか浮かびません(情弱スマソ)。

そんな感じで、画像は12月にハセガワから発売予定の1/12スケールプラモデル「GT380B(’72年式)」。“サンパチ”のプラモって、ありそうでなかったと思います!ディティールが何となくドン臭かった「湘南爆走族 シリーズ」のトレーディングフィギュアのサンパチ(左画像参照)で仕方無しに納得していた諸兄には待望のプラモ化ではないでしょうか?

03という訳で、お子様がプラモをクリスマスプレゼントに欲しがっている様であれば、サンタクロースにこの「GT380」(12/22発売予定)を勝手にオーダーしておきましょう!?


| | コメント (0)

2017年9月10日 (日)

アイスブルー!

0102BMWジャパンが9月8日「ク(9)ーパ(8)ー」を記念した日本限定車『MINI・アイス・ブルー』を発売しました。

往年のミニクーパーで人気の高かったカラーリングの復刻な訳ですが、2代目後期型(’10年~’14年)に標準設定されていたカラーリングの為、久々の~感は薄目…。とは言え、現行モデル(’14年~)ではラインナップされてこなかっただけに待望の復刻!?

値打ちをこかないで標準設定すればいいのに…と思うファンも多いはずですが、2代目の事は忘れて、あくまで“特別”な“復刻カラー”としたいのが、BMWジャパン陣営の考えなのかも?

という訳で、日本400台限定という事なので、アイスブルーの新車が欲しい…という新車至上主義な輩は要チェック。

| | コメント (0)

2017年9月 9日 (土)

無念…ファイナルカラー

0102今年の5月、サイクリング中の自動車事故によって悲運の死を遂げたニッキー・ヘイデン選手のレプリカヘルメット「RX-7X HAYDEN SB」が新発売。

星条旗をモチーフとしたお馴染みのヘルメットですが、今シーズンのSBKで使用していたデザインとなっています。他のレプリカと同様、側頭部のレッドブルマークが無いため、やや違和感を感じますが、後頭部の“MADE IN USA”ロゴが誇らし気です。

ヘイデン選手のレプリカと言えば、過去に“イージーライダー”仕様を紹介(過去分参照)しましたが、基本的には愛国心強め…。8月15日にそういう場所にさえ行かなければ、普段使いに問題はありませんが、“ド日本人”が被るにはやや抵抗があるかも?

という訳で、ファイナルカラーとなってしまったのが残念で仕方ありませんが、ヘイデン選手のファンの方は是が非でも押さえておきたいマストアイテムだと思います。


| | コメント (0)

2017年9月 8日 (金)

Q*bert Mini Arcade Game

0102昨年、Bridge Direct社から往年のLCD/LSIゲーム機を彷彿させる「Mini Arcade Game」シリーズが発売され、日本でも人気の高いタイトルが『パックマン』や『インベーダー』などがラインナップされていましたが、画像はシリーズの準新作。

日本では、ファミコンに移植されていなかった為、馴染みが薄いのですが、北米で根強い人気を誇るキラータイトル『Qバート』や『アステロイド』などが製品化されていました。

『Qバート』は映画「シュガーラッシュ」にエエ感じで登場していた為、日本でも多く知られるようになりましたが、『アステロイド』ともに如何にもアメリカの“ARCADE”ゲームといった感じがして、レトロ洋ゲーファンならテンション上がるはず!?

という訳で、スマホにゲームを一杯ダウンロードし、スマートに持ち運ぶのもいいのですが、ゲームを一杯持っている…という所有感が存分に得られる旧態然とした“ゲーム機”が好きです。

| | コメント (0)

2017年9月 7日 (木)

トイザらスが…

01米・トイザらスに債務整理!というのが玩具ファンにとって大きなニュースですが、現在 50億ドル(5,500億円)の債務を抱え込んでいるらしい…。X’mas商戦を目掛けて、盛り上げていきたい時期だけに何ともショッキング!?

日本のトイザらスは“別物です”みたいな事を日本トイザらスではアナウンスしている様ですが、何とも不穏な空気…。

とは言え、近年の(日本の)トイザらスは、かつての様なアクの強いオリジナル輸入製品は少なめで、日本メーカーの玩具を沢山取りそろえた“デカいおもちゃ屋”といった感じ。米・トイザらスの匂いなんて、什器類に感じられるくらいで、ある意味“別物”なのかも?

02という訳で、トイザらスはテトリスで云うところの瀕死状態(画像参照)かも知れませんが、何とか頑張って欲しいモノです。子供がPCに向かって玩具を探す姿なんて見たくありません。X’masやお誕生日の前月くらいから、何度もおもちゃ屋に出向き、ショーケースに指紋をベタベタつけながら、“プレゼントに何もらおう?”と一喜一憂する子供たちを見ていたい。

| | コメント (0)

2017年9月 6日 (水)

9280・Skihütte

01_2
02_2049月になり、どこからともなく“残暑が厳しいざんショ”と往年のダジャレが聞こえてきますが、夏休みが終わったばかりなのに、もう気持ちはクリスマスや冬休みに照準を合わせ始めている少年少女も多いはず!?

そんな感じで、画像はプレイモービルの新作「9280・Skihütte(勝手な邦題:アルプス山荘)」。ドイツと言うお国柄もあって、雪山,スキー物については、これまでに数多くリリースされてきましたが、毎回名作が多い!

フィグのウェアー類が凝っている所為か、やや現代的にも見えますが、スキーヤーが集う旧き良き「○○山荘」?「○○ヒュッテ」?の様な雰囲気が渋い!きっと標高も高めで、スノボ滑走禁止の硬派なスキー場に違いない。

03という訳で、暖炉を囲んでホットミルク?自慢のクロワッサン?ネコはどこから来た?愉しい冬休みを妄想するに打ってつけのアイテムだと思います。



| | コメント (0)

2017年9月 5日 (火)

やっぱり木目調!

0102ミニファミコンなど“にわか”レトロゲームブームが起こる前から、メーカー公認でアタリ2600やセガ・ジェネシスなどの復刻機「Flashback」シリーズをリリースしてきたBLAZE社ですが、画像は同社の新型携帯機『Atari Retro Handheld』!

既に発売済みの「Atari Flashback Portable」(60タイトル内蔵)の単なる新装ボディVer.…なのですが、何と言ってもウリは元ネタであるアタリ2600のオリジナル機をモチーフにしたボディ!

’70s家電の雰囲気を色濃く残す木目調をはじめ、初代機の意匠が分かりやすく施されています。内蔵ゲームが50タイトルに減っていたり、外部拡張端子がオミットされていたり、残念な部分も多いのですが、雰囲気重視!余分な機能はレトロゲームに不要です。

03という訳で、“にわかレトロゲームファンじゃないよ”って、古参アピールをするに打ってつけのアイテム!ファミコンの健全な雰囲気とは真逆で、空虚で無機質なゲーム内容。クソゲーと判っていながら挑むゴール無き戦い…。アタリの魅力が詰まっています!?底面におごられた大きなアタリ富士(左画像参照)を周囲にアピールしながらプレイしたいモノです。

| | コメント (0)

2017年9月 4日 (月)

愉しい週末が一転…

01愉しい週末が一転…って、何となく悲惨なニュースの枕詞ですが、日曜日に遊園地のコーヒーカップに乗って(乗らされて)完全に三半規管が逝きました…。

激しい眩暈と倦怠感。薄れゆく記憶のはざまに笑顔の娘とその友達。この楽しさが判らないでもないのですが、昨日はこの後 プレ廃人状態に!?

という訳で、PCに向かう事すらままならない感じでしたが、何とか正気に戻りました。スリリングな公道マシンや絶叫系マシン全般については、いつでもウェルカムですが、「コーヒーカップだけは勘弁な」(コング風に)って、オープニング時に言っておきたい!?

| | コメント (0)

2017年9月 2日 (土)

来年は40周年だが…

0103ヤマハが「SR400」,「セロー」,「ドラッグスター400/クラシック」,「トリッカー」,「マグザム」など全9機種の生産終了を発表…。いずれのモデルも年々厳しくなってきた排ガス規制の中、頑張って生産を続けていただけに何とも悲しいお知らせ…。

特にSR400は’78年の発売から来年で40周年だったのに…。とは言え、華々しくデビューした同期’78年組(“ヤマハスポーツ新時代”と称してキャンペーンを実施)の「XS750スペシャル」,「XS650スペシャル」,「SR500」,「GX400/250」が疾うの昔になくなっている事を踏まえれば、工業製品としてその使命を果たしすぎる程、果たしたと思う。

これで、やっと絶版名車への道が開かれた…様な気もしますが、短い期間に大ヒットし、惜しまれつつ後継機種へ…というのが絶版名車のセオリー。その点、SRはロングセラーすぎる!?

という訳で、各日本メーカーとも国内生産車種が激減中!これで面白い新型車や後継機種が出れば良いのですが、出たとしてもアジア生産の安っぽいマシンばかり。さすがに飽きれます!?

| | コメント (0)

2017年9月 1日 (金)

Street Fighter II (30th Anniversary Edition)

0102最近はミニファミコンにミニスーファミなど、懐かしのゲーム機が復刻されたりしていますが、画像はカプコンの「ストリートファイター」誕生30周年を記念し、限定発売される『Street Fighter II (30th Anniversary Edition) 』(公式HP参照)!

LAを拠点に、ゲームや映画,ファッション,音楽などのイベント運営や関連グッズの企画販売を行なっている「IAm8Bit」と「カプコンUSA」のコラボ商品な訳ですが、画像の通りSNES(北米版スーファミ)のカセット単体。

“LEGACY Cartridge COLLECTION”のタグが示す通り、ノリ的には“復刻版”レコードと似た様な感じ(?)ですが、純然たるコレクターズアイテムとして、カセットのみが復刻されるのは異例!

という訳で、限定数5,500本の内、1,000本は暗闇で光るブランカ仕様(通常は赤Ver.)がランダムに混じっているとの事なので、コレクターは5,6本買うしかありません!?ちなみに価格は$100…。コレクターズアイテムとはそういうモノです!

| | コメント (0)

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »