« 童夢・DCF-1 | トップページ | 涼しいスポット »

2017年7月25日 (火)

Fire Ball Brothers

0102カップヌードル・カラーのマシンと言えば、青木三兄弟を連想する訳ですが、右画像は三兄弟が出揃い鈴鹿8耐(三男・治親は4耐)に参戦した’92年の様子。

“8耐のカップヌードル”と言えば、カップヌードルの容器をモチーフとした燃料用クイックチャージャーが有名ですが、この年のカップヌードル・ホンダは火の玉が3つ描かれた“Fire Ball Brothers”のデカールが貼られ、青木三兄弟推し!

赤と金が強く、それほどカップヌードルっぽくなかったカラーリング(左画像は前年車)も白が増え、ややそれっぽくなった様な、そうでも無い様な…。

という訳で、“Fire Ball Brothers”のファイヤーなイメージが追加され、車体サイドのロゴが埋もれている気もしますが、今このページを見て、カップヌードルを食べたくなってしまったら、広告効果有り。ちなみにボクは食べたくなっている…。3つの火の玉がスタンダード,カレー,シーフードに見えます。

|

« 童夢・DCF-1 | トップページ | 涼しいスポット »

オートバイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 童夢・DCF-1 | トップページ | 涼しいスポット »