« C100よりU系メイト | トップページ | 世界のMVPホンダに乗る »

2017年6月17日 (土)

“Big D”のベアーキャットと馬

0102オートバイを趣味とするプロ野球選手については、過去にカワサキ党のミッキー・ロリッチ選手を紹介(過去分参照)しましたが、画像でCycle誌の表紙を飾っているのは、ドジャース永久欠番・53の“Big D”ことドン・ドライスデール!

オートバイが趣味というよりは、馬がメインで牧場の移動用にスズキ・Bearcat B105P(125㏄)の様な気もしますが、表紙に謳われている通り“two friends”として、実馬・鉄馬ともに愛されていた模様。

この表紙(シーズン前)を飾った’66年の同選手は、開幕から調子が上がらず13勝16敗と負け越しており、ファンからすれば“オフに何してんだよッ”なのですが、前年にワールドシリーズ制覇に貢献(23勝12敗・防御率2.77)しただけに、判りやすいアメリカンドリームだったりもします。

という訳で、オートバイのルーツが馬の進化形/発展形だと考えると、オートバイ旧車趣味の究極として「馬」に辿り着くのでは…と思ったりもします。贅沢の極みだなぁ~!?
03_3

|

« C100よりU系メイト | トップページ | 世界のMVPホンダに乗る »

オートバイ」カテゴリの記事

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« C100よりU系メイト | トップページ | 世界のMVPホンダに乗る »