« Danny Sullivan's Indy Heat | トップページ | 栄光のルマン »

2017年5月31日 (水)

リリーフ・ピジョン

0102リリーフカーと言えば、小型の電動カーやオープンカーが定番ですが、画像は甲子園で使用されていたリリーフカーならぬリリーフスクーター!

モノクロ画像の為、どんなカラーリングだったのかはナゾですが、“腸にビオフェルミン”のキャッチが誇らしいビオフェルミン・カラーのジルバ―ピジョンC-140。

年代的に、C-140の発売(昭和38年),若生智男投手の阪神移籍(昭和39年),ユニフォーム(左袖に“OSAKA”無し,昭和36年~40年)からふまえ、三菱がスクーターの生産から撤退する昭和39年と思われ、何とも寂しい感じ…。

03という訳で、白煙をあげながら、ラッキーゾーン(昭和22年~平成4年)から颯爽と現れていたのだろうか?とても気になります。3塁側は正露丸カラーのラビットだったりして…。

|

« Danny Sullivan's Indy Heat | トップページ | 栄光のルマン »

オートバイ」カテゴリの記事

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Danny Sullivan's Indy Heat | トップページ | 栄光のルマン »