« 무한상사 | トップページ | マンゴーオレンジ!? »

2017年2月25日 (土)

京都・宇治の名産品

01_202昨年11月に発売されるも品薄状態が続き、なぜか増産されていそうな気配の薄いミニファミコンこと任天堂「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」ですが、画像はその昔 ファミコン量産のために設立された京都・宇治工場の様子。

京都・宇治の名産品といえば、「宇治茶」以外に浮かびませんが、世界的な観点で見れば、当時のファミコンこそ、宇治を代表する名産品だったに違いない。

そして画像はファミコン黎明期の’83年(昭和58年)ですが、お茶畑から抜けてきた様な“ほっかむり”スタイルで、検品作業に励む工員さん達の姿がとても印象的。当時のハイテクであったファミコンや新設された真新しい工場と“昭和の町工場”な風情を残す工員さんのアンバランスさがたまらん。

03という訳で、増産が待たれる(?)ミニファミコンですが、生産は宇治ではなく、中国(鴻海精密工業?)で行われている模様…。何となく残念な感じ!

|

« 무한상사 | トップページ | マンゴーオレンジ!? »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 무한상사 | トップページ | マンゴーオレンジ!? »