« KL250のピストン | トップページ | 昭和のクルマの集い 岡崎 »

2016年11月 2日 (水)

斗山ベアーズ連覇

0102 韓国シリーズで斗山ベアーズがNCダイノスを倒し、2年連続の韓国チャンピオンに輝きました。今シーズンは、ペナントを2位とのゲーム差9.0で制するなど圧倒的強さで…って、さっき初めて知りました。

斗山ベアーズと言えば、元・ヤクルトの入来智が在籍(’03)していたり、元・近鉄のブルペン捕手・石山一秀が監督を務めていたチームな訳ですが、個人的にはスポニチを隅々まで読んでいた頃(小学生~中学生)に小さな順位表の中で見かけた活字の「OBベアーズ」(斗山ベアーズの前身)の方が馴染み深い!?

そんな感じで、画像は今シーズン斗山で活躍した外国人2選手!見覚えのある人はかなりパ・リーグ通!?元・楽天のニック・エバンス(上)に元・西武のマイケル・ボウデン(下)。特にボウデン投手は6月30日に韓国プロ野球史上13番目のノーヒットノーランを達成。成績18勝7敗。最多奪三振タイトル受賞と大活躍。西武時代に2球連続ボークを喫した面影などありません。

という訳で、日本球界を志半ばで退団していった選手が新天地で活躍しているという情報を聞くと何とも微笑ましい。台湾や韓国リーグに目を向けると、結構 日本でプレイ経験のある外国人が多かったりするので、隣国のリーグも要チェック!!

|

« KL250のピストン | トップページ | 昭和のクルマの集い 岡崎 »

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« KL250のピストン | トップページ | 昭和のクルマの集い 岡崎 »