« “アシ”シリーズついにFI世代へ | トップページ | The Beatles Yellow Submarine »

2016年10月15日 (土)

グリントウェーブブルーメタリック

0102ホンダのフラッグシップクルーザー・GL1800ゴールドウイングにツートンカラーの新色が登場!

ブラックアウトされたエンジン,フレーム,ホイール,マフラーなどが特徴のツートンカラーVer.(ソリッドカラーより8,000円高)の追加色な訳ですが、’16モデルのダークな色合い(左画像は逆車の赤/黒)に比べ、ツートンがくっきりした感じ!

とは言え、他のホンダ車にもラインナップされがちな青(グリントウェーブブルーメタリック)を使ったツートン。今年から50㏄スクーター「タクト」(熊本製)にも採用されている所為か、若干 チャラい!?’12モデルにも同色の青(左画像参照)がラインナップされていましたが、自慢のブラックアウトパーツと相まって、良く言えば若っぽく、悪く言えば安っぽい…。

03という訳で、GLを買えない身分の戯言でしたが、タクトの青がやたら魅力的に思えてきました(ホイールをブラックアウトしたい!)。

|

« “アシ”シリーズついにFI世代へ | トップページ | The Beatles Yellow Submarine »

オートバイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« “アシ”シリーズついにFI世代へ | トップページ | The Beatles Yellow Submarine »