« おウチ電話 | トップページ | 海辺の文学記念館 »

2016年9月16日 (金)

破風定風翼

0102MotoGPでウィリーを抑制するための空力パーツとして、近年 各メーカーが採用されるあのウイング(左画像参照)が、台湾のパーツメーカー「KOSO」より『GPスタイル エアロダイナミック ウイングキット』として発売されました。

当初、カッコ悪いパーツだなぁ~って、思っていましたが、レースで結果を残すようになってくると、“強い≒カッコいい”に思えてくるから不思議!しかしながら、レースを見ない人からしてみれば、相変わらずカッコ悪いパーツに違いない。

また、一般市販車に効果的に機能するかどうかは多いに疑問ですが、ドレスアップパーツって、概ね無意味なところがミソ。とは言え、取り付け角度を誤って装着すると無駄に機能しそう…。

03という訳で、実際のMotoGPではレギュレーション変更が検討され、ウイングが廃止になるかも知れないので、付けるなら今のウチ!LEDウインカーとかを内蔵できれば、装着の言い訳ができそうです。

|

« おウチ電話 | トップページ | 海辺の文学記念館 »

オートバイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« おウチ電話 | トップページ | 海辺の文学記念館 »