« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

2016年9月30日 (金)

痛恨(Ⅱコン)のマイク無し!?

0103以前、北米版ファミコン・Nintendo Entertainment System(NES)の小型版『NES Classic Edition』を紹介(過去分参照)しましたが、待望の国内版『ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ』が登場!

北米版とは収録タイトルが若干、異なりますが北米版と同じく30タイトルを収録…って、もっと沢山タイトルを収録したパチモノ機が乱立する中、やはり“いまさら感”は否めません。それでも任天堂オフィシャル商品!貫禄が違う…。手のひらサイズに小型化された本体や外箱など、オリジナルの雰囲気を見事に再現しています。

しかしながら、よく見ると電源やリセットボタンのコーションラベルがなかったり、収録タイトルに関係無い(「たけしの挑戦状」未収録)にせよⅡコンのマイクがオミットされているのは残念。さらに、忠実な小型化を優先したが為に、本体と同様 60%に小型化されてしまったコントローラーは如何なものかと思う(北米版のコントローラーはオリジナルサイズ)。おそらくセガ・SG-1000用よりも小さい!

02という訳で、小型すぎるコントローラーや収録タイトルチョイスなど、気になる点も多々ありますが、それらを打ち消す定価5,980円(税別)!「レッキングクルー」(5,500円)よりチョイ高いだけ。素晴らしいッ!

| | コメント (0)

2016年9月29日 (木)

ホットスナック

01_2

気付けば、9月も終わりかけ…。季節が変わり、何かよく判らん虫が鳴いています。
そして食欲の秋!PCの調子が悪くて、無性にジャンクフードが食べたくなっています。昨日、紹介した「テキサスバーガー」の先行販売をする気の利いたマクドなど、当地にはありません。かと言って、ホットスナックの自販機が設置されているほど、僻地という訳でもなく中途半端!ハンバーガーに焼きおにぎりに焼きそば,シューマイ…コンビニじゃなくて、アレのが食べたいんです!

| | コメント (0)

2016年9月28日 (水)

テキサスバーガー!!

0102日本マクドナルドが日本1号店の「銀座店」オープンから45周年を記念し、期間限定で過去の名作4商品の復刻を発表!

勿論、注目は第一弾として復刻される『テキサスバーガー』。過去最高の売り上げを叩き出したキラーバーガーな訳ですが、45周年記念なのに記憶に新しい商品の復刻…なんとも商魂逞しい。

また、発売当時(’10年)に比べると、多少の物価の上昇はあるものの、この復刻に合わせ、420円→490円に値上げされているのがセコい。とは言え、発売当時(過去分参照)、毎日の様に食べた個人的に思い入れの強い商品だったりします。

という訳で、明日から全国47都道府県67店舗(公式HPでチェック)で先行販売が開始されるとのことなので、気になる人は要チェック!

| | コメント (0)

2016年9月27日 (火)

ヤマハ歴史車両デモ走行会・見学会

0103昨年、雨天で中止になった「ヤマハ歴史車両デモ走行会・見学会」が11月5日(土)にヤマハ袋井テストコースで8年ぶりに開催!

二輪60台、四輪3台の車両展示に加え、「RD56」や「FZR750(テック21)」のレーサー、幻のスーパーカー「OX99-11」などのデモ走行が行われます。

ヤマハは先日「コミュニケーションプラザ」の2階「歴史展示フロア」を12年ぶりに全面リニューアルするなど、“HISTRIC”な事業に熱心な訳ですが、コミュニケーションプラザにしても、同イベントにしても、入場料・無料というのが素晴らしい!

メーカーが運営しているのなら、タダでやって当たり前…という見解もできますが、車両のレストアや管理面などを考えると企業努力あっての事だと思います(そうじゃない“有料”企業は努力不足!?)。

02という訳で、他社に比べ絶対的な名車が少ないヤマハですが、人気はイマイチだけど、ええマシンが多いメーカーだけに、展示やデモ走行で新たにファンが増えれば良いなぁ~って思います。

| | コメント (0)

2016年9月26日 (月)

IMPOSSIBLE「I-1」

0102’08年にインスタントフィルムの生産を終了したポラロイド社より、生産施設や生産機材を借り受け、今もなおSX70,600シリーズ,SPECTRA用のインスタントフィルムを製造・販売するオランダのIMPOSSBLE社から初の自社製カメラ『I-1』が登場!

中途半端にポラロイドっぽい無骨でレトロなデザインについて、意見が分かれそうですが、カメラとしての作りは昔ながらのポラロイドとほぼ同じ(デジタル的な機構なし)。使用するフィルムについても、専用品がラインナップされますが、600シリーズ用の使用が可能となっている様です。

とは言え、新時代の…と銘打つだけにスマートフォンと連携したコントロール機能を搭載。カメラ自体にはフラッシュのON/OFFや露出調整くらいしか付いていないのですが、専用アプリを使って、絞り,シャッタースピード,焦点距離などをスマートフォンで操作する事が可能。勿論、リモートトリガーとしてセルフ撮影も自由自在!

03という訳で、デジタルカメラにインスタントフィルム出力機構がついた近年ありがちなポラロイド風ではなく、アナログなポラロイドをスマートフォンで動かせるようになっただけ…というのが清い。デジタルデータが残らない事に歯がゆさを覚える現代人も多いと思いますが、シャッター一回の重み,緊張感…。ポラロイドの魅力をよく再現していると思います。

| | コメント (0)

2016年9月25日 (日)

プリウスミーティング?

0102今日はプリウスのミーティングに…ラグーナ蒲郡に行ったらやってました。アメ車や旧車のイベント等なら、アンテナを張ってチェックしたりするものですが、わざわざ足を運ばない興味のないカテゴリーの集まりだけにとても良い機会!

これまでプリウスをはじめエコカー減税対象車には、道を譲るまいと何と無く、敵対視してきた訳ですが、こうやって一同に同一機種が集まっている様子を見るとやっぱり面白い。

各々、様々なモディファイ,チューンが施され、同じように見えて少しづつ違うマシンがズラリ…。ありそうで無いオリジナルのオールペン車。もはやエコカーでも何でもない激しくカスタムされたマシン。ベース車に個性がないだけにオーナーのセンスが他の機種以上に問われます。深いなぁ~。

03という訳で、“プリウス=面白くないマシン”という刷り込みが根強いのですが、アフターパーツが沢山出てて、こうしたカーカルチャーが形成されていたことにとても感心しました。
ちなみに左画像は今日 ラグーナで買ったスパムですが、可愛い人形が付いてきました!これを車内に置いておけば、それだけでUSDMです。

| | コメント (0)

2016年9月24日 (土)

からあげクン 天下一品監修 こってり味

0102今年で誕生30周年を迎えたローソンの人気メニュー「からあげクン」に 天下一品監修『こってり味』が登場するらしい!

個人的に天一がテナントに入っているマンションに引越しを考えるくらい、好きな訳ですが、あのこってりスープの味をどこまで再現しているのか気になるところ…。

とは言え、木目調の紙しかり、鶏がらスープ味の鶏?って、何か変な感じ。また、からあげで“こってり”ってイメージが湧きません。その点、何と無く、味が予想できたベビースターの天一味よりは期待が高まります。

という訳で、10月1日「てんかいっぴんの日」を目前に控えた9月27日に全国のローソンで発売されるそうなので、天一ファンは要チェック!白ごはんがモリモリ食べれるような、こってり味だといいのになぁ~。

| | コメント (0)

2016年9月23日 (金)

200巻

0102先日、「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の最終巻となる200巻が発売され、特装版が発売されるなど、大きな話題となっていましたが、やっぱり200巻って凄い!

そんな感じで画像は、ビレバンの陳列。1巻~199巻までがタテに積まれ、セット販売されていました。実際に並んでいるのを見ると40年の重み…。圧巻とは、こういうのを言うのかも知れません。

ちまちまコミックを発売日に買うのが面倒だから、最終巻が出たらまとめて買おうと思っていた人もいるかも知れませんが、200巻置くとお部屋の景色が変わりそう。

という訳で、マンガの単行本を買う機会は最近 ありませんが、マンガってPCやタブレットで見るモンじゃなくて、やっぱり単行本ズラリがいいですねぇ~。

| | コメント (0)

2016年9月22日 (木)

BELL・MOTO3 復刻!

0103ベルスターや500TXなど、人気のビンテージBELL製品が続々と復刻されている訳ですが、ついにビンテージ・オフヘルの定番『MOTO3』が本家アメリカ・BELLより復刻販売されるらしい!

例によって、オリジナルのデザインを可能な限り再現し、現代の技術で如何のこうの…って、ヤツだと思いますが、灰・黄・白・赤・黒・橙のスタンダードカラーに加え、シーズナルライン(限定)を含むグラフィック物・2色をラインナップ。勿論、5スナップのバイザーも付属。

価格的には$349.95とビンテージの値段を熟慮し、出してきたと思しき、何ともいやらしい価格ですが、新品のオフロードヘルメットだから…って正当化できる価格ではないでしょうか?

02という訳で、クタクタのビンテージ物を被ってきたチョッパー乗りやビンテージMXライダーにとっては、待望の復刻だと思いますが、ビンテージマシンに復刻されたビンテージ風ヘルメット…。何と無くシャバい?

| | コメント (0)

2016年9月21日 (水)

1TB=1000GB=1000000MB

0203年々、容量が増大していくフラッシュメモリですが、ついにSanDiskから容量1TBのSDXCカードが発表されました。

「そのゲーム、○メガ?」って、過敏に反応した世代のため、“容量大きい=強い”と思い込んでいますが、テラバイトって凄すぎてイメージがわきにくい。

1TB=1000GB=1000000MBという事で、最初の頃の16MBカードに換算すると62,500枚!右の画像で、62,500枚を表現しようとしましたが、ただのドットになってしまうくらい大容量(ちなみに画像背景は、たった1,024枚)。

そんな大容量使わんやろ?って、思いがちですが、動画撮影とかする人からすれば、十分使いきれる容量なのかも知れません。

という訳で、フラッシュメモリなどの最大容量が時代の流れを表しているのですが、きっと数年後には「1テラでスゲーって言ってたの?」って、言う時がくるに違いない。1メガのゲームでドヤ顔をしていた少年時代がとても懐かしい。

| | コメント (0)

2016年9月20日 (火)

SUZUKA SOUND of ENGINE 2016

01

台風が来て、季節が本格的に変わる・・・。きっと秋本番!そんな感じで、秋はイベント盛り沢山。個人的に注目は11月19日(土)~20日(日)に鈴鹿サーキットで開催される「SUZUKA Sound of ENGINE 2016」(公式HP参照)!F1やグループCなどの往年の名車が勢揃いし、展示やデモ走行が行われます。
また1976年以前に生産された2輪車・4輪車を所有する一般人(一般的ではないが…)が参加できる「TIME TRAVEL PARKING」も開催。これについては募集が8/31で締切…10/10まで延長されてる!!パレードランもあり、フルコースを走れるもいい機会だと思います!?

| | コメント (0)

2016年9月19日 (月)

Eislaufprinzessin im Schlosspark

0102画像はプレイモービルのアドベントカレンダー!あっちゅう間にそういう時期な訳ですが、画像は新作の「Adventskalender Eislaufprinzessin im Schlosspark(品番:9008)」!

男子的には、同時発売の「Adventskalender Polizeieinsatz im Juweliergeschäft(品番:9007)」(左画像参照)の方が嬉しいと思いますが、年の瀬にコソ泥…っていうのも、ある意味クリスマスらしいのですが、やっぱりベタな冬景色の方が安定してます。

ロイヤルファミリーなクリスマスに一切 共感は湧きませんが、動物や樹氷など小物が渋い。何と言っても、最終日の…。パッケージに記載されまくっている為、嬉しさ半減ですが、ちょっとしたサプライズあり!

という訳で、日本でもX'masアドベントカレンダーの習慣が少しづつ馴染んできた様な気もしますが、欧米人って粋なことするなぁ~って、感心します。

| | コメント (0)

2016年9月18日 (日)

オーセンティック外装セット

0102東京モーターサイクルショー2016に参考出品されていたXSR900の「RZ外装」がついに発売!旧車ファンの悲鳴が聞こえなくもない、ちょっぴり強引な外装キットですが、目が惹れてしまう事に違いはない。

「オーセンティック外装セット」(品番 Q5K-YSK-102-S01)と名付けられた純正オプションは、燃料タンク,サイドカバー,フロントフェンダー,ヘッドライトカバーの4点がセット。フロントフェンダーが赤い…って、ツッコミを入れるボクのような老害も多いと思いますが、初期型4L3を彷彿させるグラフィックや“RZ250”風のサイドデカールで十分でしょう。

とは言え、タンク形状から“RZ250R”の方が近いのでは…って、メーカー担当も作りながら気づいていたと思う!?ゴールドホイールに赤フェンダー。最終型の3HMだなッ。

03という訳で、個人的にはバルタンメーターやタービンホイールも再現すればいいのに…って、思ったりもしますが、こういうのはやりすぎない方がカッコいい。

| | コメント (0)

2016年9月17日 (土)

海辺の文学記念館

01

02 画像は、何も問題の起きていない竹島(蒲郡)に掛かる橋のたもとにある『海辺の文学記念館』。これまで何度も竹島には来ていましたが、恥ずかしながら初めて入館(入場料無料)!

ココはかつて多くの文豪(志賀直哉,谷崎潤一郎,山本有三,川端康成,井上靖,三島由紀夫)が訪れた旅館「常磐館」の跡地だそうで、この建物も1910年(明治43年)に建築された木造平屋建ての診療所を移築+リフォームしたものらしい(照明の類は常盤館の宴会場にあったものらしい!)。

館内には貴重な「常磐館」の資料などが展示され、“竹島LOVE”な雰囲気がひしひしと伝わってきます。

という訳で、文豪たちが愛したこの場所で筆を取り「時手紙」(※)でも書こうではないか!
※1年~最長10年後に自分自身や家族など指定した人物に手紙を送れるサービス

| | コメント (0)

2016年9月16日 (金)

破風定風翼

0102MotoGPでウィリーを抑制するための空力パーツとして、近年 各メーカーが採用されるあのウイング(左画像参照)が、台湾のパーツメーカー「KOSO」より『GPスタイル エアロダイナミック ウイングキット』として発売されました。

当初、カッコ悪いパーツだなぁ~って、思っていましたが、レースで結果を残すようになってくると、“強い≒カッコいい”に思えてくるから不思議!しかしながら、レースを見ない人からしてみれば、相変わらずカッコ悪いパーツに違いない。

また、一般市販車に効果的に機能するかどうかは多いに疑問ですが、ドレスアップパーツって、概ね無意味なところがミソ。とは言え、取り付け角度を誤って装着すると無駄に機能しそう…。

03という訳で、実際のMotoGPではレギュレーション変更が検討され、ウイングが廃止になるかも知れないので、付けるなら今のウチ!LEDウインカーとかを内蔵できれば、装着の言い訳ができそうです。

| | コメント (0)

2016年9月15日 (木)

おウチ電話

0102レゴブロックの世界とゲームを融合させたゲームとして北米で大ヒットとなった『レゴ ディメンションズ』(PS3/4,Wii,XBOX 360/ONE)の拡張パックが続々と登場!

そんな感じで、画像は北米で11/18発売予定の拡張パック「E.T. ファンパック」(品番:71258)!前述の『レゴ ディメンションズ』のスターターパックやそれらの動作環境が揃っていないとゲームとしては遊べず、ただのミニフィグなのですが、ミニフィグ単体で登場して欲しい逸品揃い。

このETをはじめ、日本でも馴染み深いTVドラマ「A-TEAM」、セガの名作「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」、映画「グレムリン」などが発売,公開されており、あの「ナイトライダー」まで追加予定とのこと。

03という訳で、ミニフィグ単体での発売予定は無いようですが、小出しでも良いので「Minifigures」シリーズの“当たり”的な感じでリリースして欲しいものです。

| | コメント (0)

2016年9月14日 (水)

Caterham Seven 620R

0102LEGO社にユーザーが作って欲しい商品を提案し、10000サポーター集めると商品化が検討されるプロジェクト「レゴ アイデア」の新作が画像の『Caterham Seven 620R』(品番:21307)。

620Rと言えば、’13年に発表されたケーターハムセブン・シリーズのフラッグシップモデルな訳ですが、長いフロントフード内に搭載されるスーパーチャージャー付フォード製「デュラテック」エンジンが再現されるなど、この種のクルマ物らしい本格的な造りとなっています。

AVON製「ZZR」セミスリック・タイヤやホイールの類が再現されず、汎用タイヤとなっているのが、残念でしかたありませんが、リアルながらもレゴらしさが残っているのが良いところかも知れません。

という訳で、海外での発売は10月1日。現地価格は80ユーロ(約9,200円)だそうです。並行輸入屋でも予約を受付していますが2倍以上してます…。

| | コメント (0)

2016年9月13日 (火)

オートリバース搭載!FMチューナー,時計付き!

0102クルマで音楽を何で聴いてる?一昔前なら、MDやCDが定番で、それよりも前は長きに渡りカセットテープが定番だったと思います。また20世紀末くらいまでは、メーカー標準でカセットデッキが搭載されていたような気もします。しかしながら、最近はiPodの出現やMP3プレイヤーの進化もあり、絶滅傾向…。

そんな感じで、画像は今月16日にビートソニック(愛知県日進市のメーカー!)から新発売される最新式のカー用カセットデッキ「HCT3」。

一見、’90年代のクルマに標準装備されていた1DINデッキようなルックスですが、マイクロSDカードスロットやUSB端子,AUX端子がパネルに配され、MP3などの再生を可能とするなど、アップデートされているのが素晴らしい。

03という訳で、カセットを聞いている様な諸兄諸姉に拡張デバイスは不要かと思われますが、お孫さんとカーシェア(孫が勝手に乗っていく)をしているカラオケ爺ちゃんにオススメしたいアイテムです。白い軽トラに似合います!

| | コメント (0)

2016年9月12日 (月)

なぞにく!

0102カップヌードル45周年を記念した新商品『カップヌードルBIG“謎肉祭”肉盛りペッパーしょうゆ』が発売されました。

公式ツイッターで「なぞにくの缶詰」画像が公開されるなど、メーカー自ら俗称の“謎肉”を名乗るようになった訳ですが、今回 通常版の10倍もの謎肉が入った製品の登場…凄まじい!

謎肉については、これまで石油加工品説など様々な噂がありましたが、何やかんや言ってもみんなコレが好き(だと思っています)。得体の知れない肉だけど、食後もスープ下に埋もれていないか探してしまう謎肉…その魅力自体、やっぱりナゾ!?

という訳で、個人的には謎エビ祭が開催される事を心待ちにしています。あのエビも昆虫説が絶えませんが、何と無く惹かれます。

| | コメント (0)

2016年9月11日 (日)

サツキとメイの家

0102先日、初めてモリコロパーク内にある「サツキとメイの家」を観に行ってきた訳ですが、再現された建物も圧巻なのですが、その中に配置された当時の小物が5000点以上というから凄い!

この「サツキとメイの家」は、お母さんが退院して草壁家が楽しく暮らす劇中の1年後、昭和34年の設定となっており、劇中に比べ、家財が増えています(画像はトトロの舞台が“埼玉説”を裏付けるお父さんの書斎本棚!)。

当時のモノをよく集めたなぁ~って感心する一方、内覧していると何とも言えない気持ちになってきました。

小学校に現役で通っているとは思えないズタボロのランドセル。サビサビのブリキ缶,クタクタの飾り箱…。この種のレトロ系施設に、ありがちですが、当時の日常を再現するには小物がヤレすぎ!?小物まで復元や時代にあったコンディションのモノを調達するのって困難ですが、長く放置された廃屋に忍び込んでいる様な気分がしないでもない?

という訳で、もう少し楽しく暮らしている雰囲気や生活感が感じられる施設であって欲しいものですが、帰りの道中にどんぐりを一生懸命ひろう娘を見ながら、来てよかったなぁ~って、思えたので善しとしたい。

| | コメント (0)

2016年9月10日 (土)

カープ!カープ!カ~プ~♪

0102広島カープが25年ぶりにリーグ制覇!そんなに優勝してなかったっけ?って、感じですが前回の優勝が’91年なので随分前…とも思えないのがオッサン化の証。佐々岡,川口,北別府の3本柱にストッパー・大野って、聞いてやっと昔話のように思えてきます。

それにしても、万年Bクラスの暗黒期(’98~’11)を乗り越えてのV。ファンの喜び具合!無茶苦茶判ります。きっと巨人ファンには判らない瞬間ではないだろうか?

とは言え、近年のリーグ制覇って、CSシリーズの所為で喜び少なめ。CSでまさかの…なんて事も考えられるので、ファンは現段階で大いに盛り上がっておきたい。

という訳で、今シーズンは阪神が久々に最下位争いをしているため、「巨人が優勝しなければいい」といった負け犬的見解で観戦しています。ハァ…(沈)

| | コメント (0)

2016年9月 9日 (金)

久々にリンクに帰ってきました!

0102今日は、モリコロパークこと「愛・地球博記念公園」へ行ってきました。勿論 お目当ては、映画『となりのトトロ』に登場する草壁邸を再現した「サツキとメイの家」…なのですが、入場時間(平日なら当日券でラクラク?)まで時間があったのでアイススケート場へ行ってみました。

残暑が厳しいこの時期にアイススケート!贅沢の極みなのですが、事前にHPで見た家族で賑わうスケート場…のイメージとは異なり、目前に控えた中部フィギュアスケート選手権大会(9/30~10/2)に向け、練習に励む選手で一杯!

リンクは、内側のメインと外周に分かれているのですが、内側にはホームグランド「あさひが丘スケートリンク」(過去分参照)で、絶対に見かけない華麗なジャンプを決める選手っぽい連中や、どう見ても怖そうなコーチが指導をしていたり、トーシロが入れない雰囲気…。とは言え、折角 来たのだから空気は読まない!中に混じって滑れる人のフリをしてきましたが、間近で見る本気のトリプルアクセル。大興奮です。背後から感じる殺気の様な何とも言えない緊張感(KYに成りきれていない)。初めてサーキット走行をした時ってこんな感じだったと思う。

という訳で、足を引きずりながら「サツキとメイの家」を目指したのは言うまでもありませんが、結構 モリコロパークを満喫出来たと思います。

| | コメント (0)

2016年9月 8日 (木)

軽トラ世界選手権

0102たまに軽トラ(勿論、マニュアル車)に乗ると、乗り方にもよりますが、結構スポーティだな~って、思うことがよくあります。吸音材も程々で、エンジンの振動,音がとてもダイレクトに感じられ、個人的に空荷の軽トラは2シーターのスポーツカーだと思い込んでいます!

そんな感じで画像は「軽トラ世界選手権」の様子。世界選手権って大袈裟な気もしますが、言ったもん勝ち…。今週末11日(日)にスパ西浦モーターパークでその第3戦が行われるそうです。

NA,ターボなどなど全7クラスで構成(レギュレーションをチェック)されており、街角で普通~に見かける軽トラがレースをしている光景はなんとも痛快!

という訳で、あんまりヤリすぎると、単に迫力のないライトウェイトスポーツ競技になってしまいますが、身近なマシンからレースに触れる良い機会ではないでしょうか。

| | コメント (0)

2016年9月 7日 (水)

BBのHD

01ハーレーダビットソンのVTRで流されるBGMと言えば、ゲッチョモ~ランニン♪って、ステッペン・ウルフ の「Born To Be Wild」が定番ですが、めっちゃ男臭く油っぽい…(それがイイのだが)。

そんな感じで、画像はBBことブリジット・バルドー、’67年の作品「Harley Davidson」のPV。ブリっぶりに改造されたハーレー・WLAにフレンチPOPって、不釣り合いな感じもしますが、結構 歌詞がエロくてぶっ飛んでます。日本人による和訳詞なんてアテになりませんが、多分 RCサクセションの「雨上がり~」よりも直接的!

02_2サイケなサウンドにフワフワしたBBのボーカルがたまらん感じですが、前述の通り「Born To Be Wild」の刷り込みが強すぎて、“=ハーレー”に結びつかないのはボクだけではないはず。ちなみにBBは、ヤマハAT-1(’71年)の広告に出演するなど、結構 バイクな人…だと思い込んでいます。

という訳で、よりユルく気軽にハーレーを楽しみたい人には、テーマ曲として、ブリジット・バルドーの「Harley Davidson」を流してあげたい。

| | コメント (0)

2016年9月 6日 (火)

チャンプロード!

0102族車,旧車會など不良カルチャーを提供してきたヤンキー情報誌「チャンプロード」が29年の歴史に幕。休刊―というニュースが大きな話題となっています。毎月 立ち読み小僧だっただけに偉そうな事は何も言えませんが、雑誌の休刊ってやっぱり切ない!

暴走族まがいの改造車を堂々と扱う有害図書というのが、CR誌に対しての一般的な見解かも知れませんが、若者のオートバイ離れが進む現代において、オートバイの魅力の一つ“ワルさ”を判りやすく表現してきた唯一の月刊誌だっただけに残念で仕方ありません。

個人的に、若き日に出会ったCR誌には“四輪”(グラチャンの残党)のイメージがあり、前述のオートバイの“ワルさ”については「ティーンズロード」(’88~’98年)で学んだクチですが、族車をより身近な乗り物(旧車會etc.)へと導いていったCR誌の功績(?)は大きい。きっと、如何わしい団体に所属することなく、CR誌を読んで旧車會カスタムを楽しむようになり、年月を重ねて、普通の旧車好きになっていた…なんてシャバ僧も多いはず。

という訳で、画像は紅音ほたるのグラビアカレンダーにつられ、買ってしまった’09年1月号!バッキバキに仕上げられたピカピカのGSにエロいちゃん姉。こういうのもオートバイの醍醐味です!紅音ほたるが表紙を飾るチャンプロード…何とも寂しい限りです。

| | コメント (0)

2016年9月 5日 (月)

スズキ!

0102ここ数年、MotoGPのウイナーと言えば、ホンダかヤマハ…。しかし今年は違う!第10戦のオーストリアGPで6年ぶりにドゥカティが勝ち。昨日開催された第12戦ブリティッシュGPでは、スズキが9年ぶりの勝利!

9年前の勝利といえば、クリス・バーミューレンが雨の’07年フランスGP(左画像参照)で挙げたもので、最近の様で随分 前の話…。

とは言え、スズキMotoGP復帰2年目での勝利は、立派。自身のMotoGPを初勝利をスズキで挙げるも、来季のヤマハ移籍(ロレンソはドゥカティへ)が決定しているマーベリック・ビニャーレスの心境は複雑かも知れません。

という訳で、ホンダ,ヤマハ,スズキそしてドゥカティ。4メーカーがもっとやり合ってくれれば、来シーズンはさらに面白くなりそう!

| | コメント (0)

2016年9月 4日 (日)

Ferves Ranger

0103街でよく見かけるようになった現代版フィアット500ですが、古い方のフィアット500もつられて以前より見かけるようになった気がします。

そんな感じで画像は、’65年から’70年にかけてイタリアのコーチビルダー・Ferves社が制作していた『Ranger』!

フィアット500をベースとした多目的ビークルとなっており、大衆車をベースとしたこの種のマシンはメアリ(シトロエン2CVベース)など、多種多様ありますが、この『Ranger』はベース車が小さいだけにかなりコンパクト。とは言え、四輪駆動モデルが設定されるなど、農村エリアを中心にユーティリティに活用されていた模様。

という訳で、現代版フィアット500は大衆車というよりは、プチセレブな雰囲気となっていますが、こういう変な派生モデルがあっても面白そう!「田舎生活はじめました…」な、おしゃれ農家を目指す若者は、軽トラじゃなくてこういうのに乗って欲しい!?

| | コメント (0)

2016年9月 3日 (土)

観覧タイヤ

01

観覧車と言えば、いつの時代も人気のアトラクションな訳ですが、画像は’64年に開催されたニューヨーク万博の観覧車『Uniroyal Giant Tire』!これはユニロイヤル・タイヤ社(現・ミシュラン傘下)が手掛けたモノで、タイヤ部分はちゃんとゴムで形成されていたそうです。
タイヤが回転する訳ではないので、タイヤの気持ちになる…のは難しそうですが、何とも乗りたくなる雰囲気!残念ながら、万博終了後 ゴンドラは取り外されてしまいましたが、その後も巨大タイヤシンボル(I-94, Allen Park, Michigan)として、活用されているというから素晴らしい!

| | コメント (0)

2016年9月 2日 (金)

ヱスビーカレー

0102カレー粉と言えば、ヱスビーカレーの赤い缶が定番中の定番ですが、パッケージの背景に国会議事堂が描かれていたのを最近知りました。

カレー=インドといった刷り込みから、タージマハールだと思い込んでいましたが、イメージってそんなもん。S&Bの“&”を発音しない事だって気にならない!

そんな感じで、画像はヱスビーカレーへ大量納入されたであろう日野ルノー。’53年から’63年にかけて日野がライセンス生産した大衆車ですが、この時代に新車を大量購入って何とも景気良さげ…。そして、パッケージの赤ではなく、黄色なのがカレーらしい。

という訳で、調べているうちにS&Bが“Sun(太陽)”と“Bird(鳥)”の略と知り、ますます謎が深まってしまいました。

| | コメント (0)

2016年9月 1日 (木)

代車―N!!!

019月になると、8月31日からたった1日しか経っていないのに、季節が一気に変わった感じがしてしまうのは、6・3・3の教育段階での刷り込みだろうか?暑いは暑いのですが、夏が終わった感で一杯。

季節の変わり目は人間もマシンも壊れる季節!そんな感じで、画像はエアコン起動時のアイドリング不安定(からのATFエラー)を筆頭に、諸々 壊れ始めたV230の代車「ダイハツ・MAX」!

02ダイハツのマックスと言えば、個人的に「フェローマックス」しか浮かびませんが、これは’01年から’05年に掛けて生産された新生マックス!スポーティーなマスクやアルファ156を彷彿(いわゆるパクリ)させるテールライトなど、若者向けのモデルだったようですが、街に溶け込む普通っぽさ…。セミトールワゴン?中途半端です!

という訳で、代車とは言え、後継モデルが投入されることなく消滅した不人気車…って、聞かされると無性に興味が沸いてくるから不思議。しかも香港では“VMAX”(大發工業株式會社)の名で販売されていたというから興味津々。V-max=ヤマハ≒トヨタ・ファミリー=ダイハツ!VMAXでOK~だったのだろうか?

| | コメント (0)

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »