« ハードが売れた時代 | トップページ | 12/4は「浜名湖2&4スワップミートVol.17」 »

2016年7月28日 (木)

鈴鹿ナムコ8耐

01
02 03 鈴鹿8耐ウィークな訳ですが、個人的に一番 身近だった“8耐”と言えば、画像のアーケードゲーム『コカコーラ スズカエイトアワーズ』(’92年ナムコ)。

「ファイナルラップ」,「ダートフォックス」,「フォートラックス」に続く、通信機能搭載レースゲーム第4弾として登場したナムコ初の二輪レースゲームな訳ですが、元ネタの“8耐”と同様、「コカ・コーラ」とのスポンサー契約が結ばれている点が本格的!

内容的にも、ルマン式スタートや“LIGHT ON”のナイトセクションなど、鈴鹿8耐の魅力がぎっしり詰まっている感じ(そう信じてた)。コースについても「ファイナルラップ」シリーズでノウハウのあった鈴鹿だけに特徴をよく表現しています。

という訳で、翌年に移植されたスーパーファミコン版や続編の『2』などでは、大人の事情なのか、コカ・コーラの冠が外されてしまう訳ですが、“8耐”と言えばコカ・コーラありきな感じもします。

|

« ハードが売れた時代 | トップページ | 12/4は「浜名湖2&4スワップミートVol.17」 »

オートバイ」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハードが売れた時代 | トップページ | 12/4は「浜名湖2&4スワップミートVol.17」 »