« Factory Tour! | トップページ | レトロゲーマー用 »

2016年7月 4日 (月)

J.J. & Jeff

0102PCエンジン黎明期の有名タイトルと言えば、何と言っても「加トちゃんケンちゃん」(’87年・ハドソン)だと思いますが、画像は北米版『J.J. & Jeff』!

PCエンジン北米版「TurboGrafx-16」用ソフトとして’90年に発売されたモノですが、ゲーム内容はそのままに、加トちゃんが金髪にオールバックのJJ,志村が赤毛にグラサンのJeffに変更されているのが特徴。
今回、無性に「加トちゃんケンちゃん」がプレイしたくなり、ネットに転がっていた北米版を初めてプレイしたのですが、同ゲームの特徴的なキャラの表情が、志村についてはグラサンでスポイルされてしまっているのが残念…。
又、元ネタの「加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ」内の人気コーナー「THE DETECTIVE STORY(探偵物語)」(名ギャグ“大丈夫だァ~”が生まれたコントドラマ)を知らない外国人にとって、Jeffの“Right here~Wonk!Wonk!Wonk!”はどのように捉えられたのだろうか!?
03という訳で、「加ト・ケン」は意外に難易度が高いので、クソゲー評価寄りですが、ファミコンとは一線を画す8ビットとは思えない美しいグラフィックはもっと評価されるべきだと思います。

|

« Factory Tour! | トップページ | レトロゲーマー用 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Factory Tour! | トップページ | レトロゲーマー用 »