« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月31日 (木)

思い出のAMラジオ

03ビンテージのコカ・コーララジオと言えば、人気の高いコレクタブルアイテムな訳ですが、画像は片付けをしていて出てきた“思い出のロックンロール・ラジオ”。

ビンテージをモチーフとした小型AMラジオとなっており、コカ・コーラ120周年を記念した「コカ・コーラ」と「サークルK」のコラボ商品!120周年って?今年でコカ・コーラ誕生130周年。何げにこのラジオも生誕10周年。寝かし込んでしまったモンです。

04ちなみに周りにいるキューブリック達も共に仕舞いこまれていた訳ですが、何と無く懐かしい。スターウォーズのオマケについては、この種のキャンペーンが始まるとペプシばかり飲んでいた気がします。

という訳で、久々にラジオを…電源は付いたものの感度悪すぎ。仕舞いこむには理由がある。金属に接触させて受信力アップ→一応、受信!?ご機嫌なロックンロール待ちですが、AMなので期待できない。リクエストでもするかなぁ~。

| | コメント (0)

2016年3月30日 (水)

コンドル×スワロー

0102_2床の油染みって、気付いた時に掃除すればべっちょない(←播丹弁)のですが、デッキブラシがない…。正確にはブラシ部分のみある(左画像の後に柄の部分がへし折れる)。

そんな感じで、製作したのが画像の力作!何と無く手元を離れなず無駄に保管していたスワローハンドル(三角プレス板が雑でエエ感じ)にブラシを装着してみました。

偶然にもブラシは山崎産業の「コンドル」。コンドルとスワローのデュエットやぁ~(彦摩呂)。実に虚しい…。とは言え、ハンドルだけに操作性は悪くない。グリップも装着したくなってきた!

という訳で、使わないもの同士の合体・再生にテンションがあがりますが、使わないものが溢れている事に反省…。果たして、デッキブラシからハンドルに戻す時がくるのだろうか?


| | コメント (0)

2016年3月29日 (火)

自称・ロッケンローラー

0102忘れがちですが、ボクはロッケンローラー♪警察官からの職務質問に対して、「職業はロッケンローラーです」と恥じらいもなく答えられることを誇りに思う。

そんな感じで、画像は「CATHOLIC AND CHRISTIAN」のラベルが貼られた怪しげなダンボール箱の中…。どういう経緯の何の箱かは不明ですが、10数年ぶりにOPEN!完全に忘れていましたが、中にはライブとかで全然使わない楽器や機材が入っていました。

「E♭」のブルースハープは、ジャズっぽいB♭キーの曲に合わせて、よく練習したモンですが、「B」のハープって使った記憶がない!?当然、吹いてみても“耳”覚えがない。

草臥れたボディが歴戦を物語る『マクソン・D&SⅡ』は、高校生の時にモトコーで買ったHolly製ストラトタイプ(後にシェリーに売却→ライブで焼かれる)についてきたソフトケースに入っていた逸品。“DS”を名乗る割にディストーションを上げても安っぽい音(当時の感覚ですが…)しかしなかったので、オールフラットにしてオーバードライブ的に使っていた様な気がします。ちなみにボクが使い込んだのではなく、最初からこの状態。エエ感じに“やる人”っぽいルックスでハッタリが効きます。

03_2という訳で、雑な扱いをしていた事に反省するばかりですが、時間が経過したことで、ちょっぴりレアっぽい感じがしてきたアイテム(左画像はローランドの「アナログコーラス-エコー DC-30」。箱の底に入っていました!?)もあり、ちょっとテンションあがります!

| | コメント (0)

2016年3月28日 (月)

ベースボール“ゲーム”開幕

0102野球賭博問題がモヤモヤしたまま始まったプロ野球ですが、始まってしまえば人の噂も75日。そんな感じで、画像は引き出しにしまい忘れていたカシオ製ゲーム電卓『ベースボールゲームBB-101』。

永久欠番・村山実とノムさんが出演したTVCM(下の動画参照)が有名な同シリーズ「BB-9」、画面が大きくなってゲームがメインとなった「BB-10」(左画像参照)に続く、野球ゲーム第3弾!

前作までの“ザ・電卓”な雰囲気から一転、パネルにイラストが大きく描かれ、配色やフォントなど、よりゲームらしくなっているのが特徴。“電卓と見せかけて…こっそりゲーム”な初期型のコンセプトから完全にブレている気もしますが、電卓機能を残していたのは計算機メーカーの意地かも知れません(左画像の様な電卓機能の無い電卓風ゲームも多数ラインナップしているが…)。

03という訳で、ゲームメーカーのアプリ参入でスマホが携帯ゲームの標準機となりつつある現代ですが、電卓については昔ながらの電卓が主流。PCにもスマホにも、電卓機能があるのに、電卓は無くならない!?またゲーム付きでないかなぁ~。

| | コメント (0)

2016年3月27日 (日)

ウチコシ/テーブルスポーツ

01_202_2やっと重い腰を上げ、お家の片付けを始めた訳ですが、本気で体が重かったので仕方あるまい。

そんな感じで、片付けは例によってはかどらない。忘れていたオモロいもんが出てきては、遊び…。そして、画像はガレージやお部屋の“テーブル”として長年 活躍してきたウチコシ製『テーブルスポーツ』!

バラのマークのウチコシと言えば…詳細を調べるも、ボクのブログ(ネットの癌だな!?過去分参照)しか出てこない謎の逸品な訳ですが、電源系統が不安定だった為、ゲームを起動させるのは5年ぶり?

しかしながら、5年前に分解整備した時に接点復活剤をぶちまけたのが功を奏したのか、過去のイメージを払拭する安定感!今回、PCBやモニター(ゼネラル製)を下ろして、PC化しようとも思っていましたが、白紙に戻る…。

03という訳で、テーブルに当たっただけで、バグリそうになる業務用とは思えない神経質(’80年代のアーケードゲームブーム時に作られた三流品にありがち)なPCBは如何なものかと思いますが、“ザ・工業製品”な雰囲気がタマらん!


| | コメント (0)

2016年3月26日 (土)

AIXAM-MEGA

0102めちゃくちゃお洒落なお家の建設現場にポリバケツ色のタイタンや軽トラが停まっているのを見掛けると、もっとカッコいい商用車があってもいいのに…って、思ったりします。

そんな感じで、画像は仏・アルプスの麓、サボア地方に本拠地を置くAIXAM-MEGAの商用バン。同社は欧州で軽量原付カー(簡単な講習で乗れる無免許マシン!)を’83年より生産し、同カテゴリーにおいて、欧州市場シェアの半数占めているそうですが、日本で見掛ける機会は皆無…。

欧州人的な視点で見ると、我々の抱く“軽トラ感”あふれるダサいマシンなのかも知れませんが、適当にデザインしてコレだとしたら、欧州人のセンスって凄い。

という訳で、日本でも原付免許でこの種のミニカー(’85年2月から要普免)が乗れていれば、今頃 生態系が変わっていたのかも?って、思うとゾクゾクします。とは言え、パネル部分に「○○電気設備」とか「○○商店」とかの屋号が入ってたら台無し…。


| | コメント (0)

2016年3月25日 (金)

RENT-A-RACER

0102“誰にでもスペシャルなマスタングを体験してもらいたい”という意図から、シェルビー/フォードとハーツが’66年に始めた高性能車を貸し出すプログラム“RENT-A-RACER”誕生から50周年。それらを記念したモデル『シェルビーGT-H』が登場!

マスタングGTの’16モデルをベースに、初代の『シェルビーGT350-H』(左画像参照)と同じ、黒にゴールドストライプの伝統の専用カラーが奢られ、専用ボンネット、カーボンファイバー製フロントスプリッター、リアスポイラーなどを装備した特別仕様となっています。

勿論、初代モデルと同様、新車販売はされずレンタルのみとなっており、アメリカの主要空港にあるハーツレンタカーに計140台が配備されるとの事。

03とは言え、50周年という大きな節目を待ちきれず、40周年を記念して2006年にも同手法の「シェルビーGT350-H」(左画像参照)が投入されていた為、“伝統の仕様”への感動は薄め…。

という訳で、アメリカに行く機会もなければ、行ったとしても低価格帯の韓国車や日本車(左ハンドルの現地仕様というだけでニンマリ)を選んでしまうボクの様な輩には無縁ですが、“レンタル専用の高性能モデル”って聞くと、何と無く興味がそそられます。

| | コメント (0)

2016年3月24日 (木)

ご当地ナンバープレート

0102原付のご当地ナンバープレートと言えば、施行開始時に比べて、あまり話題にのぼらなくなりましたが、ついに当地でも7月4日より交付開始!!

岡崎市・市制100周年記念事業の一環(HP参照)な訳ですが、気になる版面は、全国区となったご当地キャラ「オカザえもん」をあしらった『オカザえもんと花火』(左画像参照,クリックで拡大)と味噌色に染まる岡崎城が渋い『夕暮れの岡崎城と花火』の2タイプ。

注目は当然、オカザえもんVer.だと思いますが、イメージしやすい例の実写タイプではなく、他市町村に習い、可愛らしいイラストタイプで落ち着いた模様…。ちょっぴり物足りない感じもしますが、花火や夜空のグラデなど、全体的にはエエ感じにまとまっていると思います。

03_2という訳で、期間限定(5/2~5/31)で希望ナンバーも募集している“もんで”、気になる人は岡崎に引っ越してくれば“いいじゃんね”。

| | コメント (0)

2016年3月23日 (水)

750 ステルス!?

0102脚長でオン/オフな感じのアドベンチャーツアラーは、BMWのGSシリーズを筆頭に様々なメーカーがラインナップする欧州で人気のカテゴリーですが、同カテゴリーとは全く無縁だったハーレーダビットソンからもついに登場!?

画像がバンコク・モーターショーで発表された『750 STEALTH』な訳ですが、名前の通りインドで生産される750ccエントリーモデル「ストリート750」の水冷Vツインを搭載。エッジの利いたデザインがこれまでのハーレーに無かった感じ…。

とは言え、“クチバシ”的なフロント廻りは、DRビッグ系~Vストロームシリーズへと受け継がれるスズキのデュアルパーパスっぽい。又、カラーリングも所為か、刀っぽい…。さらにセンターアップ・レイアウトのサイレンサーについては、ドゥカティ・999や旧型ムルティストラーダっぽい。

03という訳で、ハーレー的には真新しいのですが、何と無く古臭さい!?しかしながら、スズキのVストローム650と同じ価格だとしたら・・・。「ハーレー」のブランド力にやられてしまう輩も多いはず?

| | コメント (0)

2016年3月22日 (火)

グラチャンコレクション第9弾

0102「グラチャン」と聞いて、ニヤリとする人はボクで云うところの“お兄ちゃん”世代だと思いますが、生涯現役!なんて気合の入ったとっぽい諸兄が多い世代…。

そんな感じで、画像は根強い人気を誇るアオシマの1/64ダイキャストミニカー『グラチャンコレクション』シリーズの新作・第9弾!前回の第8弾(’13年12月発売)から随分、期間が経っていた為、もう発売されないのかと思っていましたが、生涯現役!何事もなかった様に新機種2台が追加され待望のリリース。

430セドリックや231ローレルなどの定番アイテムを抑えながらも、今回の注目は何と言っても「トヨタ・カリーナHT」。チンスポにイタッパネといったライトカスタムが渋いッ。又、オンライン限定Ver.もラインナップされるLBワークス・ケンメリ2Dr.なんかもヤバい!

03という訳で、実車を作るのも…プラモを作るのも…面倒臭い。だけど気合は入ってる!?そんな諸兄にオススメのミニカーだと思います。成人の皆さんは頑張って屋根を切り取って下さい。夜露死苦ッ!

| | コメント (0)

2016年3月21日 (月)

6-99-3

0102日本におけるモータースポーツ熱の低下は著しく、F1のTV中継については、地上波だけでなくBS無料放送も無し。MotoGPについては、日本のメーカーが世界チャンピオンなのにニュースでちょこっと紹介される程度…。

MotoGPが中継で見れないのは、慣れたモンですが、F1については、久々にホンダが復帰しているのに寂しい話。赤旗中断となる程の大クラッシュを喫したマクラーレン・ホンダの姿(左画像参照)を見ずに済んだ訳ですが、誰が勝ったのかな~って、ネットで知るなんて凄い味気ない。

それよりも残念なのが今年で廃止される船橋オート!今日、最期のレースとなる「特別GⅠ共同通信社杯プレミアムカップ」決勝戦が行われ、永井大介・青山周平の船橋ワン・ツーで有終の美を飾りました。

という訳で、オートレースがモータースポーツと言えるか微妙な感じですが、レース場の閉鎖って、やっぱり切なすぎる。永井選手の優勝インタビュー「ずっとここにいたい」という言葉が心に残ります。

| | コメント (0)

2016年3月20日 (日)

デュプロからの卒業

01_202子供を連れてレゴ・コーナーに行くと、本当は育面(育児面倒くさい)なのに、育メンだと微笑ましく見られ、心置きなくプレイブースで遊べる…。

そんな感じで、次のステップであるレギュラーブロックに悪戦苦闘する娘(デュプラー)の傍らで、他所のガキとブロック争い(親が生きてる間はボクも“子供”!容赦はしない)を繰り広げながらビルド。そして、そろそろデュプロ~レゴの過渡期に入ったのか、黙々と何かしら組んでいく娘…立派になったもんだ。

みんなが何歳頃 デュプロを卒業するのかは知りませんが、個人的には物心が付いた時点で“デュプロで遊んでたらダサい”って思ってた様な気がします。とは言え、バットマンにスパイダーマン、ディズニープリンセス!?積み木に毛が生えた様なボクらの時代のデュプロ(左画像参照)とは雲泥の差…。

03という訳で、対象年齢表示4-99(左画像参照)が示す通り、レゴは末永く遊べますが、デュプロについては対象年齢1.5-5または2-5。早めにレゴへ移行するのもアリですが、デュプロを心の底から愉し~って、思える時間は人生において一瞬。今を大切に!ってヤツかも?

| | コメント (0)

2016年3月19日 (土)

どこでもドアゲーム 2016

0102昨日からマクドナルドのハッピーセットに、公開中の映画「ドラえもん 新・のび太の日本誕生」のおもちゃが登場!

そんな感じで、今日 偶然着ていたドラえもんカラーなジャケットのポケット(3次元ポケット)からは、永遠の憧れアイテム、どこでもドア~ッ!!

これは『どこでもドア』をモチーフにした両面で遊べるピンボールゲームとなっており、ディティールを保ちながらも、自立できる厚さに作られている点が素晴らしい。

とは言え、昨年の同セットにラインナップされていたモノの版替え(’15年版は「のび太の宇宙英雄記」)なのが、若干セコい。昨年 大好評につき…というよりは、昨年の残りモンを再利用しているのでは?と勘ぐった輩も多いはず。

03という訳で、倫理的にアウトっぽい“ひみつ道具”が多いドラえもんですが、「“どこでもドア”があったら、どこ行く?」から広がっていく会話は、いくつになって愉しいもんです。“家賃の安い田舎に住んで通勤に使う”とか夢のない大人にはなりたくない。

| | コメント (0)

2016年3月18日 (金)

ケンタッキーフライドチキン

0103ファーストフード・チェーンの“クルマ”と言えば、デリバリーに使うスクーターをイメージしますが、画像はケンタッキーフライドチキンの移動販売車!?

紅白のおめでたいKFCカラーにカーネルサンダース・マークの組合せは馴染み深いのですが、自動車に施されていると何と無く新鮮!

画像のトゥクトゥクをベースとしたパネルバンについては、移動屋台?デリバリー?と使用用途が不明ですが、ステップバンの方はどう見ても移動販売車…。ご近所にKFCの店舗が無い輩にとっては、夢のようなマシンな訳ですが、イベントのケータリングに、こんなのが来たら絶対テンション上がります。

という訳で、出前やテイクアウトに対して、消費税の軽減率が対象となる様なので、外食産業の形態は今後どんどん変化していきそう…。02
移動販売車についても、テイクアウトの部類だと思われ、こうしたファーストフード・チェーンのバンを日本でも見掛ける機会が出てくるかもしれません!?

| | コメント (0)

2016年3月17日 (木)

復刻!写るんです

0102富士フイルムがレンズ付きフィルム「写ルンです」の30周年を記念した『30周年 アニバーサリーキット 27枚撮り』を、5万本の数量限定で発売するそうです。

これは現行の「シンプルエース27枚撮り」に、’86年発売の初期型・SUPER HR 100(左画像は輸出モデル)をイメージした着せ替えカバーが付属するというもの。

「(旅先で)あっカメラ忘れた」なシチュエーションでも、携帯電話のカメラ機能で充分 事足りる時代になった為、レンズ付きフィルム自体が現存している事に驚いた輩も多いと思いますが、携帯電話の操作に不慣れな年配の方々の間では、未だに定番のアイテムらしい。

又、こういった復刻版が発売される程、あえて「写ルンです」を使用する若者も増えているというから、まだまだ無くならない!

という訳で、“写るんです復刻”と聞いて、初期型が復刻されると思った’80sファンにとっては、ちょぴりガッカリなのですが、こういう復刻モノは反響次第で商魂逞しく続編が出たりするので、今後の商品展開に期待したい。

| | コメント (0)

2016年3月16日 (水)

スニル・ガヴァスカル!

01_202タイ生産やインド生産のオートバイが知らず知らずの内に増殖している訳ですが、画像はインドで’85年から’96年まで生産された「ヤマハRX100」!

発売の時点で、既に古臭かったであろう如何にも’70年代の“ヤマハスポーツ”な1台な訳ですが、広告塔として大物スター選手を起用していた模様。

その名は、スニル・ガヴァスカル…“誰やねん?”って、もの凄く失礼な事を呟いてしまいがちですが、クリケット界のレジェンドらしい!125回の国際試合に出場し1万122ラン(凄さが判らん…)。’74-75年から’86-87年にかけて106の国際試合連続出場という輝かしい記録を残しているそうです。

03さらにこの広告は、国際試合におけるインド人打者最高得点となる236ランの金字塔を打ち立てた翌年に製作された様で、人気絶頂のスター選手を起用する程、気合の入ったモデルだったに違いない。

という訳で、RD最終型を彷彿させるヤル気満々なシリンダーヘッドとは裏腹、シンプルな2ストシングル(ベビーツインのノックダウンは無理?)なのが残念ですが、RDシリーズの雰囲気を匂わせるモデルだけに少し気になります。

| | コメント (0)

2016年3月15日 (火)

バンニング萌え

0102今月25日~27日に東京ビッグサイトで東京モーターサイクルショーが開催される訳ですが、画像は出展に向け、バンニングが完了したビモータのNEWマシン・Impeto(インペト)。

独自のスーパーチャージャーキットを装着したドゥカティ・ディアベル用水冷Lツイン搭載のハイパーネイキッドとして、昨年のEICMAで話題を呼んだ同モデルですが、デザインの好き嫌いは抜きにして、仕様を聞くだけで“強め”と脳内変換してしまった搭載ユニットが気になるところ…。

とは言え、個人的にマシン云々よりも、ビモータの公式フェイスブック上にアップされた工場でのバンニング風景に萌え~(死語)って、なっちゃいます。“b”ロゴの入った木のクレートがたまらん!

という訳で、昨年 テージでお馴染みのマルコーニ氏が復帰するなど、復活に向け精力的なビモータですが、いつの時代も“走る宝石”で有り続けて欲しいモノです。

| | コメント (0)

2016年3月14日 (月)

アンプ内蔵モノ

0102ESPのエントリーユーザー向けブランド・GrassRootsから発売されているアンプ内蔵ギター「GR Mini Guitar Series」にセミアコタイプのNEWモデルが登場!

ピックアップみたいなスピーカーで「Speak Up」(左画像参照,パーツ単品は絶版?)と名付けられたピックアップ型スピーカーが特徴的ですが、これまでにもアンプ内蔵ギターでよく見掛けた手法…。

とは言え、レスポールやストラト,フライングVをモチーフとした製品が多かった所為か、セミアコって、ちょっと新鮮!カラーがチェリーのみなのが残念ですが、ビグズビー(ビグズビー風の廉価コピー品の方が似合いそう…)のトレモロアームとかを付けたりすれば、ロカビリーな集会に最適かも!?

03という訳で、いまさら安価なエントリー向けモデル(腕は相変わらずエントリーレベルだが…)を新品で買おうとは思いませんが、“アンプ内蔵”って聞くと、何と無く惹かれてしまいます。
※左画像はテスコTRG-1コレクション!やっぱコレだなッ!

| | コメント (0)

2016年3月13日 (日)

いまさらHOLGA

01_202_2今日は豊田スタジアムで開催されていたフリマに行ってきました…といっても、いつもの胡散臭いオッサンが胡散臭い代物を捌く、“部品交換会”なフリマではなく、子供服や手作り手芸品など、“ママさん”的な健全なヤツ。

懐中電灯片手に闇取引…そんなスタイルが個人的に定着している為、開始時刻10時はヌルすぎるッ!

そんな事より、興味のあるモノが全然な…あった~って、見つけたのが、一昔前に独特な描写で人気を集めたトイカメラ「HOLGA」。トイカメラだけに子供に…って思いつつも、自分の物にしちゃうシリーズです。

個人的にトイカメラと言えば、ポラロイド派だった為、巨人帽を被るような罪悪感に駆られる訳ですが、多重露光にバルブ撮影…こいつが面白い写真を撮れることは知っている。

03という訳で、いまさら35mmフィルムを装填する気に中々なれませんが、フィルムが買い難くなる前に思う存分遊んでおきたいものです。


| | コメント (0)

2016年3月12日 (土)

左利き!?

0102先日、レゴ・Minifiguresシリーズの新作「ディズニー編」を紹介(過去分参照)しましたが、もう少し先の話だった様で、次のSerie16は画像の様な感じ。

まだパッケージしか出回っていない様ですが、「ディズニー編」に比べて、同シリーズらしい雰囲気で、もはや普通っぽい…。

とは言え、人気の“被り物”系がペンギンとバナナの2種あり、純正品では初登場となるアコースティックギターを持つマリアッチ(なぜかレフティ!?)など、気になるアイテムも多い。

又、2016新作モデル「Fun in the Park - City People Pack(純正品番:60134)」に登場予定の赤ちゃんフィグが付属する金髪のお母さんなんかもアツい!赤ちゃんフィグのみ欲しかった…なんて輩も多いはず。

という訳で、先行してディズニー編がリークしていた為、少し興ざめしますが、今後もライセンスキャラの力に頼らず、Minifiguresシリーズ独自の世界観も広げていって欲しいものです。

| | コメント (0)

2016年3月11日 (金)

どんたくシリーズの景品

0102プロ野球選手が副賞として商品名の書かれたボードや大きな鍵を受け取るシーンって、よく見掛けますが、商品実物をグラウンドで受け取るケースは稀…。

そんな感じで画像は、’60年に“どんたくシリーズ”と銘打って、平和台球場で開催された西鉄×南海・6回戦での最高殊勲選手表彰の様子。

ヤマハから贈呈された当時の最新モデル「ヤマハスクーター175(SC-1)」にまたがっているのは、9回裏にサヨナラ安打を放った小淵泰輔選手。この後、同選手がSC-1に乗っていたかどうかは調査不足ですが、ユニフォーム姿にスクーターって、草野球っぽくて違和感なし!堤防道路が似合いそうです。

このSC-1は、軽量なプレスモノコックフレーム(乾燥重量120kg←ラビットS301Bと同じ)やシャフトドライブを採用するなど、他社にはない凝った作りのスクーターでしたが、販売面が振るわず短命に終わった様なので、SC-1にとっては単車生のハイライトかもしれません!?

03という訳で、不人気ゆえの少生産台数から現存する個体を見つけるのは困難ですが、残っている個体についてはマニアによって大事に保管されていたケースが多そうなので、根気強く世代交代を待てば、良いコンディションの個体に巡り会えるはず!

| | コメント (0)

2016年3月10日 (木)

10周年

01
020410周年って、一つの節目。何やかんや10周年って言いたくなるもんですが、気付けばH1Bに乗り始めて10年!早いもんです。

そんな感じで、画像は10年前…。同時期にH1Fを手に入れたウチナー氏(左画像参照)とお気に入りのモスバーガーでのワンシーン。

駐輪場に隣接したテラス席がいつもの指定席でした…。そんなモスもいつの日か閉店。ウチナー氏のH1Fも北海道ツーリングで撃沈。そしてウチナーに帰っていった…。ボクも結婚したり、子供が出来たり、10年って早いようで色々変るもんです。

その点、ボクのH1Bについては、チャンバーが付いたり、タンクが綺麗なモノ(元々、付いていたタンクは全然レインボーじゃない…)に交換された程度で、至ってノンビリした歳月を送っている感じ…。

03という訳で、H1Bとの10年を振り返ると…トラブルの記憶が多いのですが、それらを打ち消すくらい、気まぐれで暴力的な加速は素晴らしい!最近、あまり乗れていない所為もありますが、いつ乗っても新鮮です。乗っている時の高揚感…10年経っても変わらへんなぁ~。


| | コメント (0)

2016年3月 9日 (水)

ヤマハ・ロータス・フォード

0102ヤマハの4輪レース活動(カート除く)と言えば、’90年代のF1エンジン供給(こだわりの5バルブ!)が有名ですが、古くはトヨタとの「トヨタ7」共同開発など、発動機と名乗るだけあって“エンジン屋”らしい渋い仕事が多い。

そんな感じで、画像は’65年のインディ500!ダン・ガーニーが駆るホットロッドなカラーリングがイカす「ロータス38」には、“YAMAHA SPL.”の文字…。まさかフォードV8をチューンしていたのか?って思わせますが、単なるスポンサー(しかもメイン)だった様です。

ちなみに画像でダン・ガーニーが話している“YAMAHA”ジャケットの紳士は、「シェルビー・コブラ」でお馴染みのキャロル・シェルビー!同氏の紹介によって、ヤマハがスポンサーに付いたそうですが、背中いっぱいの“YAMAHA”に大人な事情を感じなくもない。

03という訳で、これらヤマハのスポンサードは、翌年も行われ、ダン・ガーニーのマシンは音叉マークのみとなりましたが、チームメイト ジョー・レオナルド(左画像参照)の6号車には“YAMAHA”の名がちゃんと刻まれており、フォントが前年Ver.より補正されたっぽい。


| | コメント (0)

2016年3月 8日 (火)

デニムボーイ

0102街角でゲームボーイをプレイしている少年を見たとしたら、間違いなく見てはいけない何か(座敷わらし)だと思いますが、個人的な脳内変換としては、3DSやプレステVitaをやっている少年を見ても、とりあえず“ゲームボーイをしてる”って認識してしまいます。

そんな感じで、画像はゲームボーイポケットの北米版広告!ジーンズのポケットに入る薄型ボディを全面に打ち出した広告な訳ですが、ポケットに刻まれたゲームボーイのシルエットが粋!

初期型でも同様にジーンズのポケットを使った広告(左画像参照)がありましたが、入りきらずパッツンパッツン…。とは言え、それなりのクオリティを持ったゲーム機を、携帯できるようになった事はとってもセンセーショナルでした。

という訳で、ゲームボーイの型がポケットに入ったダメージジーンズってないのかなぁ~って、思う今日この頃。ジャンクのゲームボーイポケットをポケットに入れっぱにして作っちゃう?

| | コメント (0)

2016年3月 7日 (月)

タルガ

0102昨年からポルシェのライセンス商品をラインナップするプレイモービルの新作が画像の『ポルシェ・911タルガ 4S』(品番:5991←末番が991になっているのがミソ。タルガ4Sは「991」がベース)。

「ポルシェ・911カレラS」(品番:3911)に続く第二弾となる訳ですが、スライディングルーフのギミックこそオミットされているものの、タルガトップの脱着を可能とし、特徴的なシルバー仕上げのタルガバーが実車同様、ダサカッコいい!

又、今回も車体の他に小綺麗なディーラーを再現するセットが付属。カタログにポスター、ポップボード…。リアルな様でそうでもない独特なディフォルメ具合や黎明期より変わることのないフィグによって、強引にプレイモービルに仕上げてくるあたりは流石。

03という訳で、プレイモービルのクルマ物はサイズ感がリアルで、存在感充分。個人的には現行モデルだけでなく、旧型モデルのリリースを熱望しています。きっと「914」とかプレイモービルが似合いそう!?

| | コメント (1)

2016年3月 6日 (日)

シルビア スーパーシルエット

0102「トミカリミテッドヴィンテージ NEO」から6月に『シルビア スーパーシルエット83年』が発売されるらしい。

同シリーズでは、トミカ40周年を記念し、’10年に発売された「トミカ・スカイライン スーパーシルエット(84年型)」に始まり、「コカ・コーラ ブルーバード スーパーシルエット」(’11年発売),「オートバックス ブルーバード スーパーシルエット」(’12年発売)とGr.5マシンをリリースしてきましたが、忘れた頃に星野一義×インパルの登場。

これまでのコカ・コーラやオートバックスに比べれば、若干 地味ですが、幼き日に愛用していた下敷きがこの火を吐く23号車だった事もあり、思い入れのあるマシンだったりします。とは言え、いまさら見ると稲妻カラーがとてもヤンチャ!

03という訳で、前作らのGr.5と同様、ドライバーが同梱され、カウル着脱/エンジン(LZ20B型)表現など、1/64スケールにして素晴らしいのですが、価格が6,300円!!前回のオートバックス ブルーバードの4,300円ですら、高っけ~って思ったのに、トミカに6,300円…みんな大人になったなぁ~。

| | コメント (0)

2016年3月 5日 (土)

ネタ切れ?

0102かねてから噂されていたレゴ・Minifiguresシリーズ「ディズニー編」のポスターがリークされています。

レギュラーブロックサイズでは久々に登場のミッキーマウス(左画像はファビュランド・ベースの旧作)を始め、全18種類とシリーズ最多になる訳ですが、すでに続編を匂わせるラインナップ…↓
・ミッキーマウス ・ミニーマウス ・ドナルドダック ・デイジーダック ・アリス ・チェシャ猫 ・ピーターパン ・フック船長 ・アラジン ・ジーニー ・バズライトイヤー ・エイリアン ・アリエル ・アースラ ・Mr.インクレディブル ・シンドローム ・マレフィセント ・スティッチ

03在型流用っぽいジーニーやアリエルはさておき、トイ・ストリーのエイリアン(左画像参照)はそのまま?バズに至っては“ディ”ディフォルメによってレゴらしくなってる!?これでミッキーが恒例の着ぐるみシリーズだったら、ある意味リアルなのですが、多分違う…。

という訳で、スターウォーズがディズニーに買収されて以来、よりディズニー色が強まった気がするレゴですが、Minifiguresシリーズに“ディズニー”を投入してくるあたり、そろそろネタ切れなのかも知れません!?

| | コメント (0)

2016年3月 4日 (金)

海底系!?

0102先日、ドゥカティのNewマシンを紹介しましたが、フロントカウルにウイングが装着されるだけで、どのマシンも海底系…。

そんな感じで、画像は昨年のチャンピオン、ヤマハ・YZR-M1。新レギュレーション(ミシュランタイヤ・17インチ化,統一ECU)に苦戦しているのか、ドカ同様 フロントカウルに大型ウイングを装着したマシンをテスト。

カラーリングやエアインテークの“口”具合もありますが、熱帯魚的というかドカに比べて、エエもんっぽい!取って付けた様なカラーリングが無骨ですが、彩色されてスポンサーが付けば、よりファニーフェイスとなるかも?

03という訳で、現段階でGPマシンのフロントウイングは不格好なものに見えてしまいますが、「強い=カッコいい」の法則に則り、レースで活躍すれば、イケてるアイテムとして、ストリートで流行るかも知れません。

| | コメント (0)

2016年3月 3日 (木)

ストロボライン?キリトリ線?

0103ヤマハ創立60周年を記念し、往年のストロボラインがおごられた限定モデルがラインナップされていますが、所謂“USインターカラー”といっても、年代ごとにライン具合が異なっていたりして各々 個性的!

そんな感じで、画像はケニー・ロバーツの
AMAグランドナショナル最終年となる’77年のショット。扱いにくい水冷2ストのTZ750から再び空冷4ストバーチカルツインのXSに戻っている訳ですが、排気量が650ccから750ccに拡大され、キャストホイールやリアにモノショックが採用されるなど、現代的なディメンションとなっているのが特徴。

そして、気になるストロボラインですが、歴史を刻むフィルム…というよりは、“キリトリ線”みたいな感じで微妙!実際に数レース走ったのみで、オーソドックスなラインに変更となっている為、資料も少なく歴史から切り取られがち?

02という訳で、いまさらTW200をダートラ風にカスタムしようと思っている輩にオススメのカラー。スカチューン?ビューティフルライフ仕様?あれ程、流行ったのに記憶から切り取られがちです!

| | コメント (0)

2016年3月 2日 (水)

ミッキーマウス!

0102デジタル機器との接続,リンクを考慮したレコードプレイヤー,ラジオ等、レトロデザインのアナログ家電を数多くリリースしている米・Crosley Radio社の人気アイテム『Crosley Cruiser』にディズニーとのコラボモデルが登場!

スーツケース型の持ち運びアナログプレイヤーとして人気を博し、これまで様々なコラボモデル(ラモーンズVer.が欲しい!)が発売されてきた同モデルですが、老若男女に愛される“ディズニー物”だけに、若干ミーハー臭が漂ってきます。

又、描かれるミッキーのイラストも本体のレトロなルックスと時代考証にズレが感じられ、このイラストを生かすならもっと“プラッチック”っぽい素材で作ればいいのに…って思った老害はボクだけではないはず!とは言え、ミッキーがカートゥーン内で、口笛を吹きながら外で聴いていそうなルックスなので善しとしたい。

03という訳で、ジュークボックスやラジオに電話など、往年の銘品をモチーフとしたオマージュ製品を得意とする同社だけに、GE製ミッキープレイヤー(左画像参照)を現代の技術で復刻して欲しいモンです!

| | コメント (0)

2016年3月 1日 (火)

もう3月!

01
今年は正月早々に入院したり、のんびりスタートしましたが、下界の時は早い!1月は行く。2月は逃げる。そして3月もあっという間に去っていくのかも!?
そんな感じで画像は4年前…。最近かと思っていたら、そうでもない。地震(1995 PRIDE!)でペッコリ凹んだタンクも、凹み歴21年。痘痕(あばた)もエクボです。凹みに合わせて書いてもらったペイントが何となく誇らしい。
という訳で、3月は4月からの新生活準備月間でありながら、お別れの季節!おっさんになって、そういう一年の流れがなくなりましたが、3月に感じる“学年末”の雰囲気を忘れずにいたいものです。4月から中学27年生!思春期は続くのです…。

| | コメント (0)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »