« 旭日旗と国連旗 | トップページ | コンバートEVバイク用キット »

2016年2月 7日 (日)

Boomerang

0103近未来をイメージして製作されたコンセプトカーって、時代が追いつけないのか、敢えてそれと異なるベクトルに向かってしまうのか、いつまで経っても近未来的…。

そんな感じで、画像は’71年に発表され、翌年には走行可能なプロトタイプまで製作された『マセラッティ・ブーメラン』。

巨匠・ジウジアーロによってデザインされたスタイルは、“ザ・スーパーカー!”とも言える定番のカタチな訳ですが、コックピットが近未来的すぎる。タコメーターを中心にスイッチ,計器類が放射状に配され、’70s・SF映画から抜けて出してきた宇宙船みたい!

フィーリング的にゴミ箱を股に挟んで“レースごっこ”をしている時に似ているのかも知れませんが、どう見ても煩わしい。計器類は善しとして、スイッチ類が全然 システマティックではない。

02という訳で、このブーメランは、プロトタイプが1台製作されたのみですが、オーナーを転々としながら、現在も走行可能状態で保たれているらしい。しかも、ナンバーを取得し、一般公道を走っているというから素晴らしすぎる。


|

« 旭日旗と国連旗 | トップページ | コンバートEVバイク用キット »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旭日旗と国連旗 | トップページ | コンバートEVバイク用キット »