« 市販車萎え | トップページ | 黄色いの一杯! »

2015年11月15日 (日)

インディアンのBMW

0102BMW期待の小排気量ロードスポーツ「G310R」が発表されました。313ccの水冷DOHC4バルブ単気筒を搭載した世界戦略車となる訳ですが、製造を行うのはインドのTVSモーター。

TVSと言えば、スズキ系のイメージ(’01年に提携終了)がありますが、’13年からBMWと提携していた模様…。KTMやハーレーに続き、BMWもインド製マシンを登場させる事になったのですが、500cc以下の新市場開拓を目指すには、アジアメーカーと提携する手法が一番てっとり早いかも?

インド製って聞くと、精度や品質において、少し不安を抱きますが、スポーツネイキッドS1000Rと同テイストの外装や倒立フォークを装着し、結構ええ感じにまとめられているような気もします。又、エンジンに後傾シリンダーヘッドや後方排気レイアウトを採用するなど、性能の話は抜きにして、とても凝ったつくり!

03という訳で、日本市場の導入は未定ですが、価格帯が国内メーカーと同程度ならば、“アシ”に欲しいというビーマーも多いはず。個人的にはTVSが製造するオートリクシャのBMW版なら欲しい!?

|

« 市販車萎え | トップページ | 黄色いの一杯! »

オートバイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 市販車萎え | トップページ | 黄色いの一杯! »