« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

2015年10月31日 (土)

エリミネーター・マークⅡ

0103“エリミネーター・マークⅡ”って聞くと、何と無く厳ついマシンを連想しますが、画像は米・Murray社が’70年代に発売していた子供用自転車『Eliminator Mark II』!

Schwinn社Sting-rayを筆頭にホットロッドやマッスルカーを模した’70sのローチャリは未だに根強い人気を誇っている訳ですが、画像のモデルはスタンダードからぶっ飛んだスタイル!

2本のシフトノブが飛び出たシフトゲートや変形ハンドル,リアに向かって絶妙なRを描くフレームなど、子供をその気にさせるに充分なルックスなのですが、チェーンガードに貼られたデカールがめっちゃレーシー…。

という訳で、見覚えのあるコブラマークなのですが、何げに自転車になっているところがイカしてる!?著作権?ライセンス?子供にそんなの関係ありません!

| | コメント (0)

2015年10月30日 (金)

アコースティックカプラーモデム

0102アタリが’79年に発売したホームコンピュータの名機「ATARI800」には、様々な周辺機器がラインナップされていた訳ですが、画像はアコースティックカプラーモデム『830』!

これはインターネットが普及していなかった時代のアイテムで、画像の通り、アコースティックカプラーモデムに受話器をはめ込んで、受話器のマイク部分に向かって音声信号を出力することでデータを伝える仕組み…。

当然、受話器が雑音を拾うと“伝送エラー”となるなど、デジタルな現代からしてみれば、とてつもなくアナログなのですが、’60sな雰囲気を残す黒電話と近未来的な’80sコンピュータの融合…何と無くエロチック!たまらん。

という訳で、光回線だのWifiだの便利な世の中になりましたが、何げに電話回線を利用している点では、現代とそれ程 変わらないのかも!?

| | コメント (0)

2015年10月29日 (木)

BIMOTA CLASSIC PARTS

01_202ビモータの日本正規代理店・モトコルセが、HB1からSB8Kまでのクラシック・ビモータに関する純正スペアパーツの供給や再生産を行うBIMOTA CLASSIC PARTS社製品の取り扱いを開始!

ビモータのアフターパーツ需要がどれ程あるのか興味深いところですが、BIMOTA CLASSIC PARTS社では、外装パーツからメカニカルパーツ,電装部品など、今後 幅広く展開していくとの事。

公式HPでは、前述のクラシック・ビモータのパーツリストが公開されており、幻の2スト・スーパースポーツ「500-V due」やバードゲージフレームがめっちゃタンブリーニな黎明期の「KBシリーズ」,「SBシリーズ」のパーツリストが閲覧出来るのはありがたい。

という訳で、外装の経年劣化などで、クスぼった“走っていない宝石”を所有するビモータ・オーナーにとっては、朗報ではないでしょうか!?

| | コメント (0)

2015年10月28日 (水)

ディアドラ×マールボロ

0103アイルトン・セナやマクラーレンのピットクルーが履くマールボロカラーのディアドラについては、過去にも紹介してきましたが、画像は同じマールボロでもオートバイの「マールボロ」。

’84年に「マールボロ・ヤマハ・アゴスティーニ」よりスポット参戦(画像はダッチTT?)を果たした平忠彦を撮らえたモノですが、アンブレラを持つスタッフの靴が例の赤いディアドラ!

マールボロがメインスポンサーにつく、2輪4輪の両チームが、同時期にディアドラからピットシューズの供給を受けているあたり、ディアドラとマールボロは密接な関係にあったのかも知れません。

という訳で、マールボロカラーのディアドラへの憧れは強まるばかりですが、レースチーム在りきで、あの赤ならめっちゃレーシーです!

02

| | コメント (0)

2015年10月27日 (火)

時代が求めた16ビット

0102ファミコンの時代が終わり、スーパーファミコン,PCエンジン,メガドライブと次世代ハードが競合していた頃(’89~’90年頃)って、懐かしい。その中でも、アーケード移植モノが充実していたメガドライブの“硬派”な雰囲気に何と無く惹かれ、黒いボディに“16-BIT”の金文字がとてもカッコよく見えたもんです。

そんな感じで、画像は最近 発表されたメガドライブをモチーフとしたグッズ。キャップにシューズ(外箱が渋い!左画像参照),シャツ,ぬいぐるみ…往年のメガドライバーが喜びそうなアイテムが続々と登場!

近年のレトロゲームブームもあり、世代を超え、再評価されつつあるメガドライブですが、リアル世代ではない若者にとっては、どういう存在なのだろうか、気になるところ…。

という訳で、スリッポンシューズについてはANNIPON、その他のキャップやシャツについてはCOSPAを要チェック。古参ゲーマーをアピールするに打って付けだと思います。

| | コメント (0)

2015年10月26日 (月)

2軍監督・掛布 背番号31!!

0102阪神の2軍監督に本部長付き育成&打撃コーディネイター(←謎の役職)・掛布雅之氏の就任が発表されました。

28年ぶりの現場復帰となる訳ですが、注目は同氏が付ける背番号「31」!!先日、監督就任が発表された金本知憲氏の背番号「6」復活に続く、“ちょい”オールドファンには嬉しいサプライズなのですが、永久欠番になっていない現役時代の背番号を監督が付けるのは、いずれも異例!?

球団側は、ミスタータイガースの「31」,鉄人の「6」を背負う後継者を育てる意味で、指導者にあえて、これらの背番号を委ねた様ですが、前述のオールドファンへのアピールやグッズ展開など、在阪球団らしい商魂も見え隠れします。

という訳で、掛布氏の背番号「31」は、OB戦やイベントなどで見慣れたものですが、ミスタータイガースが現場に戻ってくるのは、何とも頼もしい!03背番号「31」を担う若手を2軍で育てていって欲しいモノです。

| | コメント (0)

2015年10月25日 (日)

テンテ

0102レゴと同ニュアンスのブロックトイは、新旧様々なものがありますが、画像は野村トーイが’70年代に発売していた「TENTE」!

“テンテ”って、変わったネーミングですが、元ネタはスペイン・EXIN-LINES BROS社のブランドで、野村トーイが輸入あるいはライセンス生産していた模様(米・ハズブロ経由?)。

日本版テンテは、’80年代中頃にフェードアウトしていった訳ですが、本国版については’93年にEDUCA BORRAS社(スペイン玩具大手)にライセンスが移行し、’08年頃まで生産されていたらしく、ファンサイトが存在するほど根強い人気を誇っている様です(ファンサイトで日本版ロゴのTシャツが売られている!)。

03
という訳で、テンテの発売自体が’72年なのに、日本版シェルスタンドのロゴが’71年以前の旧ロゴ(’61~’70年)というのがナゾすぎる。

| | コメント (1)

2015年10月24日 (土)

ハッピーウェディング

0102今日は友人のキノコくんとポイさん(※)の娘さんの結婚式!いやいや何ともおめでたい。

そんな感じで、二次会で歌ってきました!おめでたい席で歌うのは、本当に楽しい。そして、二人の為だけに歌えばいいのだから、ライブに比べて、感情をダイレクトにぶつけやすい!

とは言え、手術後の復帰戦。術後はお腹に力を入れて歌うのが困難な時期もあり、まだまだ飛んだり、跳ねたり、ラジバンダリ…して歌うのは難しいのですが、ほぼ回復したと勘違いしています。

という訳で、歌詞が飛んで歌えなかった「エール」の2番は下記の通り…

フレー!フレー!長いのぼり坂
上に何もないかもね
フレー!フレー!急な下り坂
走ったらコケちゃう
フレー!フレー!まさかのまさかは
どうにかなるだろう
フレー!フレー!前を向いて行け
後ろで手を振ってます


って、“前を向いて行け”と言っていますが、後ろを振り返れば、きっと応援してくれる仲間がいるはず。のぼり坂・下り坂・まさか。辛くなたらエスケープ!気楽に行こう!!

※…娘に与えた鯨のぬいぐるみ。明治製菓・メイアクト(抗生物質)のイメージキャラらしいのですが、勝手に「ポイさん」と命名。歩行音は“ポーイポーイ”という設定で遊んでいます。

| | コメント (1)

2015年10月23日 (金)

唱歌ラヂオ

0102これだけ情報社会で世界中の音楽が聴けるの様になったのに、日本人の楽曲って、あんまり世界に羽ばたかない…。

一番の原因は、日本語を喋っている事だと思いますが、幼少期に聴かされる唱歌が長年アップデートされていない事も要因の一つではないだろうか?

そんな感じで、画像は『唱歌ラヂオ』!レトロチックな木製ボディを採用したAM/FMラジオな訳ですが、名前の通り、唱歌100曲がプリインストールされている優れモノ(ルックス的に不釣合いな液晶パネルには、曲名がスクロール!)。さらに、曲の合間にラジオDJっぽいMCトーク(曲紹介)まで収録されており、中々 面白い。

価格的に実勢店頭売価13,000円とやや高価なのですが、一番の購入ターゲット層(ラジオを月賦で購入していた世代?)にしてみれば、安いのかも知れません。

という訳で、店頭で視聴してきましたが、やっぱり唱歌ってエエもんです…って、この感覚が多くの日本人アーティストにも潜在的にあるとしたら、やっぱり世界に羽ばたく音楽を作るのって厳しいかも!?日本人らしく行こうぜ~♪

| | コメント (0)

2015年10月22日 (木)

ダットサン乗り養成ギブス

0102クルマのダッシュボードを模したキッズアイテムはいつの時代も定番(10/20分と同じくだり)ですが、アメリカ製が“左ハンドル”モチーフなら、日本製は“右ハンドル”!

そんな感じで、画像は野村トーイが’60年代中期~後期頃に発売していた『HOME DRIVER'S DASHBOARD』。’65年式フェアレディ1600がモチーフとなっており、カラーリングこそ子供チックな雰囲気にまとめられていますが、メーターのレイアウトやステアリングのデザインがちゃんとフェアレディなのが好印象。

そして、左側にチェンジシフトが設けられた“右ハンドル仕様”なのがポイント。当時としては当たり前の事ですが、H型シフトゲートのマニュアルを採用しているのも渋い。

03という訳で、ダットサン・フェアレディの玩具は、新旧 様々なものがありますが、やはりオリジナルの右ハンドル・ドメスティック仕様が清い!ちなみに左画像は’76年発表のMidway「280-ZZZAP」の筐体ですが、左ハンドル…。

| | コメント (0)

2015年10月21日 (水)

Baja Bike Scrambler

0103クルマのダッシュボード系玩具に比べ、同種のオートバイ版って、結構 少数派…。そんな感じで、画像はSchaper社(TYCO社が’86年に買収)が’78年に発売した『Baja Bike Scrambler』!

同社のヒット商品「U-Drive-It」(’74年)の派生製品となる訳ですが、ネーミングの通り、バハ・ラリーをモチーフとしたスクロールするコース(障害物あり)をハンドル操作していく電気式玩具となっています。

勿論、注目は“SUZUKI”のライセンス商品という点。オートバイのディティールやカラーリングがスズキっぽくないのですが、レースチームのロゴやコンペティションな雰囲気のタンクデカールが、スズキ好きにはタマらん感じ!とは言え、スズキとバハ・ラリーって、あまりイメージが結びつかない…。

02という訳で、お孫さんとコタツで、ヤジキンさん(矢島金次郎)や城北ライダースの話を聞かせながら遊びたいというスクランブラーな爺さんにオススメしたいアイテムです。

| | コメント (0)

2015年10月20日 (火)

爆発!デューク

0102クルマのダッシュボードを模したキッズアイテムはいつの時代も定番ですが、やはり“旧車”に惹かれます。

そんな感じで画像は、ILLCO社から’81年に発売されていた『THE DUKES OF HAZZARD/General Lee Dashboard with Fuzz Detector』!

これはアメリカで’79~’85年に渡り、放映された人気TVドラマ「THE DUKES OF HAZZARD」の劇中車・ジェネラルリー(’69ダッジ・チャージャー)を題材とした玩具となっており、CB無線や探知機、エンジン音など、子供騙しなギミック満載。

しかしながら、デザインやレイアウトはアメ車的ながら、全然ダッジチャージャーじゃない所が知育玩具としては失格!当時 同じ様な意見のダディが多くいたのか、翌年 同社から発売された「Knight Rider/K.I.T.T. Knight 2000 Dashboard」では、やや再現力アップ…。

03という訳で、子供にハイプレミアムなビンテージ玩具を与えるのは勇気がいりますが、こういうのを上手く使って、将来的に親子で趣味が共有できるようになれば、素晴らしい事だと思います。

ちなみに左画像のナイトライダー物は、10万円くらいで取引されているらしい…。

| | コメント (0)

2015年10月19日 (月)

آرین توتون صنعت

0102分煙化が進み、国内販売が落ち込んでいる日本たばこ産業(JT)ですが、所詮 人口1億2千万人の小さなマーケット。世界は広い!海外事業の拡大を進めている模様。

そんな感じで、JTがイラン第5位のタバコメーカー・アリヤン社を買収したとの事…。第5位買収って、中途半端…と思いきや、イランでトップシェアを誇っているのはJT!!この買収は低価格帯商品の強化が目的らしい。アリヤン?韓国料理屋?見たことも聞いたこともありませんが、「Arian Tobacco industry(ATI)」(HP参照)のことだそうです。

とは言え、ATIについては日経にもそれ程、詳しく書かれておらず、“アリヤン買収”と多くのメディアが報じているが、A・R・I・A・Nのスペルに“ヤン”を発する要素が見当たらない点も気になる。

03という訳で、画像はATIの主力商品ですが、パッケージに例の“ガンで死ぬよ”的なメッセージではなく、“ポイ捨てするな”的なイメージとなっている点にイラン・タバコ市場の勢いを感じます。

| | コメント (0)

2015年10月18日 (日)

祭靴で行こう

0102今日は土呂八幡宮の例祭に行ってきました。普段はとても静かな場所ですが、和太鼓やよさこいにフラダンス。出店も一杯並び、とても賑やか!普段、見掛けない大勢の子供たちはどこから湧いてきたのだろうか…。

そして、近隣を練り歩き、お神輿が戻ってくる頃に祭りはさらにヒートアップ。その後、特等が6段変速自転車にも関わらず、異常な活気の福引があり、フィナーレは手筒花火の奉納(左画像参照,クリックで拡大)。大きな打上げ花火もいいのですが、何と無く危なっかしい手筒花火も迫力があってエエもんです。

そんな感じで、画像は祭りに合わせ新調した「NIKE BLAZER MID TEXTILE PRINT」。アロハな花柄を採用したLove&Peaceな雰囲気がお気に入り!個人的にお祭りの日に相応しいと思い込んでいます。

03という訳で、イベント盛り沢山のこの時期ですが、ローカルフェスをしっかり楽しむのも悪くないなぁ~って思う今日この頃です。

| | コメント (0)

2015年10月17日 (土)

キティーさん41歳。マイメロディーさん40歳。

0103先日、娘がもらったハッピーセットのオマケ(マイメロの鏡!女子力高ッ)についていたリーフレットを見ていると、マイメロディーちゃんが40周年を迎えていたことに衝撃。比較的新しい部類かと思っていましたが、安定人気のキティーちゃんの陰に隠れ、’80年代後半から’90年代中頃は暗黒時代を過ごしていた模様…。

そんな感じで、マイメロとは対照的にサンリオの絶対エースに君臨し続けるハローキティーの新作アイテムが画像の「70’sプレミアムBOX」。

昨年、40周年を迎え、様々なプレミアムグッズが登場していた様ですが、このBOXは初期の絵素材を使用した文房具4点と’76年に発売された幻の絵本『フィーリング・ブックレット』の復刻版がセットとなっており、昔の少女(現在、BBA)にとっても嬉しい逸品となっている様です。

02という訳で、いくつになっても男子的には、サンリオの魅力が判りにくかったりするのですが、物心がつかない娘の“かぁ~い”(可愛い)といった反応から察するに、女子が潜在的に好む“何か”があるのかも?

ちなみに画像の“ALFRED-chanrio”はサンリオが運営する「ちゃんりおメーカー」で作ったモンです。コレはなかなか面白いッ!


| | コメント (0)

2015年10月16日 (金)

Prototype!

01
0203昨日に引き続きファミコンネタになりますが、画像はファミコンの後継機種「スーパーファミコン」のプロトタイプ!当時はファミ通などの情報にかじりついたモノです…。

上画像の方が最初にリークされた試作機にあたり、右画像のタイプについては、かなり製品版に近い訳ですが、国内版スーパーファミコンのアイデンティティであり、アイコン化されたカラフルなボタンが未採用でとてもシンプル!

NES(北米版ファミコン)やゲームボーイ(初期型)などと同テイストの質実剛健な雰囲気でまとめられており、ちょっぴり子供に媚びたカラフルなボタンの製品版よりもある意味 任天堂らしい気がします。

という訳で、以前は任天堂製品に対して、トヨタ的というか、ホンダ的というか、トップブランドゆえのメジャーさにマニア心をくすぐられませんでしたが、年月を重ね“旧”の頭文字がついてくると何と無く惹かれます!?

| | コメント (0)

2015年10月15日 (木)

Test Cartridge

01_2

02一般ユーザーが目に触れることのない診断機や点検器具に萌えってなることは、どのカテゴリーでも多々ありますが、TVゲーム系コレクター垂涎のアイテムが画像のNES(北米版ファミコン)用テストカートリッジ!

画像は、コントローラーテスト用のモノですが、他にも数種類(ジョイパッドテスト,ポートテストなど)が存在しており、いずれもかなり高額で取引されている模様。

これらのテストカートリッジは、日本版(左画像参照)にも存在している訳ですが、北米版にはマリオのイラストが入り、フォントも製品チックでカッコいい。勿論、日本版の“ザ・業務用”みたいな雰囲気も悪くありませんが、インテリアにするなら俄然、北米版!?とは言え、2コンのマイクテストモードを収録した日本版も渋い…。

03という訳で、世界中にコレクターが存在している“Nintenndo”モノゆえに、手が出せそうにないプライス(eBay参照←高ッ)ですが、一度コレクターの手に渡ると再流通は少なそうなので、(お金持ちで)欲しい人は見つけ次第、“買い”だと思います。

| | コメント (0)

2015年10月14日 (水)

DORINK&FOOD リーダー 弁天島店

0102ハンバーガーを両手に貪るのが2か月程前(入院・絶食時代)の夢でした…。そんな感じで先日、浜名湖・弁天島のほとりにある『DORINK&FOOD リーダー』へ行ってきました。

画像の通り、ボリュームある本格派のハンバーガーが食べられる訳ですが、味については、食レポ系サイトを参照いただいた方が的確だと思いますが、ハンバーガーに飢えていたボクにとっては大満足の逸品!

さらに浜名湖を望むロケーションが素晴らしすぎる。弁天島の鳥居についても、アメリカ人が連想する“Japanese Beauty”だけに、ハンバーガーを食べながらこのロケーションで見れば、とてもアメリカンだ!?

03という訳で、ハンバーガーって食べるロケーションも大事。美味しいハンバーガーがさらに美味しくなります。

| | コメント (0)

2015年10月13日 (火)

Rick Nash

0103以前、プレイモービルの新作「NHLシリーズ」について紹介(過去分参照)しましたが、画像は発売を記念したプロモーション時の模様。

ゲストとして、ニューヨーク・レンジャーズのスーパースター、リック・ナッシュ選手が登場!会場には、“Playmobil”ロゴが誇らしいZAMBONI(過去分参照)の製氷車が置かれ、ナッシュ選手もご満悦の様子。

とは言え、プレイモービルを使って、テーブルホッケーをやるのって難しそう。手を使っただの、如何だの…って、安易に喧嘩が始まりそうです。当然、アイスホッケーだけに殴り合いになると思います。

という訳で、有名選手を起用したプロモーション活動を精力的に行うなど、「プレイモービル×NHL」の本気具合が伝わってきます。

| | コメント (0)

2015年10月12日 (月)

Follow Me Jeep

01航空機を所定の停止位置や滑走路に案内誘導する「フォローミーカー」について、以前紹介(過去分参照)しましたが、それらのルーツとなっているのが、画像の『Follow Me Jeep』。

02当初は、部隊のジープに“Follow Me”のプレートを付けた即席マシンだったそうですが、目立ちやすい様にチェッカー柄の幌が採用される様になり、その後 ボディー全体にチェッカー柄がおごられた現在のスタイルになったらしい。

又、フォローミーカー=黄/黒をイメージしますが、黎明期には部隊や飛行場によって、白/黒や赤/白(ハセガワのプラモ)が採用されており、画像の様な白黒写真のフォローミーカーも実はそのまま白/黒なのかも知れません。

という訳で、中華ジープで「Follow Me Jeepレプリカ」を作ればよかった…って、ちょっぴり後悔しています。

| | コメント (0)

2015年10月11日 (日)

菅野玉砕!トラトラトラ!!

0102六甲おろしに~♪
プロ野球CSファーストステージ第2戦、昨日敗れ後がない阪神でしたが、画像の通り 巨人軍を玉砕!!何と言っても、ヒーローは外国人助っ人の3人。

巨人軍エース・菅野の初回立ち上がりをゴメス・マートンの連続アーチで叩き、4回にはメッセンジャーの犠打が3塁悪送球を誘い1点追加。投げてもメッセンジャーは7回2失点の好投!

抑えの切り札・呉 昇桓が登録抹消されている為、画像に星条旗しか掲げられないのが残念ですが、高宮→安藤→福原の中継ぎ陣が無失点リレー。

という訳で、昨日の10回サヨナラ負けが悔やまれますが、CSファイナルステージ進出へ逆王手。03明日は阪神キラー・ポレダ(8試合5勝2敗)の先発が予想され、厳しい戦いを強いられますが、無敵の我らぞ阪神タイガ~ス♪きっと明日は「ポレダ玉砕!トラトラトラ!!」をタイトルに出来るはず!

| | コメント (0)

2015年10月10日 (土)

インターカラー

0102ツインリンクもてぎで、MotoGP・第15戦日本GPが開催されていますが、注目は何と言ってもスポット参戦する中須賀克行!

以前紹介(過去分参照)した通り、ヤマハ創立60周年を記念したインターカラーのマシンで出場している訳ですが、日本のヤマハ・ファクトリーチームによる参戦の為、ライダー,スタッフとも日本人。揃いの黄色いピットシャツに、何と無く違和感を覚えなくもないのですが、やっぱりコレがヤマハの“キラー”カラー!カッケー!?

フォトセッションでは、元ネタのYZR500やYZF-R1(60thカラー)のマシンが持ち込まれ、総合チャンピオン争いを繰り広げているロッシ,ロレンソも駆け付けた模様(左画像参照)。どうせならロッシ,ロレンソもこのカラーで…って、思ったりもしますが、スポンサーの問題など大人の事情があるのかも?

03という訳で、予選15番手(1分45秒496,PPのロレンソは1分43秒790)と苦戦を強いられそうですが、中須賀選手には伝統のカラーに恥じない粘り強い走りで、’12年以来の表彰台を目指して欲しいものです。

| | コメント (0)

2015年10月 9日 (金)

SBK優勝記念特別仕様

0104カワサキが「Ninja ZX-10R」の’16モデルを発表(左画像参照)!パッと見ではフロントノーズ形状が変わったくらいですが、クランクシャフトが改良され、ピークパワーは200馬力OVER。H2と同様のエンジンブレーキコントロール装備…云々と進化を遂げたフルモデルチェンジモデルとなっており、今シーズンSBK(世界スーパーバイク選手権)を制したワークスマシンのノウハウがフィードバックされているらしい。

そんな10Rにつられ、発表されたのが画像のZX-6R・SBK優勝記念特別仕様!前述の通り、今シーズンSBKを制したジョナサン・レイ&ZX-10Rを記念したモデルの様ですが、単に新型10Rと同系グラフィック…。ちなみにNinja300/250/250SLにも、同様のSBK優勝記念特別仕様がラインナップされましたが、同じノリ。

02という訳で、来シーズンのワークスSBKマシンのカラーなのかも知れませんが、優勝記念特別仕様を名乗るくらいなら、堂々とゼッケンNo.1を掲げて欲しいものです(後貼りでもエエから…)。

| | コメント (0)

2015年10月 8日 (木)

ペーパーボーイ

01
0204世界中で根強い人気を誇るアタリ不朽の名作『ペーパーボーイ』ですが、画像は製作者のDon Traeger氏とDave Ralston氏によるスケッチ…。

なかなか味のあるスケッチですが、同ゲームのドタバタした雰囲気や悪ノリ感がよく伝わってきます。また、この段階でかなり内容が固まっている様な気もします。

日本では、家庭用版の発売時期が悪かった事(ファミコンの晩年)や洋ゲーに対する“クソゲー”イメージもあり、知名度は低いのですが、中古市場でファミコン版,メガドライブ版ともに高値で取引されるなど、マニアには正当評価されてきた部類だと思います。

という訳で、誕生から30年経っても、色褪せない独自の世界観が、これらスケッチに詰め込まれている様で、何と無くワクワクします。
ファミコン版,メガドライブ版ともに高値で取引されるなど、マニアには正当評価されてきた部類だと思います。

| | コメント (0)

2015年10月 7日 (水)

阪神CS出場決定…

0103CS進出を決定できないまま最終戦を終えた阪神タイガースでしたが、果報は寝て待て…。画像の通り、広島が最終戦で中日に敗れ、0.5ゲーム差で、阪神が3位CS進出!

チャンチャカチャンチャ~♪(六甲おろしのイントロ)って、ジェット風船を上げたいところですが、何と無く 後味悪目…。

2桁勝利を挙げ勝ち越した投手が藤浪のみ、3割バッター無し、勝率も5割を切る借金1。CSに進出するには、何とも不甲斐ない成績。とは言え、長いペナントレースの結果。

画像は、7回無失点の好投を続けたマエケンに代わり、8回から登板するも3点を奪われ、ベンチで泣き崩れる大瀬良(そして慰めるマエケン)。この試合に勝てば…こうなるのは仕方ありません。

02という訳で、球団創立80周年のオマケといった感じもしなくないのですが、無事 CS進出を果たした阪神タイガース!10日から巨人との3連戦。厳しい戦いが続きますが、最終的には左画像のような光景が見たいものです!

| | コメント (0)

2015年10月 6日 (火)

馬場カメラマン

01レースなどに使用するオンボードカメラの進化は、一般のカメラと同様、着実に小型化や高画質化の道を歩んでいる訳ですが、小型化が劇的に進んだのは、デジタルの時代になってからだと思います。

そんな感じで、画像はアナログな時代の撮影風景!バッグの中に放送機材でも入っているのだろうか、まるで部活の帰りみたい…。

02そんな事より、3年連続AMAグランドナショナル・ダートトラックチャンピオン(’85~’87年),AMAスーパーバイクチャンピオン(’88年)に輝いたアメホンのエース、ババ・ショバートがカメラ担当を務めているのが面白い。

マシンから察するに、’88年・WGP250ccクラスにスポット参戦(アメリカGP:ラグナセカ)した時のモノの様ですが、どういう経緯で、何のためにやっているのかはナゾ!?

という訳で、チャンピオンといってもAMAとWGPでは、かなり扱いが違うのかも…いやいや地元ファンへのパフォーマンスに違いない。少なくとも罰ゲーム的なノリではなさそう。

| | コメント (0)

2015年10月 5日 (月)

Crash Test Dummy

0102テーマに捕らわれない自由なラインナップが魅力のプレイモービル“Fi?ures”シリーズの第10弾と第11弾が発表されている訳ですが、“Special”シリーズ旧作の焼き直しやレゴ・minifiguresのパクリネタが目立つ様な気がします。

そんな感じで、注目は第11弾の「Crash Test Dummy」!欧米では、コスプレ衣装が売られるほど人気のある自動車衝突テストのダミー人形な訳ですが、レゴ・minifiguresで既出…。

とは言え、プレモファンにとっては、自動車モノに乗せたいアイテム!?又、熱狂的なCrash Test Dummyマニア(結構いるみたい…)には、たまらん感じではないでしょうか?個人的には、最近 流通しているのを見掛けなくなったTYCOの「The Crash Dammies」(左画像参照)を思い出し、欲しくなっています…。

03という訳で、このプレイモービル“Fi?ures”第11弾の発売は、来年の夏…と、かなり先の話ですが、Crash Test Dummyが乗ることを想定し、ジャンクの自動車モノを準備しておきたいモノです。

| | コメント (0)

2015年10月 4日 (日)

ええカッコしい

0102オートバイって、基本的には“ええカッコしい”の乗り物だなぁ~って、我ながらつくづく思います。乗り始めた理由は、各々あるにせよ、若干 悪びれたくて、何と無く興味を持った…なんて輩も多いと思います。

そんな感じで、画像は「ブルタコ・Campera 175」(左画像参照)と「ミヤタOA型」の広告!燃料タンク廻りでの喫煙をアジる様な広告をメーカーが打つなんて、今のご時世では考えられませんが、「タバコ」と「オートバイ」…ティーンの心を惹きつける“ワルさ”が凝縮されています!?

とは言え、それらの幻想は、もはや旧世代の考え。オートバイにも酒にもタバコにも興味を示さないという最近のティーンにとっては、“ワルさ=カッコいい”とはいかないのが、何と無く悲しい現状…。

03という訳で、最新式のミヤタに跨り、粋がる兄ちゃんの足元に注目!シークレットシューズ気味(笑)。やっぱりオートバイは“ええカッコしい”の乗り物で有り続けて欲しいものです。

| | コメント (0)

2015年10月 3日 (土)

赤いストロボ

01_202ヤマハ60周年を記念し、黄/黒のストロボカラーを纏った「YZF-R1 60TH ANNIVERSARY EDITION」が欧州で発表されましたが、ヤマハの代表カラーは、“白に赤ラインの本社カラーだ”っていう硬派なファンも多いはず。

そんな感じで、画像はUSインターカラー(黄/黒)のケニー・ロバーツ,本社カラーのジョニー・チェコットに挑む、32号車 スティーブ・ベイカー!

この赤/黒マシンは、“裏”カラー的な扱いを受けていますが、このカラーリングでベイカーは、デイトナ100マイルレース(250cc)優勝、フォーミュラ750世界選手権で善戦(’77年に本社カラーでチャンピオン)するなど、輝やかしい成績…。しかしながら、WGPを制したケニー・ロバーツ&USインターカラーのインパクトが強すぎる。

03という訳で、“チャンピオンマシン=代表カラー”の図式は揺らぎませんが、“いぶし銀”具合でいけば、赤/黒マシンが断然シブい!

| | コメント (0)

2015年10月 2日 (金)

マリオと言えば…

0102本日は、私 38歳の誕生日!お誕生日に玩具を貰うような年齢ではありませんが、いくつになっても玩具が欲しい!?

そんな感じで、入手したのは買いそびれていたメディコムトイのウルトラディテールフィギュア「マリオブラザーズ」のマリオとルイージ。

これらは、昨年 任天堂キャラクターシリーズの第二弾として発売されたモノで、画像の通り1983年発表の『マリオブラザーズ』がモチーフとなっています。世代によって、違和感を感じるかもしれませんが、当時のパッケージに描かれたマリオ&ルイージを見事にフィギュア化!

同シリーズには、ファミコン大ヒットの火付け役「スーパーマリオブラザーズ」(1985年)時代のマリオもラインナップされていますが、個人的には、アーケード臭が強い旧マリオの方がお気に入り。何と言っても、マリオ初の冠ゲームですから…。

03という訳で、38歳。人生の真ん中辺りにいるのか、後半なのか、意外に始まったばかり(目指せ120歳!)なのか、よく判りませんが「スペースインベーダー」発表(1978年)の前年に生まれ、ゲームと共に成長・進化してきたつもり…。このフィギュアを手に“昔は~”って、よろけながら、ゲームの歴史を語る老害になりたいもんです!?

| | コメント (0)

2015年10月 1日 (木)

ULINE Utility Scale

0103体重計と言えば、体脂肪計が付いたデジタル表示で薄型のモノが標準的になってきましたが、個人的にはアナログ針で“ビヨ~ン”な感じの、重たくて分厚いヤツが好きです。

そんな感じで、入手時より体重計だと勘違いし続けているアイテムが画像のULINE製「Utility Scale」!250ポンド(約113.4kg)まで計れるスケールなので、スーパーライト級(135~140ポンド)のボクがのっても、問題ないと思いますが、元来 運送業者などが荷物を計るのに使用するアイテムの様です。

この種の業務用スケールも、体重計と同様 デジタル化(左画像参照)の流れにある訳ですが、現行モデルとしてラインナップ(公式HP参照)され続けているところをみると、視認性に優れたアナログを好むカスタマーが多いのかも知れません。

02という訳で、ヘビーデューティなルックスもさることながら、持ち運びに便利な取手やレバーによるメモリーロック機構を装備しており、普通の体重計に飽きた輩におすすめです。
※ULINE社は、業務用のダンボール箱やビニール袋,梱包材などを中心に扱うアメリカの卸業者

| | コメント (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »