« JAPAUTO | トップページ | Ed “Too Tall” Jones »

2015年9月 5日 (土)

ライラックの軌跡

0102「旧いオートバイに乗ってる」って、聞いてそれが『ライラック』なら、ちょっぴりテンションが上がったりする訳(過去分参照)ですが、今月の19日から浜松市博物館で「ライラックの軌跡」が開催され、歴代のライラックが勢揃いするそうです。

最近は、国内4メーカーともコレクションホール的な施設を設け、自社の名車を公開している訳ですが、現存しないメーカーの単独企画展って新鮮・・・。

ライラックについては、個人的に縁がなく、パーツやマニュアルを数点所有していた程度なので興味津々。BMWやモトグッツィのパクリメーカーの様に思われがちですが、あくまで“チエンのないオートバイ”(シャフトドライブ)というのがウリ・・・。ボクサーツインや縦置きVツインは、シャフトドライブとの相性から採用されたそうで、パクリではないとの事。

03そんな事より、ボクサーツインと縦置きVツインのマシンを同時ラインナップしているのは凄い!又、125ccの小排気量Vツイン(CS28)を生産していた技術力は、もっと評価されるべき!?

という訳で、ライラック友の会による展示案内(9/22)やデモ走行(10/10)なども行われるそうなので、気になる人は是非、ポンポンの故郷・浜松にいってみよう。

|

« JAPAUTO | トップページ | Ed “Too Tall” Jones »

オートバイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« JAPAUTO | トップページ | Ed “Too Tall” Jones »