« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015年8月31日 (月)

ごきげん過ぎるワーゲン

01
0204旧いVWは、ビートル,タイプⅡ,タイプⅢ,カルマンギア等々、魅力的なモデルで一杯ですが、それらを凝縮したようなマシンが画像の『Typ147・Fridolin』。

国営時代のDeutsche Post(ドイツ連邦郵便)向けに生産されたスライドドア付ウォークスルーバン(助手席は折り畳み可)な訳ですが、前述の通り、様々なVWモデルがミクスチャーされています。

(VWのライン的に)少量生産となる為、純正キャンパー製作でお馴染みのウェストファリア社によって、生産されていた様ですが、カルマンギアのボディ,タイプⅡのテールゲート(後姿はバスです!?),タイプⅢのヘッドライト,ビートルのアクスルやトランスミッション等々、予算に合わせた苦労が垣間見える流用っぷり(寄せ集め)!

積載量については、タイプⅡの半分程度の様ですが、スライドドアやカーゴフェンスなど、働くクルマ好きには堪らんディテール…。乗り降りもしやすそうで実用的。

03という訳で、このモデルはドイチェポストのみならず、ルフトハンザ航空やスイス郵便(1.3Lエンジン換装,ディスクブレーキ採用のアップグレード版)にも導入されるなど、実用VW車の隠れた名作ではないでしょうか!?

| | コメント (0)

2015年8月30日 (日)

自然再生

01_203_2今日はリハビリと称して、今夏 初の西浦海岸…。気付けば、夏も終わりですが、季節なんて誰かが決めたモノ。ボクの夏は始まったばかり!

そんな感じで、カラダを治す上で励みになるのは、西浦海岸を望む画像の丘(名物のヘアピン沿い)。2013年5月に火災があり、その後 焼失した建物が取り壊され、ワイプ画像(2014年3月頃)の様に、岩肌が剥き出しになっていましたが、自然再生能力は素晴らしい!?

元々、建物があった時代の光景(左下画像参照)を忘れるくらい自然な雰囲気に…。とは言え、この状態がオリジナルなのかも知れません。

02_2という訳で、人間が木々を刈り取り、建物を作る。建物を壊す。再び木々が茂る…。少し複雑な気持ちになりますが、自然に自然が自然っぽく(?)再生していく様子に、物凄いパワーを感じました!

| | コメント (0)

2015年8月29日 (土)

Ape TM

0102先日、イタリア国家憲兵・カラビニエリを紹介(過去分参照)した際に、ベスパカーのポリス仕様について少し触れましたが、画像はドイツ警察・POLIZEIに採用されているベスパカー!

ベスパカーと言えば、日本でも見かけるApe 50の1人乗りサイズをイメージしてしまいますが、画像のマシンは、ちょっぴりデカい2人乗りのApe TM(公式HP)!

大柄なドイツ人男性が乗ると、パッツン×2ですが、218㏄エンジン(422㏄ディーゼルの設定有)を搭載し、1,770mm×1,430mmの荷台を採用する等、それなりユーティリティに使えそう(左下画像参照。チンク積んでる…)。

本国イタリアではなく、有力自動車生産国・ドイツで採用されている点が、ピアジオグループの政治力を物語っている訳ですが、シルバーボディーに水色/切り取りラインがよく似合っていると思います。

03という訳で、Over 50㏄クラスのApeは、安定性や安全面などで、日本の軽自動車規格をクリアできないとの事(By輸入業者←もっと頑張って!)ですが、改善・対策を施し、日本導入を熱望するばかりです

| | コメント (0)

2015年8月28日 (金)

ウニモグ

56605661幼児用ペダルカーとは言え、“はたらくクルマ”を見ると、未だに萌え~ッ(死語)となってしまう訳ですが、画像は「JOHN DEERE」や「CAT」などのトラクターや重機を幅広くラインナップするドイツの玩具メーカー『Rolly Toys』のウニモグ!

現行モデルは、「112」番が誇らしい消防Ver.のみとなっている様ですが、やっぱりSTD.の如何にも“はたらくクルマ”なオレンジが渋いッ。

又、実車と同様、ローダーなどのオプションが設定されており、様々な○○ごっこに対応している点が素晴らしい。それっぽい走破性を発揮するであろう2速ギアをペダルに採用しているあたりもニクイ!

5662という訳で、「ウニモグ」はお子様でも覚えやすい単語の部類だと思うので、良識ある大人としてはウニモグの語源「Universal-Motor-Gerät」(多目的動力装置≒多目的作業車)はおさえておきたいところです。

| | コメント (0)

2015年8月27日 (木)

CARABINIERI

56575658ポリスモノが悪趣味にも充実しているプレイモービルですが、画像は新作の「CARABINIERI(カラビニエリ)」シリーズ!カラビニエリとは、イタリアの国家憲兵の事ですが、“憲兵”って少し強め!!

一般警察のPOLIZIAとは異なる濃紺の専用カラーが勇ましい訳ですが、ラインナップのパトカー(品番:5041),ヘリコプター(品番:5042)には実車,実機さながらのカラーリングが再現されているものの、白バイ(品番:5043)については、シルバーの車体にタンポ印刷と残念な仕上がり…。

マシンについても、汎用ポリス機・BMW R1100RT風ボディが継続採用されており、そろそろNEWマシン(R1200RT)が投入されてもいい様な気がします。

5659という訳で、ネタ的に面白いマシン(左画像参照)が多い「カラビニエリ」だけに、シリーズ展開を期待してしまいます。

| | コメント (0)

2015年8月26日 (水)

リハビリ中

56545655久々に帰ってきたマイホーム。しかしながら、気付く運動量の少なさ…。“狭い病院内で、どうやって運動するんだよ”って、入院中はボヤいていましたが、トイレに行くだけでも家なら近い。近すぎる!

そんな感じで、早朝から近所を徘徊。ご老人にとっては、もう一通り 徘徊終了の時間帯ゆえに「早朝感」は薄いのですが、個人的には朝の空気がエエ感じ。

あらためて近所を歩くと、中々の田舎っぷりを実感。木造の蔵に囲まれた路地(左上画像参照)など、向こうからミゼットが来そう…。又、畑のあぜ道の様にみえる道(左下画像参照)も立派な市道!

5656という訳で、体力の衰えと回復の両方を感じつつ、もう少しリハビリを続けたいと思います。「頑張ろう!」(=現状:頑張れていない)なんて、ネガティブな事はいいません。既に頑張っているつもりですから!?

| | コメント (0)

2015年8月25日 (火)

通いなれた道

01長かった入院生活がやっと終わりました。そして、右画像は通いなれた道…。1か月間ではありましたが、何となく寂しい感じがしないでもない。

病院内のミクロな世界から、マクロな下界へ…大袈裟ですが、幼稚園から小学生,中学生、さらに学生から(上京し)社会人へと、いっきに世界観が広がった感覚と退院って、少し似てる。

03厳しくも優しい看護師さん。年齢が自分の親くらいなのに仲良くなった相部屋の同士。故郷の両親,先生,お友達とお別れするのに似てる。長く居ればいる程、その感覚は増す…。

という訳で、病院を後にしながら脳裏に流れるバックグラウンドミュージックは、やっぱり「思い出のアルバム」!アルバムに残る様な写真は残っていませんが、ジーンときます。後ろは振り向かないぞってね(半泣)。

| | コメント (0)

2015年8月24日 (月)

たいみそ

0102長かった入院ライフもそろそろ終焉を迎えつつあります。絶食が2週間続き、重湯から始まった病院食も普通っぽくなりました。

そんな感じで、病院での美味いもんランキング1位は、何と言っても「たいみそ」!入院時の“お粥時期”に付け合わされる定番のトッピングな訳ですが、何も食べていなかったカラダに染みわたる味。野良犬の如くお粥をすすり、毎回 感動させられます。

とは言え、「たいみそ」に出会うタイミングって、入院時以外(おでんや田楽などにつけるの?)あまりなく、危機的状況から回避された時ばかりに口にするため、脳内イメージが良すぎる!

03ちなみに今回の病院で出てきた「たいみそ」は、小豆島で昭和23年の創業以来 佃煮を作り続ける『宝食品』の逸品。メーカー公式HPの商品一覧に掲載が無く、どこで手に入るのか少し謎ですが、今回の病院での汁系小袋は殆ど宝食品でした。渋いッ。

という訳で、“たいみそ=美味い”といった黄金の方程式を築いている絶食系病人は、ボクだけではないはず!

| | コメント (0)

2015年8月23日 (日)

つなぐ

0102今年は24時間テレビを病室で観るとは思ってもいませんでしたが、皮肉にも今年のテーマは「つなぐ」!

手術前に病名はお知らせ(7/23分参照)しましたが、具体的にどういう手術を行ったかというと、患部である右半結腸を切除し、小腸と左半結腸を“つなぐ”バイパス手術。右画像のタイトル通り、大腸がんの手術と同じセオリー…。

そもそも、なぜ「巨大結腸」になってしまったかというと、アイドルゆえにトイレにあまり行けなかったことが一番の要因だと勘違いしていますが、どうやら2002年の交通事故(過去分参照)時にダメージを受けていた可能性が濃厚!?

そんな感じで、今回の病理検査によると、切り取った部分の結腸には、神経がほとんど無かったそうです。あわや大腸破裂…(汗)。

03という訳で、事故から十数年が経ち、辛かった事とか忘れていました。平和ボケしていました。欲深くなりすぎていました。それでも、今回 あらためて“生きている事”って、幸せなんだなぁ~って、再認識できたから善しとしたい。

| | コメント (0)

2015年8月22日 (土)

イタリアの救急車は『118』

0102今日も医療現場(病床)からですが、画像はイタリアのAMBULANZA(救急車)!近年、日本でも視認性の高い灯火類が救急車両などに採用されたりしていますが、画像ほどではない…。

救急車を呼んだ時に「近くまで来たらサイレン消してください」なんて事を言う人が多い日本では敬遠されるのかも知れませんが、これくらい賑やかな方が良いかも知れません。

ちなみに車両は、イタリアで救急車のトップシェアを誇るフィアット・デュカートですが、精悍で引き攣ったフロントマスクが、如何にも…といった感じ!右画像の’70年代AMBULANZA(アルファロメオF12&フィアット238)と比べると、とっても対照的。

03という訳で、道路事情(左画像はムルティプラの救急車。狭い路地で活躍!?)や国民性に合わせ、世界各国で独自に進化していると思しき救急車の歴史は、実に趣き深い…。

| | コメント (0)

2015年8月21日 (金)

NV救急車

01_202最近は、救急車や介護用車両をよく見る訳(苦笑)ですが、「NV350キャラバン」ベースの介護用車両が多い!カルロス・ゴーン氏の政治力なのか、救急車も随分 見掛ける様になりましたが、かなり使い勝手が良さそう。

そんな感じで、右画像はメキシコで2013年より導入され、シェアを拡大し続ける「NV2500」ベースの救急車!同シリーズは、日産が北米市場を意識した渾身のフルサイズパッセンジャーな訳ですが、アメリカメーカーの救急車から乗り換えさせるなんて凄い事だ…。

この北米版NVについては、少数ながら輸入されている様で、日本でも見かける機会がありますが、個人的な感想としては“安っぽいアメ車”(ドンキに停まっていたので特にそう思った…)といった感じ!?

という訳で、「働くクルマ」を見るとワクワクしますが、そろそろ医療関係以外の働くクルマを見たいところです。

| | コメント (0)

2015年8月20日 (木)

ナチズム!?

01_202_2「しまむら」がナチス鉤十字風(“風”というよりガチ)ネックレスをあしらったシャツを販売し、問題となっていますが、そのニュースで思い出したのが、画像のユニフォーム。

これは、伊・プロサッカーチーム「フィオレンティーナ」’92-93シーズンのアウェーですが、肩や腕にあしらわれた柄の一部がハーケンクロイツを連想させるとして、急遽 使用が中止(真っ白な3rdユニフォーム投入)された曰くつきユニフォーム!

意図してか、無意識なのか判りませんが、ハーケンクロイツ自体 SとSを組み合わせた単純ロゴゆえにデザインって、難しい(佐野氏…)。

03_2という訳で、この年のフィオレンティーナは、ユニフォームの呪いか、バティストゥータ(元アルゼンチン代表)を擁しながらも、セリエBに降格。“ケチ”がつく…とは、昔からよく言いますが、ケチがついて悪い方向へ向かった典型的な例ではないだろうか!?

| | コメント (0)

2015年8月19日 (水)

萬格實業医院

0102先日、レゴの病院モノについて、紹介しましたが、パチ物ながら充実したラインナップを誇っているのが、中国の萬格實業有限公司(WANGE INDUSTRIAL)!

「Medical/HOSPITAL SERIES」と名付けられ、病院の各セクションごとに、小セットが6種類ラインナップされており、左画像(クリックで拡大)の通り、つなぎ合わせると慌ただしい雰囲気の総合病院となるアイテム。

建物のリアルさを追求した近年のレゴに比べ、遊ぶ事を重視した“はりぼて感”の強いキットですが、昔のレゴって、こういうノリだった様な気もします。それでいながら、車椅子など本家にないオリジナリティ溢れるパーツが含まれているのが素晴らしい。

03という訳で、素材のチープさや製品精度については、一向に改善されませんが、パチ物なりに独自の道を歩んでいる感がたまりません!?

| | コメント (0)

2015年8月18日 (火)

病床のゲームと言えば…

0102携帯ゲーム機と言えば、ゲームウォッチやゲームボーイなどのゲーム専用機を個人的にイメージしますが、最近ではスマホでゲームアプリを楽しんだりするのが主流!?

とは言え、ダウンロードごときで所有欲が一向に満たされない旧世代の諸兄諸姉も多いはず。その点、ゲームウォッチに代表される単独タイトル専用のゲーム機は、5台持っていれば物凄い所有欲…ではないだろうか!?

そんな感じで、画像は「コナミ」が、’80年代後半から’90年代前半にかけて、北米を中心に販売していた携帯ゲーム機。人気タイトルを数多くラインナップしていた「Tiger」(左画像参照,過去分参照)と同じような手法ですが、家庭用やアーケードで人気の高いタイトルをLCDゲームへ強引に移植!自社タイトルのみの為、「Tiger」より“弱め”ですが、『グラディウス』や『魂斗羅』などコナミファンには、たまらん感じです。

03という訳で、あまり知られていませんが国内版も発売(ワゴンセール臭のする劣悪なジャケ)されていたので、探せば安価で手に入る…(って、思い込んでいましたが、「Japanese Ver.」としてebayで売られているのをよく見かける。国内にはもうないのかも?)。

| | コメント (0)

2015年8月17日 (月)

救急サイドカー

0103クルマが高価だった時代に、サイドカーが救急車として使用されていたことは、以前紹介したような気がします…。

そんな感じで右画像の上側は、現在もアフリカ方面で稼働中の救急サイドカー!下側の戦前車両と基本ディメンションに大差はありませんが、搬送するのが負傷兵ではなく主に妊婦という点がピースフル!

これらは、無医村などの辺境地から、清潔で安全に出産が行える施設まで妊婦を搬送する素晴らしいマシンとなっており、妊婦死亡率削減を目的に、ユニセフと各政府によって配備されてきたらしい(救急車に比べ、安価に配備可能!)。

04という訳で、この救急サイドカーに乗る機会や見る機会は、おそらくないと思いますが、本車側にはアールズフォークが組まれるなど、その走破性・快適性が気になるところです。

| | コメント (0)

2015年8月16日 (日)

無影灯

0102手術台に載せられた時に、目の前にある例の丸い電灯って、緊張感あります。

あれは、光を乱反射させ、影が出来にくくなる「無影灯」と呼ばれるモノですが、個人の作業用にガレージに欲しい…なんて輩はボクだけではないはず。

そんな感じで、メイン画像は黎明期(1930年代頃)の無影灯。現行のモノに比べて効率は悪そうですが、これならガレージにあってもシャレオツです(左画像の様な如何にも…なヤツの方がオモロイけど)。

近年、医療用の薬品棚やラックが“オシャレ雑貨”として、もてはやされていますが、やはり実用性を追求したインダストリアル・デザインは素晴らしい。

03という訳で、モノがモノだけに色々(血しぶきが…etc.)と気にする人も多いと思いますが、調べてみると、結構 流通しているようなので、オペ気取りで整備をしたい人にオススメ!

| | コメント (0)

2015年8月15日 (土)

病床で遊びたいアイテム

01

0203入院してから何日が経過したのだろう?もう飽きた…を通り越し、生活のリズムが出来始めてきた(泣)。

そんな感じで、病床で悪趣味にも遊びたいアイテムが、画像のレゴ・ホームメーカーシリーズ「231・Hospital」。フィグが大きい為、大掛かりな同シリーズですが、この作品も例に漏れずデカい。

上の図面や左画像(クリックしてミソ)の通り、ドールハウス的に展開が可能で、病室と診察室(処置室?)がある立派な病院…なのですが、普段は病室も診察室も一緒くたなのが玉に瑕(きず)。とは言え、出窓のお花が渋すぎる!

04_2という訳で、レゴには新旧様々な病院モノが存在しているので、病状に合わせて、エエ感じのモノをピックして遊びたいものです。

| | コメント (0)

2015年8月14日 (金)

Floor Safety Signs

0103過去に何度か紹介(過去分参照:その①/その②)し、愛して止まないRubbermaid製ウェットフロアサインですが、“CAUTION”サインだけに黄色だけかと思っていましたが、画像の通り ブラックやグレーなども設定されている模様(公式HP)。

グレーのバケツや水切りに合わせると、とってもクールな感じになる訳ですが、注意喚起を促すサインとしては微妙なところ…。

とは言え、ワーカー側の気持ちの方が大事!?ブラックやグレーの方がカッコいいと思ってしまったら、採用しない手はない。いい仕事に、カッコいいツールって、めっちゃ大事。制服や社用車などもしかりですが、ちょっとした事でテンションって上がりませんか?

02_2という訳で、患者の事などおかまいなしで、掃除を敢行する病院のサービスの方に、ベッドをモップでガン×2やられながら、ワーカースタイルを再考しています。

| | コメント (0)

2015年8月13日 (木)

パナソニック・RP-HS10

0102ご無沙汰しております。まだまだ病床からですが、どうでもいい情報をお伝えしていきます!そんな感じで、入院時の必須オプションと言えば「貸テレビ」ではないでしょうか?そして“イヤホンをご用意ください”というのが常…。

そこで、前々回(’02年:第二頚椎骨折)、前回(’06年:腸閉塞)の長期入院時にも使用していたのが、画像のパナソニック製ヘッドホン(RP-HS10・1998年製)!

イエロー/グレーのカラーリングに防滴仕様と、海外で根強い人気を誇ったソニーのスポーツシリーズ(左画像参照)を意識した商品であるのは一目瞭然ですが、オーバーヘッド型の為、使わない時にベッド枠へ引掛けられるので、めっちゃ便利。

03最近でこそ、本格的なオーバーヘッド型ヘッドホンを首から下げ、「これでi-Podを聴くんだぁ~」みたいな輩を見かけますが、購入当時(’99年頃)は、インナーイヤー型(普通のイヤホン)が主流で、“北米っぽいなぁ~”って、このヘッドホンを買った様な気がします。

という訳で、落ち行く点滴を徒然なるままに眺めるといった状況からは脱しましたが、やはり夏は外で思い切り暴れたいモノです。おそらく、このヘッドホンも外で防滴機能を活かしたいに違いない…(入院時にしか使用したことが無い)。

| | コメント (0)

2015年8月 6日 (木)

術後の経過について

01ご無沙汰しております。
前回 お知らせしたとおり、7/30に巨大結腸切除手術を行いました。5時間にも及ぶ大手術となりましたが、術後の経過は良好です。

何といっても驚きは、ウンチが詰まり伸び切った結腸の総重量約7㎏!つまり現体重はマイナス7㎏…。体内では、巨大結腸によって追いやられていた臓器類が、元の場所に戻ろうとしている段階です。

という訳で、しばらくは“今日の~”といった具合に、デイリー更新は難しいと思いますが、前述の臓器達と同様、少しづつ元の場所に戻っていければと考えています。

まぁ~色々考えても、成る様にしか成らないので、ローリングストーンに苔がむすまで、ケセラセラ~とレット・イット・ビーに生きていくだけです。

| | コメント (2)

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »