« NHL・プレイモービルカップ!? | トップページ | モンキーの正しい使い方 »

2015年6月24日 (水)

ニーハンのKTM

0102200や390と日本市場的に中途半端な排気量のモデルしかなかったKTM・デューク/RCに待望の250㏄モデルが登場!

国産モデルでも125㏄ベースの車体に185㏄や200㏄のエンジンを搭載する手法は多くみられましたが、元が200だけにヤキモキしていた日本人も多かったと思います。

性能的にも50㏄アップで5馬力アップとなるなど、単なる日本パッケージではないのが好印象。主だった装備については、既存の200㏄Ver.から変更はありませんが、ラジアルマウントキャリパー,前後ABS,スリッパ―クラッチと充実している部類でしょう!?

という訳で、日本仕様が投入されるくらいメーカーも力を入れだしたので、インド生産による品質・クオリティやパーツ供給が改善される事を願うばかりです。

|

« NHL・プレイモービルカップ!? | トップページ | モンキーの正しい使い方 »

オートバイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« NHL・プレイモービルカップ!? | トップページ | モンキーの正しい使い方 »