« 街のビジネス特急 | トップページ | フィル・リード レプリカ »

2015年5月29日 (金)

元祖ハヤブサ

0102旧車好きのエンスーでも、オートバイの“ハヤブサ”と言えば、元祖メガスポーツ・スズキGSX1300Rを真っ先にイメージすると思いますが、調べてみると画像の『ハヤブサ号』が“元祖ハヤブサ”っぽい!

このモデルは、オートバイメーカーが乱立していた1950年代に名古屋のビスモ商会が販売していた自転車バイクで、キャブトン号でお馴染みの「みずほ自動車」製・自転車エンヂン(ビスモーター)を搭載。

戦後、名古屋地区での標準機だったビスモーターを搭載する自転車バイクは、町工場単位で数えきれないほど製造・販売されていた訳ですが、このハヤブサには原付二種扱いの78.54㏄版が採用され、2名乗車や55㎞/hのトップスピードがウリだった模様。

03という訳で、当ブログではこのマシンに敬意を表し、今後 スズキGSX1300Rの事を、安易に“ハヤブサ”と呼ぶのを控えたい!?

|

« 街のビジネス特急 | トップページ | フィル・リード レプリカ »

オートバイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 街のビジネス特急 | トップページ | フィル・リード レプリカ »