« 鈴鹿に響けアルファサウンド | トップページ | CAGIVA V589 »

2015年4月23日 (木)

ペプシ・スズキ!

01
0203昨日、紹介した鈴鹿のヒストリックイベント『SUZUKA Sound of ENGINE 2015』には二輪のWGPマシンも登場する訳ですが、主催側のイチオシは、K・シュワンツが’88,’89年の日本GPを2連覇した「ペプシ・スズキ RGV-γ」!今回、走るのは’89年型で、勿論 ライダーはシュワンツ…。

そんな感じで、ひねくれモンの当ブログでは、34号車じゃない方をおさらいしておきたい。“ペプシ・スズキ=シュワンツ”だけではない!?

まず、上画像の’88年・10号車は、ヘロン・スズキ(’83~’85),マールボロ・ヤマハ(’86,’87)等のトップチームで、セカンドライダーとして渡り歩いてきたロブ・マッケルニア!大柄な体格から“ビッグ・マック”の愛称で親しまれ、何気にマン島TTで3勝も挙げている。

04そして、右画像の左は、“ロケット・ロン”ことロン・ハスラム。同選手と言えば、ELFプロジェクトの奇怪なマシンのイメージが強いのですが、プロジェクトが完了(?)した’89年に、ペプシ・スズキの8号車を駆っていました。

という訳で、イベントにはペプシ時代のガンマだけでなく、チャンピオンNo.1を背負ったラッキーストライク時代の’94年型も登場予定なので、ガンマ・ファンは要チェック!?

|

« 鈴鹿に響けアルファサウンド | トップページ | CAGIVA V589 »

オートバイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鈴鹿に響けアルファサウンド | トップページ | CAGIVA V589 »