« CAGIVA V589 | トップページ | 復刻!テスコ・スペクトラム5 »

2015年4月25日 (土)

サムライ

02
0103レースカーのエンジンを搭載したトラック・・・ならカッコいい事、この上ないのですが、トラックのエンジンを搭載したレースカー・・・って、なると胡散臭さ倍増!

そんな感じで画像は、’67年の日本GPにエントリーするも、車検落ち・失格となった悲運のマシン『日野サムライ・プロト』・・・。コンテッサ・クーペの1.3L・DOHCエンジンを搭載した軽量スーパーカーのはずでしたが、練習走行でエンジンを壊してしまい、緊急処置で小型トラック・ブリスカ用の1.6L・OHVにエンジン交換。しかしながら、ロードクリアランスの問題で車検落ち・・・。

シェルビーアメリカンで数多くのレースカーを手掛けてきたピート・ブロック氏によってデザインされ、わざわざアメリカより輸送されてきたのに、悲惨すぎる結末。臓器移植後、即死亡って感じ?

04という訳で、プラモデルやミニカーが数種類製作されるなど、幻の美しきマシンへの評価は高いのですが、失格となりレースで醜態を晒さなかった事が功を奏しているような気もします。

|

« CAGIVA V589 | トップページ | 復刻!テスコ・スペクトラム5 »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« CAGIVA V589 | トップページ | 復刻!テスコ・スペクトラム5 »