« AL's BARBER SHOP | トップページ | 起亜・ソレント“Wolverine”仕様 »

2014年11月26日 (水)

もうすぐ未来

53865387来年は映画「バック・トゥ・ザ・フューチャーⅡ」で云うところの未来・2015年!いよいよクルマが空を飛ぶ時代になるはずですが、同作品をあらためて見直すと、現実になっている事、いない事、想像以上に進化している事など感慨深い・・・。

そんな感じで、画像はストーリーを大きく左右させた未来の骨董屋で主人公・マーティーがスポーツ年鑑を見つけたシーン。主人公と同様、年鑑に目がいってしまいがちですが、ショーケース内にある他の商品チョイスが絶妙!

近年のアップル社製品人気によって、コレクタブルアイテムになりつつあるも、ジャンク品臭の強い初代マッキントッシュや最近めっきり見掛けなくなったブラウン管TV、NES(北米版ファミコン)用ソフト「バーガータイム」・・・など、骨董屋というよりはリサイクル屋っぽいラインナップ。こっそり並ぶパナソニック・ラジオの名作「TOOT A LOOP」については、映画発表時(’89年)でも、既にアンティーク的な感じだった為、少しセコい。

5388又、ゲームといえば「Cafe 80's」内で主人公がプレイした『ワイルドガンマン』の印象が強いのですが、カフェ内を注意して見ると、故障中のパックマン筐体も設置されています。これら’80sアーケードゲームが、現代の子供にとっては物足りない内容・・・っていうのは映画通りかも!?

という訳で、一向にクルマが空を飛ぶ気配はありませんが、FAXの出力解像度については、映画以上に発展していると思います。

|

« AL's BARBER SHOP | トップページ | 起亜・ソレント“Wolverine”仕様 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« AL's BARBER SHOP | トップページ | 起亜・ソレント“Wolverine”仕様 »