« 生まれながらの名門 | トップページ | あさひが丘の音・・・ »

2014年10月 1日 (水)

SR400 50 Jahre Edition

52095210インターモト(ケルン)の開催に合わせ、各メーカーからNewモデルが発表されていますが、画像はドイツで6月頃に発表されていた『SR400 50 Jahre Edition』。

このモデルは、独ヤマハの50周年記念モデルとなっており、50年前にケルンショーへ出展されたYDS3をモチーフとしたカラーが施されています。又、SR400だけでなくXJR1300にも「50 Jahre Edition」がラインナップされていた模様。

ツートンカラーのシートや無地のサイドカバーが如何にも黎明期のヤマハ風なのですが、燃料タンクのグラフィックが前述の’64年式YDS3ではなく、’66年式(音叉エンブレム→“YAMAHA”エンブレム)な感じ!?カラーリングについても、’64年式の濃い青ではなく、’66年式の明るい青が採用されています・・・。

5211という訳で、旧きを重んじる欧州らしいアニバーサリーモデルですが、モチーフモデルの設定が曖昧・・・?いやいや、50周年を記念することに意義があるのです!

|

« 生まれながらの名門 | トップページ | あさひが丘の音・・・ »

オートバイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 生まれながらの名門 | トップページ | あさひが丘の音・・・ »