« サニトラのプラモ | トップページ | KORG CLIPHIT »

2014年9月 7日 (日)

新興国向け戦略車

51295131インドネシア国内でトラックのシェア45%を誇る三菱ふそうがNEWマシン『FJ2523』を発表しました。同社にとって、インドネシアは世界販売の37%を占める最大の市場となっており、今回 マイナーチェンジも含め、新たに11モデルを投入!

画像の大型トラック『FJ』は、アジアビジネスモデルで協力関係にあるダイムラー・インディア・コマーシャルビークルズのオラガダム工場(インド・チェンナイ)で生産が行われる、新興国向け戦略車となっており、左ハンドル仕様(左画像参照)が先行して生産されていたそうです。

今回のインドネシア仕様を始めとした「右ハンドルVer.」はケニア,スリランカ,ザンビア,タンザニア,ジンバブエ,バングラデシュ,ブルネイに輸出され、前述の「左ハンドルVer.」については、ナイジェリア,エチオピア,エジプトなどアフリカ/中東方面への輸出が中心となる模様(今後はラテンアメリカ進出予定・・・)。

5130という訳で、この『FJ2523』は全長11,967mmのフルスケールトラックながら、5億8,400万ルピア。日本円で約521万円とかなりリーズナブル!日本人的に“インド生産”って聞くと、抵抗がありますが、この値段なら・・・って、思う社長さんも多いはず!?

|

« サニトラのプラモ | トップページ | KORG CLIPHIT »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サニトラのプラモ | トップページ | KORG CLIPHIT »