« BAJA1000 | トップページ | 次世代ヘルメット »

2014年8月15日 (金)

Grave of the Fireflies


50505051今日は当ブログも盆休み!まったり映画鑑賞でもしよう。いつ頃からかあまりTV放送されなくなりましたが、今時期の定番といえばやっぱり『火垂るの墓』。

今日は特にアメリカ人に見て欲しいという事で、英語版『Grave of the Fireflies』を貼りました。同作品は多言語で発表されている訳ですが、吹き替え版の違和感が凄まじい!又、35:20あたりを参照する限り、英語版では“冷えたカルピス”の誘い文句はオミットされている模様・・・。

この作品については、とりわけ“西宮のオバサン”の態度をめぐって、「子供達(節子&清太)が可哀想」,「戦時下では当たり前の対応」等と意見が分かれる事が多いのですが、両者とも一杯いっぱいの状況なので、なんとも言い難い。

個人的には、戦時下にも関わらず、温和なトーンで正論を述べた農家のおじさん(1:00:00あたり参照)に共感!おじさんの助言を無視し、去っていく清太らを見つめる表情が印象的です。

5052という訳で、終戦から69年を迎え、当時を知る人が減ってきました。戦争がどういうものだったのか、我々の世代も、もっと知るべき。そして、戦争を子供でもわかりやすいアニメで描いた『火垂るの墓』は、毎年 終戦記念日に放映して欲しいもんです。

|

« BAJA1000 | トップページ | 次世代ヘルメット »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« BAJA1000 | トップページ | 次世代ヘルメット »