« これぞレーサーレプリカ! | トップページ | フレコくん »

2014年6月11日 (水)

モチュール缶付きテスト車

4834
4835 4836 以前からスパイショットがリークする等、発売が噂されていたドゥカティ・スクランブラーですが、今秋のショーで一般公開され、2015年から発売されることが公表されました。

特設された専用サイトでは、イメージPVが公開されていますが、未だその全貌については公式アナウンスがありません・・・。往年の単気筒スクランブラー復活を熱望するファン(老害)も多いと思いますが、モンスターやハイパーモタードの中堅モデルに搭載される803ccの空冷Lツインが搭載される模様。

そして、右画像はボルゴパニガーレのテストコースを走るテスト車。リアにモチュールの208L缶を積み、何を試しているのかは判りませんが、近年 稀に見るダサいフェイク・・・。今シーズンからSBKチームもシェル(2013年はモチュール)に乗り換えた為、モチュール缶が転がっていたのかも知れませんが、エキパイからホースがオイル缶に繋がれ、突き刺された煙突から排気!?全くもってナゾです。フロントに取付けられた装置も怪しい・・・。

4837という訳で、スリムで軽快なスクランブラーモデル復活を願うばかりですが、以前のスポーツクラシックシリーズの様に中途半端な感じにならないか心配です。現行エンジンを流用している時点で少し雲行きが怪しい!?

|

« これぞレーサーレプリカ! | トップページ | フレコくん »

オートバイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« これぞレーサーレプリカ! | トップページ | フレコくん »