« ヘテ・タイガース | トップページ | レゴとレトロゲーム »

2014年4月29日 (火)

韓国版ファミコン

46924694昨日に引き続き、韓国ネタ。反日感情むき出しの韓国人は嫌いですが、ハングル語が入っている韓国製品の胡散臭い雰囲気は結構 好きです。

そんな感じで右画像は、韓国版ファミコン・・・というよりは韓国版NES『コムボーイ』。’80年代中頃に韓国でも日本と同じようにビデオゲームが流通し始めた様ですが、なぜかMSX系ゲーム専用機「ゼミクス」(大宇電子)が8bit時代のシェアを握っていたそうです。それらの背景もあり、ファミコンが韓国で発売されたのは、日本でファミコンが終焉を迎えつつあった’89年とかなり遅い!

又、『コムボーイ』をOEM生産していた現代電子のライバル・三星電子も同年にセガ・マスターシステム(現地タイトル:GAMBOY)を発売。マスターシステムについては、元から“MADE IN KOREA”だったのに不思議!?メガドライブ(実は韓国生産)が日本で発売されていた事を踏まえると変な感じです(大人の事情?)。

4693という訳で、この翌’90年にメガドライブ(現地タイトル:三星スーパーアラジンボーイ),’92年にスーファミ(現地タイトル:現代スーパーコムボーイ)が発売され、16bit時代に突入していきますが、相変わらずハングル語表記が堂々と本体に入っている点がヤバい!

|

« ヘテ・タイガース | トップページ | レゴとレトロゲーム »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

80年代の韓国 = 日本のコピペ、パクリ

2000年以後の韓国 = 世界化

https://www.youtube.com/watch?v=GvsgCllcNPE

http://www.boxofficemojo.com/movies/?page=intl&id=avengers2.htm

投稿: O | 2015年5月16日 (土) 04時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヘテ・タイガース | トップページ | レゴとレトロゲーム »