« CHINON・Bellami HD-1 | トップページ | LEONART? »

2014年3月20日 (木)

ヤマハ・YL-1(屋根付き)

45614562ただ単に旧いマシンに飽き足らず、試作車,テスト車,ショーモデルなど、一般人にその価値が見出し難いマシンへ走り出しているコアな旧車ファンも多いと思います。

そんな感じで、最近 気になるマシンが北米でヒットしたベビーツイン・YL-1(100 TWINJET)のキャンペーン用マシン(右画像参照)!東南アジアの二輪タクシーを彷彿させる怪しげな幌が装着されています。

残念ながら、モノクロ画像しか見当たらず、素材やカラーは判りませんが、サイドに刻まれたキャッチコピー“SWINGING WORLD OF YAMAHA”の文字から、4563当時の広告と同様 POPなカラーリングが想像できます。又、フリンジ部分については、ヤマハだけにピアノカバーから流用していたのかも?

という訳で、まともに残っているとは考え難いので、YL-1を使い“キャンペーン・レプリカ”を製作したら…いやいや、この種のマシンはオリジナルでないと意味が無い!右画像後方に掲げられたバナーと共にディスプレイしたいマシンの一つです。

|

« CHINON・Bellami HD-1 | トップページ | LEONART? »

オートバイ」カテゴリの記事

コメント

丸い別珍のピアノいすにもフリンジ付いてましたね。

日本で90のモデルが北米では100って多いですが、HS1は90のままなんですよね。
AT90は100になってるのにちょっと謎です。

ミニツイン系も楽しいですよ
AXやRD前期は28ミリフォークでオイルシールが規格外で苦労しますが。
私はHS90で通勤してます

投稿: YAMADA | 2014年3月30日 (日) 04時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« CHINON・Bellami HD-1 | トップページ | LEONART? »