« CHEVROLET・City Express | トップページ | スズキ・CG-16ゴレンジャー »

2014年2月10日 (月)

テスタジアラ

44334435フェラーリ・テスタロッサを真似て、シリンダーヘッドに赤い耐熱塗装を施したスポーティ・イメージのオートバイやクルマは、これまで幾度と無く発売されてきましたが、画像のイエローヘッドは先頃、国内デリバリーが決定したハスクバーナ・2014モデルの新型ヘッド!

走り屋や旧車会仕様のマシンで下手糞に塗られた耐熱イエローパーツを見かける事はありますが、メーカー純正でイエローヘッドは珍しいと思います。

昨年のKTMによるハスクバーナ買収に伴い、今年からハスクバーナの4ストエンデューロモデルはフサベル(KTMの傘下)ベースとなった訳ですが、このイエローヘッドはブランドネームが消滅したフサベルに対してのリスペクト説が濃厚…。4434とは言え、イエロー塗装が剥離する姿を想像してしまった輩も多いはず!?それはそれで、消え行くフサベル…みたいで渋い!?

という訳で、リンク式リアサスペンションや樹脂製サブフレームなど、フサベルそのままなのですが、普~通にハスクバーナのNEWモデルに見えてしまうのが不思議…。やっぱり、ロゴの力って凄い!

|

« CHEVROLET・City Express | トップページ | スズキ・CG-16ゴレンジャー »

オートバイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« CHEVROLET・City Express | トップページ | スズキ・CG-16ゴレンジャー »