« 1,520万円のCB750Four | トップページ | 電車ごっこ »

2014年2月17日 (月)

Ninja250SL/Ninja250RR mono

44554457画像は、巷で話題のカワサキNEWモデル「Ninja250SL(インドネシア仕様:Ninja250RR mono)」。現行の並列2気筒エンジン搭載のNinja250とは異なり、Dトラッカー等に採用されるKLX250系・水冷DOHC単気筒を搭載したライトウェイト・シングルスポーツ!

生産は、現行のニンジャ250や欧州向けミドルスポーツ等を生産してきたタイ・カワサキではなく、ジャカルタ郊外に建設されたインドネシア新工場で行われるそうです。

ココ最近のカワサキは、前述の新工場しかり、インドネシア市場に力を入れている様で、廉価なオフ車「KLX150L」やバジャジ開発のストリートファイター「Pulsar 200NS」など、インドネシア向けにNEWモデルが盛んにリリースされています。4456又、アジア市場へは、ヤマハも「R25」の発売を正式発表する等、競争が激化しつつあって面白い。

という訳で、スペック的には最高出力28ps/車量重量151kgと近年の250㏄としては、エエ感じな部類だと思いますが、いにしえの明石カワサキ製・本格派シングル「CS250」が最高出力34ps/乾燥重量118kgだけに、少し寂しい気もします…。

|

« 1,520万円のCB750Four | トップページ | 電車ごっこ »

オートバイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1,520万円のCB750Four | トップページ | 電車ごっこ »