« 佐倉のサードはルパン? | トップページ | FSC・Zuk »

2014年1月15日 (水)

Brütsch Mopetta

4342
43434344モータリゼーションが飛躍的に進んだ’50年代日本には、自動車/オートバイメーカーが乱立していた訳ですが、同じ戦敗国・ドイツでも同様の乱立期があり、庶民向けの小型自動車が盛んに発表されていたそうです。

それ故、ドイツ国内のみに流通していたマニアックなマシンも多く、愛読書「Die Motorroller und Kleinwagen der fuenfziger Jahre」にも、興味深いマシンが多数掲載されています。

そんな感じで、生産台数僅か14台ながら、レプリカが製作される等、根強い人気を誇っているのが、画像のBrütsch社製バブルカー『Mopetta』!このモデルは、1956年のケルンショーで発表され、あまりの反響にオペルがライセンスを獲得,販売(Horexの工場で生産)に乗り出す程…(結局 破談!)。

4345これら洗練されたボディデザインも素晴らしいのですが、ILO(ロゴはなぜか“JLO”)社製50㏄エンジンを運転席左側に搭載し、タイヤを跨ぐ様にフロント1輪,リア2輪にレイアウトするなど、スペースを最大限に活用したディメンションがとても合理的!

という訳で、“勝ち組”が登場していない乱立期のバブルカーは、どれも個性的でちょっぴり歪んだ未来風!きっと電動ビークルでの復活を期待している人も多いはず!?

|

« 佐倉のサードはルパン? | トップページ | FSC・Zuk »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 佐倉のサードはルパン? | トップページ | FSC・Zuk »