« アンダルシアに憧れて… | トップページ | 新日本の文化カレンダー »

2013年11月29日 (金)

久保ちゃん

41904193カプセル型の車体とジャイロモーターによる近未来的電動バイク「C1」の製作で知られる米国ベンチャー企業・Lit Motors(リットモータース)が新たに発表したマシンが画像の『Kubo』!

チョイノリを下手クソに改造してしまった様なデザインですが、22インチ角(約56センチ)の荷物を積む為のオープンスペースが車体真ん中に設けられているのが特徴…。

勿論、動力は電気!3kWの電動モーターによって、最高速度72km/h,航続距離80kmの優れたスペックを誇り、ステアリングについては油圧式なのか、電子制御なのかは不明ですが、ハンドル部分の上下動作にリンクしてフロントタイヤを操舵する機構を採用。

4192_2そんなハイテク機構を搭載してまで、真ん中にカーゴスペースを設けなくても…っていうのが、一般的見解(ジャイロの方が積載力高い?他にやることあるだろ?)ですが、原付のフットスペースに荷物を満載しすぎて、レーシーなポジション(バックステップ気味)を余儀なくされていた輩の意見を取り入れすぎた結果でしょう!?

という訳で、原付のフットスペースが“フラットじゃないと嫌派”待望のNewマシンだと思います。又、フロントホイールのデザインがラビット末期の名作ハイスーパー90(S211A)のリアと酷似している点も見逃せません。

|

« アンダルシアに憧れて… | トップページ | 新日本の文化カレンダー »

オートバイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アンダルシアに憧れて… | トップページ | 新日本の文化カレンダー »