« アイアンマンのヘルメットよりも… | トップページ | スクートケース »

2013年8月29日 (木)

スズキ・キャリィ 14年ぶりにフルモデルチェンジ!

38813880「軽自動車税引き上げは“弱いものいじめ”」と気を吐く、スズキの鈴木修会長 自らが発表を行った期待のNewマシンが、14年ぶりのフルモデルチェンジとなった『スズキ・キャリィ』!

従来型では、ロングホイールベースのセミ・キャブオーバータイプとショートホイールベースのフルキャブオーバータイプがありましたが、新型では、所謂“鼻ぺチャ”なフルキャブオーバータイプに一本化。やはり“軽トラ”といえば、このカタチ!

10%も広くなった搭乗スペースや高張力鋼板採用による軽量化(→低燃費)など、“ウリ”は多々ありますが、一番 気になるのは、軽自動車用最新ユニット・R06Aを縦置きとし、後輪駆動としている点!?エンジン縦置きでFR…。多くのファンと同じく、『カプチーノ』の復活を想像してしまいました。

という訳で、日本の軽自動車は、携帯電話と同様、日本独自の規格ゆえに「ガラ軽」と揶揄されていますが、日本らしい風景に一番似合う車は、“鼻ぺチャ”の軽トラだと思っています。

|

« アイアンマンのヘルメットよりも… | トップページ | スクートケース »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アイアンマンのヘルメットよりも… | トップページ | スクートケース »